À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”The road to A.S.2007" #07 C.S.P.2nd Stage

n2.jpg

今日は流石にいい具合に実況アナウンサーが話を振っていたのでさほど苦痛に感じなくて済みましたが、しかしまぁ「絶対負けられない試合」と言うことで胃の痛い、非常に重い展開だっただけにノムさんのダミ声に癒されながらの観戦となりました。

さて勝てば「可能性」が、負ければ地獄が。
かもめーずの向かう、明日はどっちだ。

①小野はよく頑張ったと思いますよ。

外へのシュートボールが立ち上がりから効かないまま、更にスライダーも甘いという「殆どカットボール頼み」だった小野が5回までとは言えよく踏ん張ってくれましたね。
3回裏の田中賢介の投直、4回裏の小谷野の初球併殺で「助かった」という場面もありましたが、片肺飛行な中でハムに思いっきり流れている「流れ」をよく食い止めたと思います。

②拙攻、拙攻、拙攻の嵐の末に…。

初回のサブローの空振り三振、2回のベニーの遊ゴロ併殺、5回の今江の犠打失敗三塁封殺、何度となく先制できるピンチを潰してきたマリーンズ打線。
特にベニーは何をしたかったのか理解に苦しみます。
お誂えのバントしやすい外高目のカーブを漫然と見逃したのにはたまげましたが、野村監督が「彼は指示さえしてやれば…」と言っていた様に、結局当たっていないベニーをフリーで引っ張らせて何をさせたかったのだろう…。改めて良く判らない展開でしたね。

更に言えば今日はスウィーニーのよく切れるカットボールの前にクルクル右打者が廻っていました。小野と違いインコース低めへ早いカウントからどしどし突いて来る所に外のカットボール。
特に今江が完全なボール球ののカットボールまで手を出していましたから、打席から見ると余程切れていたのでしょうか。
試合前のミーティングではマリーンズベンチがチェンジアップに注意するような指示が出ていたようですが、ここは完全裏目に出てしまった感が強いですね。

③そして、奇跡は起こった…が。

6回表、サブロー四球で無死一塁から二番手・武田勝から左中間へ大アーチ。
重かった気分が一気に晴れた瞬間、

おとうさん、
不覚にも眼から何だか鼻水みたいな液体が流れてきましたよ。


こんな気分になったのはいつ以来でしょうか。
コバスコナイトから崖っぷちに立ったあの2005年、PO第5戦のゴッドランニング→里崎の大アーチ以来ですかね。
約二年間、冷えたままだったお父さんのハートにも火が付きました。
今まで熱心に応援していた全マリーンズ人の心が野球の神様に届いたに違いありませんよ、本当に。

…しかしながらその後がいただけません。
オーティスが安打、大松が四球で再び無死1・2塁の場面。

無死1・2塁。

ベニーがバントするんだかしないんだか判らん事をして遊併殺。
今江がバントを転がしきれず三塁封殺。

今日だけで同じシチュエーションで2回失敗しています。
そして再び打席にはベニー。
ここは流石のボビーも代打・渡辺正人を投入した訳ですが、この場面も犠打失敗、三塁封殺。
この回、流れどころか球場の空気まで変えた里崎の一発を、よりにもよって二軍最終戦以来実戦に一切参加していない(インヴォイスとの練習試合に出てたっけ?…まぁそれにしても)実戦から完全に遠ざかっている渡辺正人が消してしまったというのは非常に痛いですね。

④川崎君もよく踏ん張りました。

代わりハナ、犠飛で小野の貯めていたランナーを返してしまいましたが、6回表に里崎のくれた1点のリードをその裏よく守ってくれました。
7回もピンチを作りかけましたが、2死からの森本の三塁強襲の当たりで冷静に三塁カバーに入って刺殺、なんてなかなかこんな大舞台で気が廻りませんよ。
クライマックスシリーズでは彼の成長が著しいですね。
本当にいい投手に成長してくれました。
今日のMIPは間違いなく彼ですね。

⑤さぁ泣いても笑っても明日で決まりますよ。

その後も重苦しい展開とかもめーずの拙攻、福浦のミス、薮田のセルフ炎上が続きましたが、何とか凌ぎきって土俵際かろうじて残る事が出来たマリーンズ。

お父さんもすっかり冷えて錆びかかっていたかもめーずスピリットに火が付いちゃったみたいで、8回裏はセギノールの三振でテレビに向かって吼えるわ、オーティスのベースカバーの遅さに怒り狂うわ、工藤の三振に再び吼えるわ、9回表の里崎・オーティスの適時打に狂喜乱舞…とすっかり狂犬テイストでございますが、明後日は初回から力込めて応援しますよ。

成瀬頑張れ。マジがんがれ。
もう何も失うものもないでしょうから、明後日の先発であろうダルビッシュに対して打撃陣はとにかく攻める事、粘る事、何でも良いからとにかく出塁する事。野球の原点じゃないですか。
そして少しでも成瀬を楽にさせてあげて欲しい、願いはそれだけです。

千葉鴎ノ興廃、明後日ノ一戦ニ在リ。

各員一層奮励努力セヨ。


明後日はミニフラとかゲ-フラよりZ旗振って応援した方が良(ry。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。