À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2009/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何はともあれ

実況中継を視聴している限りは、週末にあった事が何もなかったかのようにつつがなく試合が終了した上に、空気を読まずにロッテ1が大勝するという絵に描いたような帳尻振りを見せ付けた一日、と考えればいいのでしょうか。

…とここまでとりあえず書いてみましたが、あとは現地からの情報も無事で何より、な話であれば全てよし、普通に野球観戦するってなんて普通なんだろう、という訳のわからない結論で終わればよいだけの話です。

まぁ、勝ってよかった。

【以下、老兵の取り留めのない話ですので、スルーされて結構です。】
【読む読まないは御自分の判断でお願い申し上げます。】

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

ツヨシの、ツヨシによる、ツヨシのための試合@マリン


延長12回裏1死3塁、コーイチさんが初球スクイズを外して再び打席に入る際、アップで映った「苦笑いしながら二回首を振った」場面で二回目のスクイズトライがある、と読んでしまいました。
これはコーイチさんのミスですね。

ここでスクイズ決めて、ヒーローインタビューでニシオカ共和国大統領・西岡剛さんと元老院議長の堀幸一さんに、愚行を繰り返すライトスタンドのほんの一部の愚か者達に痛烈で痛快な一言を言ってほしかったのですが、そこはやはりロッテでした。まぁしゃぁない。

試合自体は今季ベストバウトでしょう、7回表とライトスタンドの度重なる愚行を除けば。
そしてあの西岡→堀の打席でついに、応援団の応援行為自体に対して反対の意思表示をする方も実況中継を視聴している限り現れてきているようです。
一部の先鋭的な意見に全ての人間が同意している訳ではない事が彼らに理解できたでしょうか?
そしてこの試合で一番盛り上がってボルテージが最高潮に達した時が、この西岡→堀の展開での自主応援の流れであった事を我々は絶対に忘れてはいけません。

野球の応援は必ずしも応援団を必要としている訳ではありません。
これは二軍を観戦された方なら必ずお分かりになると思います。
選手の一挙手一投足やマウンドとバッターボックスとの駆け引き。
野球を楽しむ上での醍醐味はここにある、と二軍観戦中心に転じて以来私はそう思うようになりました。
そして大事な場面でそれこそ魂を込めて、心の底から選手の名を呼ぶ。
それこそがジャンルを問わず、「応援する事」の本当の意味なんじゃなかろうか。
今日のあの自発的に沸いたあの応援の場面で、みなさんもそう思ったのではないでしょうか。

野球の応援に必ずしも応援をリードする者、それに鐘太鼓、ラッパにバルサは要らんのですよ。
いろんな意味で「考え直す」いい機会であることを図らずもこの試合は示唆しました。

…ところでベニーのあの途中交代→これが最後です、の流れは一体なんだったのでしょうか。
球団がそこまで底抜けに阿呆であるとは到底思えませんが、もしそうであればそれでボビー云々の話題とは切り離して糾弾するべき、つーかどこぞの団体に今更好餌をくれてやる必要もないはずなのですがねぇ。

もしベニーが今日のライトスタンドの惨状を見て突発的にそう思ったのならそれはそれで問題です。
もしそうであるなら、もう我々は二度と「俺たちの誇り」を歌うことはできないでしょう。
何故ならファンとして、それに値する存在ではない、と選手に言われたようなものですから。

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

情けねぇ@マリンスタジアム(9/27)

今、試合の途中でこれを書いています。
見ていて怒りが込みあがりました。
これだけいい展開で点が入り続けているにも関わらず、です。


西岡の犠飛の直後、BS12の画面に一瞬「偽善者…」という横断幕を見ました。

万が一、それが昨日西岡の行った行為に対する「因果応報」的なものであれば、あの連中が応援拒否をする中、満員のスタジアムのお客さん達が声を枯らして西岡剛を応援したという「答え」に対する「因果応報」もあって然るべきではないかと思います。

あれでは応援行為を人質にした、ただの圧力団体ではないですか。
見ていて情けないです。

…で、あの異様な雰囲気の中、西岡のあの打席のシーンを視聴して思った事があります。
もうここまできたら、日本野球の応援に新しい風を送ってもいいんではないか、と。

「応援団の存在しない、昭和50年代以降の現代日本プロ野球初の球団」

案外、マリンスタジアムのライトスタンドのごく一部において、内部との癒着や外部への圧力を掛ける団体と応援している連中とその周辺が化しているのなら、その道を敢えてここで選択するのもありなのではないか、そう思うわけです。

それと同時に良くも悪くも1995年のボビー・マジックから始まり、その革命的な動きに対する反動政治と暗黒時代、そして2005年を頂点とする第二次ボビー政権に至る「ひとつの時代」に纏わるもの全てを腐敗臭が漂う前に歴史として封印するのもありかもしれません。

球団カラーを全く無視した最近のユニフォームしかり。
前述した何だかよく判らない団体しかり。
そしてその団体の跳梁を結果として黙認してしまった球団しかり。
そして結局球団に尽くしてくれた有能な選手コーチ監督を喧嘩別れや意見の相違で次々と放出してきたロッテ球団のフロントしかり。

残るのはペンペン草?

いいじゃないですか。
そもそも流しソーメンの時代から何もなかったんですから、この球団は。
もう一度一から組み立てなおす。
それこそ「リストラクチャリング」、即ち再構築という言葉の本来の意味なのですから。

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

9月26日、マリンスタジアムの右翼席に居た全ての人々へ。

言い訳は認めない、恥を知れ。

ロッテ・西岡、怒りの先頭弾「夢を壊さないで」 (ソース・サンスポ

 (パ・リーグ、ロッテ6-2オリックス、23回戦、オリックス14勝9敗、26日、千葉)西岡はリーグ記録にあと1と迫る先頭打者弾に「イライラして打席に入って、そこに打ち込んでやろうと思った」。この日の右翼席には、低迷の責任を球団に求め、特定の幹部を中傷するなど多数の横断幕。打球に怒りを込めたと強調した。
 今季はバレンタイン監督と今季限りでの退任を決めた球団の確執がファンにも飛び火。騒動が頻発してきただけに、西岡も不満を募らせていた。「ああいう中でプレーしたいという少年はいない。子どもたちの夢を壊さないでほしい。(横断幕の)『死刑』という言葉とかは許されない」。試合後はお立ち台から降りて右翼席に訴えるほどだった。


画像も掲載されているので、こちらもどうぞ。

そこまでしてまでライトスタンドに陣取ってまで、横断幕を掲げる連中に野球観戦や応援をリードされる筋合いはないし、そこまで不快な想いをしてまでわざわざライトスタンドで我慢しながら野球見る必要も、そんな実況中継を視聴せざるを得ない状況におかれる必要もサラサラないわけですよ。

敢えてこの日、ライトスタンドで応援していた全ての方々に聞いてみたい事があります。

こんなファンとして魂のかけらもない横断幕を掲げている連中と一緒の空間で一緒に応援して楽しいですか?
お揃いのチームジャージ着て跳んではねてれば、オモロイから何やっても知らん顔ですか?

確かに球団も「浄化」する必要がありますが、それは親会社が自助努力ですべきことであり、たかが観客風情が強要することでも何でもありません。
寧ろ、野球観戦、という行為を辱め、自分の応援しているはずのチームを辱めているこういった連中の「浄化」をまず我々ファン自身の手で行うべきではないでしょうか?


少なくとも自分的には、彼らを「ロッテファン」とは到底認識できません。
1995年と同じ戦法のつもりなのでしょうが、あの当時とは状況も事の影響力も何もかもが違います。
彼らの自分勝手な愚かな行為によって、何人のお客様が不快な想いをされたか考えてみてください。
この日のために胸を高鳴らせてマリンスタジアムにいらした方もいるかもしれません。
彼らは、球団にも、そして身内であるはずのロッテファンにも、そして全ての野球好きにも、唾を吐きかけたに等しい行為を行った、それは事実です。

球団も、応援する側も、1995年以来馴れ合いの末癒着まで産んだ、14年間続いた「体制」を浄化し、再生させる絶好の機会かもしれません。
本当にいい機会です、我々もファンとしてやってはいけないこと、踏み越えてはいけないことには

「NO!」

と言える勇気を持つべきです。

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

さらば、小宮山悟。

IMG_8032.jpg
2007/03/07 ロッテ浦和球場にて。


財を残すは下、業を残すは中、人を残すは上、といいます。

ロッテ球団は財、というか収益を上げることもできなければ、小宮山悟という有為の人材を残す事もできず、最悪な事にボビーに丸投げしていた次世代マリーンズの再構築、という肝心要の大仕事を丸投げ返されるどころか放置された形で今、2009シーズンを終えようとしています。

ボビーへの仁義を守り通し、貫き通し、一度喧嘩別れしたこのどうしようもないロッテ球団に戻ってきてここまで現役を続けてくれた小宮山投手には感謝の言葉しかありません。

願わくば、コミさんにいつの日か我らがロッテ球団に還らんことを。
できればウッシーさんと二人で「次はないんじゃぁぁぁぁぁぁ!」位の勢いで投手王国を作ってくれないかと思っています。

何はともあれ、小宮山投手、お疲れ様でした。

黒鴎の中のヒト的には、最近仕事が多忙を極め、今季このまま生で試合を見ることも無く終わりそうな確率が100%な展開ですが、隙あらば万難を排して、コミさん最後の雄姿を見たいと思っています。

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。