À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜別球人2006 第13回・戸部浩選手

今年は色々驚かされる事がよくあるもので、

今度は戸部浩投手が何と楽天へ、

しかも金銭トレードで移籍


してしまいました。

金銭って…そんなに予算が不足してるんだろうか?
瀬戸山さんの「幕張凱旋門計画」はもはや黒歴史なのでしょうか。

…あとwikiペディアで「戸部」と検索したら「戸部(こぶ)※」に飛ばされたんですが何とかしてくだされ。
あと仕事速すぎ。(既に楽天の項目へ移動していた)

※…康熙字典214部首では63番目に置かれる(4画の3番目)。
何度も書いてきたが、入団したその年の神宮球場、高橋薫・戸部浩・清水直行の黄金ルーキー三人衆が揃い踏みで登板したとき(それもある意味貴重だが)に、一番完成していたのが戸部だった。

間違いなくこの3人が今後のマリーンズ投手陣の柱として回り続けるのだとその時は思ったし、球団も山本エカ児監督もそう思った事だろう。
しかし、高橋薫は不運の疲労性骨折で引退を余儀なくされ、戸部は楽天へ移籍、清水直行だけがかろうじて先発ローテで踏ん張りを見せている現状を誰が予測できただろうか。

戸部にとってのターニングポイントはやはり、ホークスの優勝マジック1で迎えた2003年9月30日、あのマリンスタジアムにおける大炎上ではなかっただろうか。
マリーンズの先発、ネイサン・ミンチーが2・3・4回と1点づつ失点する中、4回裏に先頭の堀幸一、ホセ・フェルナンデス、佐藤幸彦、サブロー(現・ノフコー)の4者連続二塁打で同点とし、更に満塁から福浦和也の走者一掃二塁打で一気に6-3と勝ち越しに成功、あの「ロッテだろ、普通に投げれば大丈b(ry」と有り難くないアドバイスを松坂に受けて抑えられまくった杉内のKOに成功したあの試合である。

「絵に描いたような帳尻」とはまさにこの事だろう。
9月、そして敵チームの胴上げ阻止、我等が千葉ロッテ・マリーンズのお家芸、「空気を読まないシーズン終盤の首位イジメ」を地で行くこの展開に待ったを掛けた一人の男がいた。

それが、当時中継ぎで定着するかどうか微妙な状態だった戸部浩であった。

5回まで10安打と晩年の典型的な崩壊パターンを見せるミンチーに、当時最強であった鷹打線がついに襲い掛かり、一死も取れずに6連打を浴びて降板。
この時点でスコアは6-6の同点。
更に無死満塁。
最大のピンチである。

そこに鳴り響く谷保さんのアナウンス。

「ピッチャー、横浜の次は、戸部。」

丁度小林宏之が今で言う薮田ポジションから先発ローテに入った直後で、当然戸部にはその任を補完して余りある活躍を首脳陣は願っていた事だろう。

しかし戸部は何を思ったのか二者連続で押し出し四球で勝ち越しをあっさり許し、更に安打を浴びてこの回だけで一挙7失点と全マリーンズ人の脳漿を向こう半年機能不全にしかねないショックを与える事となった。
やはり戸部駅は各停しか止まらない事がネックだったのだろうか。それだけは京浜急行の本社に聴いても恐らく分かるまい。
これが伝説の「戸部浩 炎の優勝アシスト大炎上」事件の内幕である。

試合後、山本エカ児監督がシーズンを通して実力の差が出たということ。しっかり(胴上げを)焼き付けておけばいいんだ」と殊勝なコメントを残す中、私の部屋が怒りで凄い事になっていたのを今でも鮮烈に覚えている。
それ以来、誰が言ったか「チキンハート」という有り難くない愛称が一部コア層から贈呈されたのは言うまでも無いし、その後の一軍登板試合でもチャンスに被弾という最悪な展開を自演して降板、というシーンを何度も観る羽目になったのは記憶に新しい。

そして、長崎伸一(現・打撃投手)や田中良平(当時まだ背番号が19だった)、と新入団当時物凄かった内竜也以外不安定極まりなかった浦和のクローザーのポジションに定着しかかった時期も戸部にはあった。
しかし、結局上下双方であまりいい結果を残せなかった戸部は、清水雅海の背番号変更の影響により牛島和彦→河本育之と代々絶対的なクローザーとして温められてきた背番号27を67という屈辱的な背番号に変更させられてしまった。

しかし、戸部は腐らなかった。
浦和の「絶対的な浦和先発ローテーション」の柱として2005・2006シーズンのイースタンリーグ制覇への原動力となり、一軍への招待状を今か今かと待っていたはずである。
私としても毎回見に行くと図ったように、

マリーンズ、先発ピッチャーは、戸部。

また戸部かy(ry、とまるで一軍における「バーンかy(ry」に通じる意識があったのは否めないが、今季の戸部は一味違った。
今まであった「気の抜けたポカで一発被弾→大炎上」といったパターンが観られなくなったのだ。
まさか完全試合ですか?と言わんばかりの投球を成瀬と共に繰り広げていた戸部。
しかしそこで昇格して行ったのは他でも無い、成瀬だった。
更に言えばシーズン中盤、薮田の故障離脱後に真っ先に昇格するのは戸部だろうと大部分の浦和マニアックスは考えていた筈である。
しかし、そこでも昇格したのは神田義英であり、ジャスティン・ミラーだった。
そうこうしているうちに8月12日、飯能市民球場における「戸部浩、雷雨の大炎上」事件を起こすなど次第に精彩を欠いていった。

結局昇格の無いまま2006年も飼い殺しのままシーズンを戸部は終えてしまったのであるが、今回の金銭トレードで、楽天と言う絶対的に戦力不足なチームに行けば、セットアッパーでも先発でも、どこでも使い道はあるはず。

ノムさんの教えを嫌味臭いと感じる事無く、真摯に受け止めて投球術を磨き、活躍をして欲しいと、心から思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。