À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森博嗣の世界へ、ようこそ。

スカイ・クロラ (中公文庫)
森 博嗣
中央公論新社 (2004/10)
売り上げランキング: 1147


押井守が今度映画化させる、という「スカイ・クロラ」の原作が気になって購入した訳だが、非常に興味深かったので今回取り上げてみようかと。

前評判とかwikiの項目とかで、原作者の森博嗣氏の評価として結構いいよ、というものを観てきた訳だが、実際読み進めてみると、その人たちが言っている意味がよく判った。

池波正太郎の小説を読むと、新国劇の脚本家出身と言うことで「ト書き」のような話の運び方な為に読み手が頭の中で映像を描きながら読み進めることが出来る、と以前どっかで書いたような気がするのだが、森さんの場合、ト書き調でもない、ただ淡々とした一人称の物語にも拘らず、まるで自分が仮想体験しているかのようにストーリーが頭の中に映像化されるのには驚かされる。

世界観とか謎設定とか、エヴァ以降のSFアニメにはお決まりのように取り上げられていた素材が、この小説には無い。
存在しないのだ。
深読みすれば出来なくもないが、敢えてする必要も無い事は実際読み進めて頂ければお分かりになるはずである。

押井守が映像化する、と言う事はこれが狙いなのだろうか。
今週末、ヱヴァンゲリヲンがリメイクと言う形で登場する。
この作品が単なる焼き直しなのか、10年後のアニメ技術の進歩をテーマにした内覧会になるのか、それともSFアニメの作風に新たな息吹を吹きかけることが出来るのか、まだこの段階では判らない訳だが、この作品をこの作品のまま映像化できれば、これはこれで新たな作風の提案になるんじゃないか、そんな気がするのですよ。

…ただこの押井守と言う人は良くも悪くも多分にアクの強い人だというのが気にかかって仕方が無い。
ともすれば独りよがりの閉塞した自分の世界観に作品を収束しがちな押井守が、どこまでこの徹底的に一人称な展開の続くこの作品をピュアな感覚のままで映像化させられるか、これは見ものである。
原作に勝手にスパイスとして、今までの「うる星やつら」でのあれやこれやとか、先日出淵裕さんにテメェの特集の中でダメ出しされた「機動警察パトレイバー」でやらかした時みたいな、押井守特有の「原作を自分の世界観に勝手に焼きなおした世界観」を挿入してしまう事があれば、これはキツい。
攻殻機動隊&S.A.C.シリーズでは成功したんだけどねぇ。

恐らくそれが出来れば、押井守自身が脱皮できるんじゃないか…って原作の話をしてたのに大脱線してしもうたわい。

あえて物語について殆ど触れずに書いているので何の本なのだか非常に判りにくいと思われるのだが、この作品は「敢えてネタバレを話すには勿体無い」一作なもので曖昧すぎて本当にスンマヘン。

とにかく読んでみる、そして文字から滲み出る風景に漂ってみる。
これはいいミニフライトになりますよ。

…そんなこんなでハマりこんでしまい、現在は2作目(時系列に直すと真逆なのだが)のこちらを読み進めているところ。

ナ・バ・テア (中公文庫)
森 博嗣
中央公論新社 (2005/11)
売り上げランキング: 2530


しかし草薙とか合田とか…あれ?

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG 11
バンダイビジュアル (2005/01/28)
売り上げランキング: 19805


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。