À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
05 | 2017/06 | 07
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DARKER THAN BLACK オワタ\(^o^)/

ラーゼフォンでライディーンな話をエヴァ的世界観へ丸投げした。
エウレカセブンで全ての謎伏線を曖昧なまま視聴者へ丸投げした。
スカルマンで全ての謎伏線をサイボーグ009へ丸投げした。

…そして24話まで、今までのBONES作品でありえない位の神展開をセッティングしておいて…。

何すか、この最終25話は?

orz


契約者達が属していた謎の組織が、実は契約者自身を消す為に存在していたという超法規的な神展開を24話までやっていたのですが、それを阻止すべくヘルズゲートへ乗り込む「黒」と「銀」。

そこに待ち受ける「アンバー」。

そしてヘブンズゲートで起きたのと同じ発光現象が始まり、そこからそのまんま新世紀エヴァンゲリオン第弐拾六話的な「あなたは何を望むの?」的な展開へ移行。
そして死んだ筈の「ハヴォック」や「ノーベンバー11」達が勢揃いで「おめでとう」と大団円…と見せかけておきながら、今度は本来妹である「白」ともう一度逢いたい黒にアンバーが今回の現象を起こさせたにも拘らず、その代価として人間も契約者も消失する事を恐れて今の「人間と契約者が相克する世界」を理由が曖昧なまま選択する「黒」。
もうこの時点で最初に南米で起きたヘブンズゲート消失事件の設定がパー、そしてヘルズゲートとヘブンズゲートの対比設定もパー、ヘブンズゲート消失の原因と目される妹・白(パイ)に纏わる設定もパー。
本当の星が今の世界では見えない設定も無効化され、しまいにゃED抜きで星を観るババァの何言ってんのか判んない繰言でお茶を濁しやがったよ…おいおい、

やっちゃったよー、おい、

やっちゃったよー。


そして我等視聴者が余りの尻切れトンボぶりに混乱する中、攻殻機動隊のように第一話冒頭へと戻して更にお茶を濁そうとする糞脚本。

やはりボンズはBONESでございます、誠に有難う御座いました。

またしても全ての謎設定を消化しきれず、視聴者へ丸投げするどころか製作陣自身が観ても理解できないであろう、その体のいい尻切れトンボテイストで終らせてしまったこの「BONES史上稀に見る良作になるはずだった珠玉の一品」。

…なら、24話までやった所で、一行テロップを入れて終了でしょ?

おれたちのたたかいは、これからだ!-BONESの次回作に御期待k(ry

世界陸上で一週飛んで25話で終らせなければならない事がこういう悲惨な結末を産んだのか、それとも製作陣それ自体が糞だったのか。
これはキッツイ終わり方だなぁ。
本当に終盤アンバーが登場してきてから毎回楽しみに観てたのに。

俺涙眼、って奴ですかな?

orz


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。