À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとめのないはなし。(10/10)

実は楽天イーグルスの公式ファームブログを、対マリーンズ戦の無い日もRSSリーダーに登録して拝見させて戴いておりまして、その中で興味深い記事があったので御紹介します。

「掃除中」(2007/10/10の記事)
フェニックスリーグは、若手選手育成の場。
育成=野球技術向上はもちろんですが、それ以外の部分も厳しく指導されます。

禁酒、禁煙はもちろんですが、規則正しい食生活、規則正しい生活から、試合後の清掃、ゴミの分別まできっちり選手各自が行います。

特にゴミの分別・清掃。
飲み残しなく飲む、万一飲み残しても、きちんと飲み干してからゴミ箱へ捨てる、きちんと分別する。ロッカールームやベンチは綺麗にする…を徹底しています。

我等が浦和マリーンズに人読んで「浦和トンボ隊」という光景があったのを皆様ご存知でしょうか。

ロッテ浦和球場で5回裏終了後、ベンチやブルペンにいる若手選手達が総出でトンボ掛けする様を、前述した「浦和トンボ隊」という風に誰が名付けたか知りませんがそう呼んでおりました。
過去に撮った画像を見返してみたら、最後に確認できるのは2006年の終盤辺りで、それ以降行われている様を見た事がありません。

そもそも何故そんな事を当時のイースタン6球団の中で唯一ここロッテ浦和球場だけで行われていたのかを明確に記した資料が無いので何とも言えない訳ですが、恐らく球場自体の人員的な事や、「育成=野球技術向上はもちろんですが、それ以外の部分も厳しく指導する」為の一環的な意味合いもあったのではないかと思いますが、恐らくボビー、ないしそれに近い誰かが「イースタンで優勝して夢をこれから叶えようとしている選手に裏方の仕事をさせるのはナーンセーンス」的な指摘が入ったのでしょうか。それとも選手側からの声が出たのでしょうか、前述した時期以降、この「浦和トンボ隊」を見る事がなくなりました。

私は生憎と体育会系の部活なるものには無縁なガチの文系な存在でありますが、そういった「キチっとした部分」を持つ風景には非常に憧れを持ちます。
まぁ「プロとアマチュアの選手を混同してんじゃねぇよ」と言う声もあるかもしれませんが、「失われた風景」を久しぶりに垣間見れた、と言う意味で何故か嬉しくなってこのエントリ、書いてしまいましたよ奥さん。…判って戴ければ幸いに存じますが。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。