À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新入団選手&2007年コーチングスタッフ発表。

「攻殻機動隊S.A.C. Solid State Society」を見てたら乗り遅れてしまいましたな。
マリーンズ公式からなにやら色々お知らせがあるようで。
チームの中身を活性化させようと考えながら結局何も出来なかったような感が無きにしもあらずですが、取り敢えず見ていくことにしますか。

呉偲佑(ウー・スヨ)投手入団内定!
2006/11/29 (水)
台湾ラニュー・ベアーズ所属の呉偲佑(ウー・スヨ)投手(24)の入団が内定いたしました。

呉偲佑投手2006年度成績(台湾プロ野球)
17勝3敗 防御率2.27

また、台湾プロ野球チーム・ラニュー・ベアーズと新たに包括的な業務提携契約を結ぶことになりました。人材交流、野球に関する情報交換など活発的な活動を行っていく所存です。


荘さん以来の台湾出身投手が誕生しました。
惜しむらくは実際にアジアシリーズで見ていなかった事ですが、おいおい分かっていく事でしょう。
荘さんを遥かに凌駕し、郭源治、郭泰源といった往年の大投手に勝るとも劣らない実績を日本で残してくれる事を期待しますよ。

あと、2007シーズンのマリーンズの首脳陣が発表されたようですね。

◆1軍スタッフ
【監督】2 ボビー・バレンタイン
【ヘッド兼外野守備走塁コーチ兼三塁ベースコーチ】78 西村徳文
【投手コーチ】79 井上祐二
【打撃コーチ】75 高沢秀昭
【バッテリーコーチ】85 袴田英利
【ブルペン担当コーチ】88 荘勝雄
【内野守備兼ベンチコーチ】83 ランペン
【走塁コーチ兼一塁ベースコーチ】87 高橋慶彦
【ヘッドコンディショニングコーチ】90 立花龍司

◆2軍スタッフ
【二軍監督】71 古賀英彦
【ヘッド兼内野守備走塁コーチ】76 佐藤兼伊知
【投手コーチ】81 園川一美
【打撃コーチ】89 佐野嘉幸
【打撃コーチ補佐】72 平井光親
【バント兼外野守備走塁コーチ】73 諸積兼司
【バッテリーコーチ】77 吉鶴憲治



浦和的には佐野さんの打撃コーチ就任に期待しています。
今まで今江・西岡・大松・青野と「入団前からのポテンシャルが高かった」選手だけが上で定着している状況で、それ以外の面子の打撃レベルの底上げ、そして何より独り悩み苦しむ竹原君の打撃を何とかしなければ、冗談抜きにマリーンズの今後はありえません。
そんな毎年毎年即戦力を頼っていては「暗黒時代のドラフト戦略」と何の変わりも無いわけで、今後のドラフト戦略を推し進める上で、

「いやぁ~、ロッテさんは育成が上手いから…」

と偏屈な監督でも諸手を上げて歓迎していただけるようなチーム作り
をしていただかないと困ります。
また「格の無い」事で有名な園川コーチに課せられた課題は「何としても薮田・藤田・小林雅に代わるセットアッパー・クローザーを来季中盤までに2人以上上に送り込む」事になるでしょうね。

あと皆さんも気になっていると思われますが、諸積さんの「バントコーチ」就任には驚きました。
上に上がる上でバントのできない選手が浦和にはゴロゴロいるのは理解できますが、果たしてさほど名手とも呼ばれなかった諸積さんが…やってみないとワカランのですが、今までマリーンズを見てきてまぁまぁ上手いと思ったのは五十嵐、南淵、酒井さん位ですものねぇ。
五十嵐さんはオリックスにコーチ入団してしまったし、南淵さんは当時の球団と喧嘩してそれっきりですし、酒井さんも…。
それより幾ら喜多や寺本やP様がいなくなったとは言え、外野守備を徹底して強化しないといけない状態ではあるわけですから、そっちの方を頑張っていただきたいものですね。

まぁ本音を言えば、もっと外部から名伯楽と呼ばれるコーチを先発投手育成や一軍の打撃部門にもう一人置いて欲しいのですが、余り名声が高いと、広岡時代の内部抗争にも繋がりかねないのでそれは無理な相談なのでしょうか。
…そういえばレン・サカタさんはお元気なのでしょうか。
在任中は評判がよかったそうなのですが。

あとは打撃系の新外国人ですかね。
パスクチの再契約だけは勘弁して貰いたいものです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。