À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえて無題でお送りします。

ヤクルト宮本が自腹で戸田球場の改修
2006年12月18日(月) 9時47分 日刊スポーツ

 ヤクルト宮本慎也内野手(36)が自腹で2軍の使用する戸田球場(埼玉県戸田市)の改修を行うことが17日、分かった。来季以降の年俸アップ額の内から約1000万円を使って、同球場の補修工事を球団に申請した。改修を訴える選手は多くても、身銭を切って行うのは前代未聞のことになる。労組選手会でも環境改善を強く訴えている選手会長が言葉だけでなく、身をもって行動で示した。(金額は推定)
 選手会会長が自ら動いた。関係者によると、宮本は球団に対し、戸田球場の劣化した外野フェンスの補修作業を要望したという。その際に「年俸のアップした分から使ってほしい」と話し、球団も了承し「宮本フェンス」の補修に取り掛かることが決まった。
 考えた末の結論だった。宮本は年俸1億8000万円の5年契約で、今季で3年目を終了。明日19日に契約更改交渉を行うが、ベースとなる金額を見直すため先日、球団と下交渉を行った。両足首の故障などで出場73試合と不本意だったが、昨年までの成績に加え、WBC日本代表の主将を務めた「世界一査定」も評価されて提示額はアップ。「マイナス査定を覚悟していたようで、もともと考えてなかった増額分なので、何かに生かしたいと考えていたようです」(関係者)。
 約1000万円をかけて改修される「宮本フェンス」には、自らの理想も込められている。選手会会長として、ポストシーズン制度の導入に伴う選手の負担増を考え、球場の施設改善を訴えてきた。故障につながる危険因子は、少しでも取り除きたい。だが各球団に望んだ答えは、いつまでも返ってこない。言葉だけでなく、あえて身銭を切ることで「本気度」を示して見せた。
 現在は戸田グラウンドで、リハビリ組や若手と一緒に汗を流している。今回の発案は、外野フェンス沿いを走っていてネットの傷みや金具のサビに気がついたことが発端だった。現場から出る声も反映させ、行動に移した。約1000万円の自腹も、チームには貴重な財産。宮本が画期的な取り組みで、球界にメッセージを投げ掛けた。
[ 12月18日 9時47分 更新 ]


紙テープ等で塗料が剥がれたり傾いたりしている椅子って幾ら位するのだろう、有志でどれだけ集めたら改修出来るのかな、とつい考えてしまいました。

まぁそれはおいて、それを読んで思った事を少々。

練習場、と割り切れば別におかしくもない浦和球場とは違い、戸田球場は確かに「これがプロ(以下自粛)」と言われてもおかしくないくらいものがあります。

河川敷という立地条件(※)が本格改修させようにもどうしようもない状況を産み出しているのは確かですが、その中でも二軍選手が快適に使用できるように、と自腹を割いて…というのは近年聞いた事がありません。
実態のあるんだか無いんだか分からない「Fプロジェクト」とやらで代理店に貢がせるくらいなら、他にもやる事があると思うんだけどな、と常々思っていましたので、宮本選手の今回の発案には心から拍手を送りたいですね。
逆にマリンスタジアム等の設備投資がひと段落したら、マリーンズも何らかの事を二軍に対してやるんでしょうかね。

まさか今更凱旋門もないでしょうが。


※…確か観客席とかそういった固定式なものは作れない筈。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。