À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に大丈夫なのか、マリーンズの編成は?

また公式タソより先行して報道がありましたので確定では無いのですが、どうやらトライアウトから1名獲得があったようです。
更に外国人選手獲得にどうやら今年も苦労しているようですね。

ロッテが前ソフトの定岡獲得
 ロッテが、ソフトバンクを自由契約となった定岡卓摩内野手(20)を獲得することが30日、分かった。近日中にも正式発表される。定岡は長打力が自慢の大砲候補。トライアウトを受けるなど現役続行に意欲を見せていた。
 定岡の父は元ダイエー2軍監督の定岡智秋氏。叔父に野球解説者の定岡正二氏(元巨人)を持つなど、野球一家に育った。今オフに高卒2年目ながらソフトバンクを解雇されたが、11月6日に合同トライアウト(フルスタ宮城)に参加。潜在能力を高く評価したロッテが、調査を続けてきた。
(2006年12月1日06時02分 スポーツ報知)



雁の巣ホークスの事を余り知らないのだが、それにしても特に故障したという話も無いのにこの出場機会の無さは異常である。(いや浦和マリーンズの方が異常なのか?)
二軍監督が2005年からスパルタの秋山さんに変わった、と言うことでウマが合わなかったのか、天性の素質だけで野球をしてきたタイプなのか、そこの所は色んな憶測が某所には出ているのだが所詮噂の域を過ぎないわけで。
実際見てみないと分からんのだが、まだ若い事もあるし、あの悲惨な二次トライアウトを見てしまった身としては「物凄い幸運」としか思えないので、新天地で頑張ってもらいたいですな。

全ては、自分に、掛かっているんですよ。

もう一つ。

ロッテ、李炳圭は断念
 ロッテが韓国・LGの李炳圭(イ・ビョンギュ)外野手(32)の獲得を断念することが30日、分かった。10月にバレンタイン監督が視察に赴くなど獲得に本腰を入れてきたが、その後、中日、LGなどとの争奪戦に発展。他球団を上回る条件提示は困難と判断した。
 外野手の補強は今オフ最大のテーマだったが、トレードでオリックスから早川を獲得。ドラフトでも流通経大の神戸を指名するなど、一定の成果を挙げた。今後はバレンタイン監督が中南米のウインターリーグを今月、視察予定。また、国内球団で保留選手名簿を外れた外国人選手に関して、「ニーズに合う選手がいれば可能性はある」と指揮官は話した。

(2006年12月1日06時02分 スポーツ報知)


昨年に続いて、これは

外国人渉外ルートが存在しなかった

と見てもいいんでしょうか。
これはちょっとボビーも含めて編成の大失態ですよ。
まぁこの記事がブラフでアッと驚く大物が来るのかもしれませんが、どうも「過当競争」と見るや疾風のように手を引く所を見ると、球団自体が来季の人件費予算を相当抑えているとしか思えません。
外国人担当スカウト部門をしっかり作っておかないと…。
ボーリックとかホールとか増える難ですとか陸将さんとかを引き当てたあのパイプだかルートだかはどこに行ってしまったのでしょうね?

一応期待値を込めた意味で「補強は完了した」とは言えるかもしれませんが、これはどっちに転ぶか分かりません。
昨年も「パスクチや大松や竹原の成長」を前提にたかをくくっていた節があるので不安ですね。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。