À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”The road to A.S.2007" #04 C.S.P.2nd Stage

071013eka.png

2005年、当時絶好調だった松坂、西口を並べてきた猫さんとこを打ち崩し、当時斉藤和巳、和田毅、杉内俊哉と「越えられない壁」として中洲の大地に君臨していた鷹さんとこに文字通り「挑んだ」、これがプレーオフ2ndステージだったと思います。

そして2007年。

かもめーずの前にはダルビッシュ、グリン、W武田、オシMICHEAL等々、今年も「越えられない壁」がすすきのの大地に聳え立っています。
かもめーずがどう挑んでいくのか、そしてどう散るのか興味の尽きないこのステージ、早速第1戦の模様を見ていきましょうか。

しかしまたいろいろな意味で3時間が鬼のように短く感じられた試合でしたな。

①どんなに球が走っていても、どんなに球がキレていても、コントロールがアバウトでは打たれても仕方が無い件

マリーンズ先発・久保の投球は端から見ると出来が良い様に一見見えました…が、コントロールがやはり元々アバウトな部分がある為に球が悪い意味でばらつき過ぎたと言えば良いのでしょうか。
初回、不調の森本をインハイで詰まらせておきながら田中賢介に対しては2ストライクまで軽く追い込みながら決め球がばらつき四球、続く稲葉には真ん中に入る球をエンドランの掛かる中右前に持っていかれ一・三塁、いきなりピンチを迎えます。
しかしセギノールを殆どボール球で三振、工藤を真ん中へ2球、釣り球で三球三振と後続を断ちます…が、これは結果オーライというか向こうの自滅に助けられた感がありました。
そして2回裏、先頭の小谷野を低めに2球投げて右飛に討ち取るものの、稲田に低めのボール球を鷹の川崎君風に上手く持っていかれてからまたおかしくなります。
金子へ4球同じようなコースへ投げて再びヒットエンドランで右前に運ばれ、鶴岡には外低2球→内高3球→外低と単調な攻めで左前に抜けそうな当たり(遊内野安打)を打たれ満塁としてしまいます。
小坂なら…と言う思考があるかもしれませんが、この場合小坂が小坂らしく正面で取ったとしてもどのみちオールセーフでしょうから、寧ろ「抜けなかった」事を幸いと思わねばなりますまい。

問題はこの後です。
どうみても打撃絶不調の森本の場面。
1球目が外れて2球目の直球を無茶振り。
インハイ直球にはまず対応できないのはここで理解できた筈です。
その後3球目の外低、4球目の中高のボール球、いずれも振り遅れの力みまくりでファール。
とりあえず2球目の空振りはブラフでは無い事はここで判った筈です。
ここで久保と里崎は真ん中低めにフォークを投げます。
これは初回にセギノールを三振に討ち取った球と同種なのですが、低めに入りすぎてワンバウンド。
これでカウント2-2。

今日の勝負の分かれ目はこの次の投球でしょう。
ここで久保に制球力と言うものがあれば…と悔やまざるを得ないのですが、真ん中低めのはっきりとしたボールゾーンへ久保は直球を投げてしまいフルカウント。
1死満塁、カウント2-3、外野は前進、内野は中間守備。
まさに一点もやらんぞ、というフォーメーションで久保は真ん中外はっきりとしたボールゾーンへ直球を投げてしまいます。
森本はこの球に手を出してしまいましたので押し出しの危機は回避された訳ですが、結局次の投球も同じコースのストライクゾーンへ直球を投げてしまった久保。
今まで振り遅れていた森本も、4球続けて外低めに直球を投げられればそりゃ1点欲しさに何とかしようとおっつけるわけで、それがまたうまく芯で捉えた事で前進守備のサブローのはるか後方、フェンス直撃の2点適時打になってしまいました。
押せ押せの里崎のリードがこの場面で単調になってしまったのが久保のキャパで出来る最低限のリード、と言ってしまえばそれまでですけれども、もう少しインコースに投げられる事が出来れば…と悔やまれてならんのですよ。

今日は久保自体の出来がいいにも拘らず久保自身の悪い所が出てしまった事、そして里崎の強気で単調なリードがいい方向へ向かなかったのが全てかもしれません。

②ところで迷いの無い継投も結構ですが、何故僅か1点差の展開で失点覚悟のリレーを2回裏1死から開始されるのですか、ボビー・バレンタイン殿?

小野晋吾の調子が余程悪いのか、清水直行の投球に余程信頼が無いのか、それとも先発要員だから使いたくなかったのかよく判りませんが、森本に逆転打を打たれた時点でマウンドに上がったのは高木晃次のおじさまでありました。
思い出すのは1stステージ第二戦、4失点で小林宏之がKOされた後にリリーフしたにも関わらず、小久保の死球と適時打で一気に2失点、試合を序盤で終らせたあの試合の事です。
田中賢介の初球、ど真ん中への直球をが振り遅れてファールになったものの、嫌な予感はした訳でございますよ。
案の定賢介に内低の変化球を右中間へ2点適時打、またしても2失点です。
前回より点差は3点と離れてはいないものの、ドームでの投球が鬼なダルビッシュの前で僅か2回でこの点差は厳しすぎます。

更に3回から小宮山でロングリリーフかと思えば、今度は4回表1死、田中賢介の打席で藤田を投入。
そして同じ左の稲葉を四球で出した時点で清水直行を今更投入。

ボビー・バレンタインお得意の「長嶋茂雄の劣化コピーの如き狂った投手継投」が始まってしまいました。

それなら清水直行を最初から投入すれば…という声も聞こえて来そうですし、本当に落としたくないならいきなり川崎→清水直行というリレーもその後の継投に対するリスクはあるものの少なくとも「試合を捨てた」ような気分にはさせなかった筈です。
すっかり「流れ」様のご機嫌を損ねてしまったマリーンズ。
元々ダルビッシュだし…と我々ですら思ってしまったのですから、指揮官様もビビリはあった事でしょう。
しかし2-1だった場面であの継投を見せた時点でこの試合、おしまいです罠。

③どちらかと言うとリリースポイントについて暗中模索を繰り返していたダルビッシュからよく2点もぎ取った、と言うべきか?

まぁマリーンズの先発が成瀬なら…と言ってしまえば身も蓋もない訳ですが、ボビーの異様な継投によって流れが完全にハムさんとこに行ってしまったせいもあって、マリーンズ打線は元気もなければ工夫もありませんでした、西岡以外は。
三回表の早川の三内安打以降、九回表二死無走者からのオーティズの中前安打までノーヒットですってよ奥さん。

もうこうなったら早川部長の流れを変える何かカモォォォォン!(AA略)しか手が無いというか、福浦を8番に戻した方がええんちゃうんとか色々素人考えで思うところはありますが、全ては野球の神様と流れ様の思し召し次第ですな。

④今日はハムさんとこの打撃練習、試合勘のハンデはない訳でこれからはガチの闘いや!…と強がってみる。

まぁ、仕切り直しですわな。
元々清水直行だって今で言う薮田的ポジションからここまで這い上がってきた投手ですし、打者一回りまである程度力配分を考えずに投げられるのならかなり気楽な事でしょう。
使用球がシーズン中より飛ぶボールなのか、空調(ryなのか、前日ススキノで羽目を外(ryなのか良く判りませんが、前進守備のサブローが二度目に追いつかなかった大飛球によって1失点喰らってしまいましたが、比較的冷静に投球が出来ていたので、この先、もしくは来季以降こういった感じでの起用をする事でキーマンとなる事は間違いないでしょう、と断言するには怖いので「と思われます」、と書いておこっと。
…とか書いてたら清水直行が超ロングリリーフしてるんですが?
改めてボビーがこの試合、何をしたかったのか理解に苦しみますな。

⑤札幌は気温5度とか…まじっすか(AA略)。

現地組の皆様はジンギスカンで一杯→味噌ラーメンウマーで体を温めてくれぐれも風邪を召される事のないようにお気をつけ下さいませ。
特に試合観戦で喉をやられているでしょうから、ケアは大切に。
札幌の方々はこういう時でも秋物のウェアで過ごされるんですかね。
あの2002年の残雪凍る春、新千歳空港から札幌へ向かうバスの車窓からスウェットジャージの上下で歩道を歩いているおばさんに驚愕したのを今度は思い出しました。

(*´エカ`)<さぁ明日明日!負けた日は飲m
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。