À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉ロッテマリーンズが、自分の生きている間にもう一度日本一になってしまった件。

01_20101108005900.jpg
オッケ━━━━━━(ゝ○_○)━━━━━━イ!!!

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

ツヨシの、ツヨシによる、ツヨシのための試合@マリン


延長12回裏1死3塁、コーイチさんが初球スクイズを外して再び打席に入る際、アップで映った「苦笑いしながら二回首を振った」場面で二回目のスクイズトライがある、と読んでしまいました。
これはコーイチさんのミスですね。

ここでスクイズ決めて、ヒーローインタビューでニシオカ共和国大統領・西岡剛さんと元老院議長の堀幸一さんに、愚行を繰り返すライトスタンドのほんの一部の愚か者達に痛烈で痛快な一言を言ってほしかったのですが、そこはやはりロッテでした。まぁしゃぁない。

試合自体は今季ベストバウトでしょう、7回表とライトスタンドの度重なる愚行を除けば。
そしてあの西岡→堀の打席でついに、応援団の応援行為自体に対して反対の意思表示をする方も実況中継を視聴している限り現れてきているようです。
一部の先鋭的な意見に全ての人間が同意している訳ではない事が彼らに理解できたでしょうか?
そしてこの試合で一番盛り上がってボルテージが最高潮に達した時が、この西岡→堀の展開での自主応援の流れであった事を我々は絶対に忘れてはいけません。

野球の応援は必ずしも応援団を必要としている訳ではありません。
これは二軍を観戦された方なら必ずお分かりになると思います。
選手の一挙手一投足やマウンドとバッターボックスとの駆け引き。
野球を楽しむ上での醍醐味はここにある、と二軍観戦中心に転じて以来私はそう思うようになりました。
そして大事な場面でそれこそ魂を込めて、心の底から選手の名を呼ぶ。
それこそがジャンルを問わず、「応援する事」の本当の意味なんじゃなかろうか。
今日のあの自発的に沸いたあの応援の場面で、みなさんもそう思ったのではないでしょうか。

野球の応援に必ずしも応援をリードする者、それに鐘太鼓、ラッパにバルサは要らんのですよ。
いろんな意味で「考え直す」いい機会であることを図らずもこの試合は示唆しました。

…ところでベニーのあの途中交代→これが最後です、の流れは一体なんだったのでしょうか。
球団がそこまで底抜けに阿呆であるとは到底思えませんが、もしそうであればそれでボビー云々の話題とは切り離して糾弾するべき、つーかどこぞの団体に今更好餌をくれてやる必要もないはずなのですがねぇ。

もしベニーが今日のライトスタンドの惨状を見て突発的にそう思ったのならそれはそれで問題です。
もしそうであるなら、もう我々は二度と「俺たちの誇り」を歌うことはできないでしょう。
何故ならファンとして、それに値する存在ではない、と選手に言われたようなものですから。

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

またひとつ、おとうさんの「青春」が消えました。

私は放送局(某N系列)に勤めていた父が「あんな八(自粛)なもん、見れるか!」というポリシーのもとに全盛期のプロレスというものを拝見しておりません。
そんな自分が「プロレス」というものに衝撃を覚えたのは上京して一人暮らしを始めた頃ですから、二十歳前後、ということになります。
日曜深夜のテレビというのは当時も「なんも無い」状態でして、一人寝の寂しさを「週の楽しみ」に変えてくれたのが日曜深夜の全日本プロレス中継(当時)でした。

馬場さんやラッシャー木村さん達の繰り広げる、もはや舞のように達観の境地すら超越したプロレスを心の底から楽しんだ後、ベイダーやハンセンに萌え、高山と大森の「ノー、フィアー!」をテレビの前で唱和してみたりして、メインイベントの三沢さんと小橋さんの死闘に眼を丸くしてみていたものです。
特にエメラルド・フロウジョン復活となった試合は所詮プロレスはプロレス、とはいえ大興奮したものです。
それくらい三沢さんは凄かった。

いつしか全日はノアとなり、おとうさんの興味もWWEの方へ行ってしまいました。
ノアの中継が日曜深夜から撤退と聞いて久々に見た時の三沢さんは、色んな業を背負ってしまったのか、全く別人になっていました。肉体的にもそうですし、オーラもそうです。

そして今日、帰宅した直後にこのニュースです。

今日、またおとうさんの「青春の一ページ」が消えてなくなってしまいました。
三沢選手の御冥福を、心からお祈り申し上げます。
そして方舟は、どこへ向かうのでしょうか。
ちょっと心配です。

<プロレスラー>三沢光晴さん死亡 試合中倒れる 広島
6月13日22時1分配信 毎日新聞
(ソースはこちら)
 13日午後8時半ごろ、広島市中区基町の広島県立総合体育館であったプロレスリング・ノア広島大会で、試合中にノア社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が倒れ、心肺停止状態で広島大学病院に救急搬送された。広島県警広島中央署によると、同10時10分に死亡が確認された。同署は主催団体や対戦相手などから事情を聴いている。

 大会関係者や観客によると、三沢さんはこの日タッグマッチに出場。相手のバックドロップを受けて頭を強く打ち、動けなくなった。レフェリーが三沢さんに「動けるか」と聞いたが、三沢さんは「動けない」と答えた。試合はそのまま中断。「医師はいませんか」との呼びかけに応じて出てきた観客の男性がAED(自動体外式除細動器)で蘇生を試みたという。当時、約2300人の観客がいた。

 三沢選手は栃木・足利工大付高でレスリング部に所属し、81年に全日本プロレスへ入門。84年にマスクマンのタイガーマスク(2代目)となり、人気を博した。90年からはマスクを脱ぎ、本名でファイト。ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田両選手(ともに故人)に次ぐエースとして活躍した。06年に全日本を退団してプロレスリング・ノアを設立し、社長を兼務。受け身のうまさには定評のあるレスラーだった。

 試合会場では、観客の看護師、竹本麻紀さん(31)=東広島市=は「子どものころからプロレスが好きでよく見に来ていた。まさかこんなことになるなんて。早く元気になって帰ってきてほしい」と涙を流しながら語った。広島市安佐南区の男子大学生(20)は「バックドロップで頭を打って意識不明になった。救急隊が長い間、心臓マッサージをしていた。三沢さんは試合中、頭を振る仕草を見せ、調子が悪そうだった。死なないで」と祈るように話した。【加藤小夜、星大樹】
(以下割愛)

テーマ:プロレス
ジャンル:スポーツ

たかがアニメ、されどアニメ。~リストランテ・パラディーゾ~

制作費の削減や機械やオニャノコやパ(自粛)ツとか出しときゃ、的な作品の粗製乱造の果てに、今やアニメは大人も子供も見るに耐えない、ほんの一部の人間向けの内輪受けなものに成り下がったように思います。

実写じゃ出来ない事でも、二次元だからこそ可能に出来るストーリーや、二次元の「絵」だからこそ表現できる演出とか、アニメだからこそ出来る事を疎かにした事に対する当然の結末ですから、余程の自浄努力を業界がしないかぎり、テレビ地上波同様、アニメ産業も斜陽産業になっていくことでしょうな。

今季もひととおりえっちでーでーれこーだー(声:大泉洋)に新作なるものを撮って置きましたが、案の定、どれも触手が伸びないどころか、開始30秒以内に「消去」ボタンに手が伸びたものが殆どな有様でした。

その中で、本屋さんで漠然と気になっていた頃から気になっていた作品がアニメ化されて地上波放映、と言う事で見てみたら、これは大当たりでした。
09年第一四半期シーズンの唯一の当たり、といってもいいかも試練よ、この作品。

その名は、「リストランテ・パラディーゾ」。

自分のいる所もそうですが、「流されずに、いいものを作り続ける」姿勢って、大事だと思うんですよ。
ミクロ的な視点の利益率もそりゃ大事ですが、粗製乱造マンセーな消費経済にいいように流されてしまったら、その時は良くても長期的に見れば必ずその先に「終わり」があると思うんですね。
そういった中で、「ラーゼフォン」や「ウルフズレイン」や「クロノクルセイド」とか作品の放映に関して数々の暴挙を行ったフジテレビが、「ノイタミナ」や「NOISE」枠の中で、今やこういった形で「アニメにとって良心的なもの」を守り続けてくれている姿勢って本当に有難いと思うんですよ。

大人が楽しめて、子供ももちろん楽しめる。
それこそアニメーションの本来ある位置の筈。
それを忘れてしまった作り手もスポンサーも、安易にそれを求める客の側も、全てが糞ですな。
あれです、コ○エ○の「三○志」が気がついたら一部のマニアにしか使いこなせないコマンド大杉の何が楽しいのかさっぱりわからないゲームへと進化したアレと変わんないっすよ。

まぁそういう話はさておき、この話、「ARIA」以来の良作でっせ。
「ARIA」にはどうしても「癖」があったのですが、「リストランテ…」にはそういったものはありません。
おとうさん的には15年後にクラウディオ的なパパになりたいな、という微かな希望がありますが、正直なところルチアーノでもいいかな、と思う今日この頃です。

あぁ…あと数年もしたら冗談抜きに老眼鏡のお世話になるんかいな。

orz

リストランテ・パラディーゾ 1 [DVD]
松竹 (2009-07-29)
売り上げランキング: 319

GENTE  1 (Fx COMICS)
GENTE 1 (Fx COMICS)
posted with amazlet at 09.05.13
オノ・ナツメ
太田出版


テーマ:漫画の感想
ジャンル:アニメ・コミック

最近読み終えたもの。

最近また何かと暇な割にはパタパタしてしまいまして、そんな合間にこれも書かんと暇を見つけては本を色々読みふけっている次第であります。

他者が他者であること
宮城谷 昌光
文藝春秋
売り上げランキング: 5344

宮城谷さんの文章には色的な余韻が脳裏に残ります。
それが小説であってもエッセイであっても、それは変わりません。
北方さんの「真夏の落日が放つ、強烈な日差し。」的な色彩とも、浅田さんの「雨の午後」的な色合いとも違う、何ともいえない叙情感溢れる言葉で表現しづらい、その「色彩」が放つ余韻、そんな宮城谷さんの文章がアタシは好きです。
そして宮城谷さんの小説には、必ず自分をハッ!とさせる一節に、作品を読むたびに出会います。

私が「管仲」上巻を読んで号泣した、あの一節があったからこそ、今の自分がいます。平たく言えばあの一節が私を暗闇溢れる水底から水面まで救い上げてくれた、と言ってもいいかもしれません。
司馬さんは私に「歴史を知る」事の奥深さと知る事の楽しさを教えてくれました。
そして宮城谷さんは私の人生を不惑を前に正道に戻してくれた恩人です。
少なくとも、このお二人の作品に出会えてよかった、そう思うわけですよ。

で、今回のエッセイ。
真ん中編の写真に関する事項は読んでいてドツぼに嵌りそうだったので読み流しましたが、後半の表題ともなった「他者が他者であること」は必読ですよ。

あと、最近出たこの一冊も外せません。
大久保彦左衛門忠教を主人公に、大久保一族と西三河北部における松平家の興隆期という一見地味な場面を鮮やかに描ききったこの「新三河物語」も面白いですね。

新 三河物語〈上巻〉
新 三河物語〈上巻〉
posted with amazlet at 09.03.04
宮城谷 昌光
新潮社
売り上げランキング: 28594

司馬さんの「覇王の家」辺りを読んでいると、この光景が一層鮮やかになるかもしれませんな。

次にハマった(遅せぇよ!)のは田口さんと白鳥さんのアレ、ですがな。



…でも、「ナイチンゲールの沈黙」はさほど面白くなかったし、「螺旋迷宮」に至っては読むスピードが落ちてるし。
その割には「ジェネラル・ルージュの伝説」まで全部買って、しかも最新刊なそっちを勢いで読み進みそうになるし。おとうさんったら支離滅裂。

あと、仕事の絡みでヒントになるものを、と探していて偶然であったのがこれ。



…フレッシュネスバーガー始めた人って、そもそもほっか弁の創立に関わってたんですな。
読んでいて、自分が30になった頃の、あの活気ややる気マn(以下略)なあの頃をつい思い出してしまいました。
まだ心にアツいものを持っている方は、必読です。
読んでいて成功譚のアクの強さを感じずに楽しめる、なかなか面白い一冊だと思いますよ。

プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか (はじめて読むドラッカー (自己実現編))
P・F. ドラッカー Peter F. Drucker 上田 惇生
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 281


大学時代、親父の書斎から自分の本棚で見栄を張る為にドラッガーの本くすねて幾星霜。
不肖の息子は今頃やっとドラッガーに目覚めましたwwwwサーセン。
下手な自己啓発モノ読むくらいならまずこちらのシリーズ4部作を読んでみろ、と。
読んで訳がわからないなら、自分を変えられないなら、耳と口を塞いで孤独に暮らせ、と。
それも駄目なら…?
宮城谷さんの小説片っ端から読んでみなさい。


TUNE―サービスを感動に変える4つの方法
クラウス コブヨル ロラント ベルガー
エクスナレッジ
売り上げランキング: 148278


接客を志す方、または部下を管理する側にいる方、必読です。
まぁ読んでみなはれ。

まだまだ未読なものや「また題名にだまされた!」的なものがイパーイある訳ですが、長々とやり過ぎたので、今宵はここまでにしとうござりまする。
アデブレーベ・オブリガード!

新年の御挨拶。(2009/1/1)

dIMG_6359.jpg
だから今年は丑どsh

ともあれこれをご覧になる頃には新年明けましておめでとうございます。
世間様的にはまだ「笑ってはいけない新聞社」がはじまった辺りだったりしますが。

一応野球もそっちのけで湘南方面へぬこに癒されてばっかりだったり、しらす丼喰ってたら隣がリアル・ベッキーパパだったり、新たな仕事が土日祝日年末年始だから何?な職務内容だったりとかまぁ、2008年度中には色々ありましたが、2009年はもう少し余裕ができそうになったら更新ペースを元に戻していくつもりです。いや、戻すよ、おとうさん。

…ところで、何事もなければおとうさんはリアルお父さんにこの春なる予定です。
父親になったら、また選手を見る眼が、変わるかもしれないし、余計厳しくなるかも、しれません。
まぁ、そんな事には関係なく冗談抜きに浦和の連中は正念場です。

昨年も書きましたが、よほど努力しなければ、昨年と同じような成績しか残さないでしょうし、一軍昇格なんて絵空事ですらないし、そうすればおのずと年末のTBS辺りで東山紀之のナレーションにのせてブラウン管越しに再会する羽目になるだろうし、それ以前にスポニチ辺りで今後の予定は未定、と書かれることでしょう。

もうそんなの選手個人の問題ですし、所詮野球選手でなければただの個人以外の何者でもないので、正直そんな連中の事なんか知ったこっちゃないです。
しかし、そんな中から一人でも多くの選手が這い上がってきてほしいのです。

なかなか観戦の機会は今年も見つけ出すのに苦労しそうですが、浦和のみんなが頑張ってる風景を糧に、おとうさんもお仕事頑張るぞ、な一年になればな、と思う次第です。

さて、こんな終末観溢れる当サイトをご覧なんか戴いちゃっている奇特な紳士淑女の皆様にも、今年一年がよい年でありますように、そして当サイトをコッソリ見て戴いた際には、少しでもニヤニヤして頂けるものになるよう、頑張ってみます。

それではみなさん、今年も宜しくお願い申し上げ。

今度の五輪にメヒコは現れるのか?

ソフトボール女子五輪日本代表がアメリカをまさか下すとは。
先代のエースだった故・橋本真也さんを彷彿させるあの方の頃からの悲願でしたからね、解説されていた方のまるで解説者の位置を忘れた絶叫と号泣に関しては気持ちが判るだけに、あっしもジワっときたわけですよ。

・・・そこでお約束を言うぞ。

ロッテもちぃたぁ爪の垢でも煎じて飲m(ry

あの精神力と根性と意地のカケラでもあれば…ねぇ?
まぁロッテ選手団のひ弱さは伊良部秀輝と小宮山悟以外今に始まった話じゃないんでどうしようもないのですが。

あ、そういえば伊良部がヤンチャ起こしたそうで。
これ以上晩節を汚さないで欲しいですね。
94年のあの投球は黒木や斉藤和巳の全盛期を遙かに凌ぐクオリティだっただけに、残念ですなぁ。

さて、星野ジャパン(笑)が崖っぷちだそうで。
川上も成瀬も不調も何も太りすぎなだけに腰で回転出来てない、それこそ1996年以降の伊良部と同じような気がしますが。
WBCの時はメヒコが試合前日にネズミ園で思いっきりウォータースプラッシュする様が報道され、全野球ファンを地獄の底に叩き込みながら、あのデーブ大久保デービットソンのアレによって奇跡の優勝へ向けてリロードが行われた訳ですが、今回空気を読まずに北京の選手村から香港のネズミ園にスプラッシュしてくれそうな国が見当たりないのが気掛かりです。
・・・まぁあんな選手選考をしている時点で苦戦するのが眼に見えていただけに、星野サン達にはしっかりセンロックでも飲んでいただきましょう。タブっつあんはどう考えてもケロっとしてそうですが。

あと、数年前、浦和球場で慣れない三塁守備に就き、浦和オヤジ達に暖かい野次を喰らっていたあのG・G・佐藤が日本代表なんですよね。人生何があるか判りません。

・・・と言う事は、次回のWBC、もしくはロンドンの次の五輪で我等が定坊の前に全日本国民がひれ伏す日がやって来る可能性だってある訳ですよ奥さん。

・・・そんな日が来るのを心待ちにしている、最近プロ野球がどうなってるのかイマイチ把握しきっていないおとうさんなのでありました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。