À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
11 | 2007/12 | 01
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在りし日の日テレ年末時代劇を偲ぶ。

一時期、年末の楽しみは日本テレビが二日に分けて放送する時代劇だった時代がありました。
キャスティング的にはどう見ても長七郎江戸日記な訳ですが、杉山義法さんの脚本が素晴らしく、「チャンバラを主体にせずに時代背景や時代考証をしっかり考えて作りこんだヒューマンドラマ」な部分が非常に好感が持てました。
そこに堀内孝雄のタイトルテーマがよく合ってましたな。
未だにカラオケでそらで歌えたりするのは秘密ですが。

白虎隊
白虎隊
posted with amazlet on 07.12.31
バップ (2000/12/06)
売り上げランキング: 4845


田原坂
田原坂
posted with amazlet on 07.12.31
バップ (2000/12/06)
売り上げランキング: 8829

今ちょうどCS・チャンネルNECOで「白虎隊」をやっていて、年明けには時代劇専門チャンネルで里見浩太朗の顔の横幅を決定的に拡げてしまう最大の遠因となった「田原坂」が放映の予定とか。

私はこの両作品で本田博太郎(北京原人)の存在を強烈に意識してしまい、未だに「博太郎=佐川官兵衛」のイメージがありますな。
それと「田原坂」で人斬り半次郎こと桐野利秋を演じた勝野洋をはじめ絶妙なキャスティングのお陰で、幕末ものの小説を読むと薩摩絡みのキャラクターは未だにこの「田原坂」のキャストをイメージしながら呼んでしまいます。

で、「白虎隊」では以前テロ朝で糞作品認定されたアレのような飯盛山の自決だけに光を当てるような陳腐なものではなく、会津藩自体が幕府の旧公武合体派の残党達の「政局」に振り回され、藩祖・保科正之の残した家訓との間に板挟みとなり、結局討幕派の恨みを一身に買う形で戊辰戦争の限りなく絶望的な消耗戦に至るまでの藩内部、そして藩士達の悲劇とその後の没落と流転に至るまでをよく描いていて下手な小説より見ごたえがあります。

「田原坂」も同様に、公武合体派の急先鋒だった筈の薩摩が倒幕へと急速に傾いていく流れと、明治維新後に西南戦争に至らざるを得なかった薩摩武士、特に西郷吉之助を中心によく描いており、これにはまると文句なしに司馬遼太郎「翔ぶが如く」の脱線トリビアだらけなお話もストレスフリーで読みたくなります。

そういえば、同じく時代劇専門チャンネルで、西田敏行が今のような浜ちゃん体型と化する最大の遠因となったあの大河ドラマ「翔ぶが如く」をやるらしいですな。
鹿賀丈史の大久保利通は強烈ですよ。

今のテレビ地上波で「真の作り手」が壊滅した今、今回取り上げた作品を超えるクオリティのドラマを作り上げる事はまず不可能でしょうな。

だって、出来てあの「信長の棺」で、流石に反省してもう一つ作ってみたのが完結編(左馬助の恋)なんでしょ?
笑止千万です罠。
スポンサーサイト

テーマ:再放送
ジャンル:テレビ・ラジオ

惜別球人2007 第5回・マット・ワトソン選手

a20070918246.jpg

今回は2006年、不振のMフランコ、パスクチに続き「第三の外国人野手枠」として期待されながら不振のままチームをリリースされてしまったマシュー・カイル・ワトソンさんことマット・ワトソン選手を取り上げます。

続きを読む

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

年越し戦国BASARAですか?

戦国BASARA2
戦国BASARA2
posted with amazlet on 07.12.30
カプコン (2006/07/27)
売り上げランキング: 1359


実はこれの「英雄外伝」をやりたかったのだが、どうもそれが無双シリーズで言うところの「英雄伝」っぽいものらしいという事を知り、嫁が購入したのがこれ。

これの出現で三国無双シリーズのプレーがここ暫く止まったままです。
どうすんだよ、無双4英雄伝。まだ2日しかプレーして無i

ゲームのキャラ設定は超設定&超展開過ぎて、無双系のある程度史実に準拠した作りが好きな人には大きな違和感を抱く可能性がありますな。
しかしながら格ゲーの実績(?)のあるカプコムの製品らしく、結構プレー自体は無双系より面白いと思いますよ。

特に前田のまつ様、そしてメカ忠勝w

まぁそれ以上にヴォイスキャラが無駄に豪華です。
カヲル君とか土方藤四郎とかギャラリーフェイクのフジタとかキラ・ヤマトとかルナパパ的シュワルツネッガーとかボボボーボ・ボーボボとか護廷十三隊十番隊隊長とか翠星石とか吉永さんちのガーゴイル的な天の声だったり黒崎一護だったりウサミミ仮面的な手塚国光だったり閻魔あいだったり早乙女玄馬だったりアンバーでアテナさんな砕峰的日向冬樹だったりとまぁそんな感じですが、こういうときwikiでサーフ視ながら見て行くと声優さんの項目は特に面白いですね。
何?この役やってたんかい?的な驚きがありますな。

・・・で、今現在メカ忠勝(ホンダムと言われているらしい)が衣装其の弐になるとより白くなり、より本家・ガ○ダムらしくなるらしいので鋭意特訓中であります。

ならガン○ム無双やればいいんじゃね?

・・・すみません、○ンダムは何故かファーストから守備範囲外なもので・・・。
ザクとかドムとかジムとかホワイトベースなら判r

orz

本塁打・打点とタイトルとチーム成績について考えてみる。

Mteamtittle84-07.gif

マット・ワトソンの惜別球人企画の文章を書こうとして、「外国人選手に必要なのはパワーか、アベレージか」という問いをベースに、ついでだから落合離脱後以来の日本人選手の不甲斐無さ、みたいな事を書いてみようと調べものをしてみました。
まぁそんなこんなを纏めてみたのが上記の表でありますよ。

やはり初芝は神でした。
瞬間最大風速的な自分の思い入れは黒木なのだが、これだけ長期スパンで見てみると、改めて初様、そして堀さんの孤軍奮闘に頭が下がる思いですな。
全体に頭一つ突き抜けていないかもしれないが、間違いなく90年代のマリーンズの看板を背負っていたのは初芝清ですな。
そして二番手としてチームの窮地を事あるごとに救ってきたのは堀さん。
間違いない。

で、「初芝以後」について、里崎が今そういうポジションに就いているのがはっきりと判りますな。
そして打点や本塁打の多さで優勝に繋いだのは圧倒的な火力を持つブライアント・デストラーデ級の大砲位であり、今の野球の場合はその数字の「効率性」が問われるのだな、という感じに自分的には纏まってまいりました。

・・・で、そう纏めてしまうとワトソン君の記事が書けなくなってしまいました。
さて、どうしますかね?

オールド・デー待望論

伝説の南海ユニホーム復活も!(ソース:スポニチ)

 伝説のユニホームが復活する。ソフトバンクは28日、来季、南海創立70年、福岡本拠地移転20年の記念事業を行うと発表した。詳細は来年1月に発表されるが、目玉の1つに南海、ダイエー時代のユニホームを復刻し、公式戦で着用するプランが検討されている。1950~60年代の南海黄金期、99年のダイエー初優勝の時のユニホームなどが候補となっており、実現すればオールドファンにはたまらない企画だ。
 59年日本シリーズで杉浦忠が巨人を相手に4連投4連勝の快投を演じ、野村克也(現楽天監督)が豪快な本塁打を量産した、あの伝説の緑を基調としたユニホームが復活する可能性が出てきた。従業員を対象に募集している記念事業企画。関係者はその中で復刻ユニホームの作製が最有力候補に挙がっていることを明かした。

 「ユニホームを作製して、どこかの3連戦で着用してもらうことは可能。選手個々が契約しているメーカーとの兼ね合いもありますが、実現したいですね」。南海黄金期のユニホームだけでなく、99、03年と2度の日本一に輝いたダイエー時代のユニホームの復刻も検討中だという。すでに、南海電鉄にも記念事業の趣旨説明を終えており、当時の本拠地・大阪球場に近い京セラドーム大阪で関西のファンに“お披露目”するプランも出ている。

 詳細は1月に発表されるが、竹内孝規COO(最高執行責任者)も「過去の歴史に感謝する意味で南海時代のファンの方にも、感謝することをやりたい」とオールドファンが喜ぶ企画であることを示唆した。実現すれば交流戦での着用が有力だ。


もう伝説の緑ユニも鷹の眼チョコストライプユニも是非ロッテ戦でお願いしますよ。
当方としてはこんな感じで迎撃してみてはどうでしょう、瀬戸山さん?

①オリオンズユニ
②ピンクユニ
③95年夏限定ノースリーブ白帽子
④黒パンts


③と④は多分に敗戦確率が驚異的に増加するというデメリットがありますが、お互いオールド・デーで統一するなんて粋な計らいだと思うんですがねぇ?

ぬこ日和。(12/29)

bIMG_9302.jpg

冬の日差しが暖かい昼下がり、皆さんマッタリと時間を過ごしていらっしゃいます。

続きを読む

テーマ:猫の写真
ジャンル:写真

業務連絡【12/28】

当サイトを御利用になるに当たってのガイドラインを以前作成いたしましたが、更に明文化しておかないといけない事情・事例が色々出てきましたので、思い切って改訂致しました。
特に今回は当サイト掲載画像についての項目を重点的に追加しております。
御面倒かと思いますが、御一読を戴ければ幸いです。

今まで以上に四角四面ばった文体になってしまい、更に読み辛いくなってしまったのは自分的には非常に不本意ではあります・・・が、今までに賜った、ここを読んでくださっている皆様や関係者各位様の善意や御高配や御厚意の数々を無にする事、そしていつまでも頼りっぱなしにしている事も逆に不本意でありますので、今回の仕儀に至った次第であります。

この件に関しまして、皆様には願わくばこれからも変わらぬ御愛顧と御高配を賜る事が出来れば誠に幸いに存じます。

当サイトのガイドライン【2007/12/28改訂】
http://hbk101.blog114.fc2.com/blog-entry-940.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。