À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
03 | 2017/04 | 05
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007千葉鴎團総括:第一回・一軍投手陣

余程試合観戦中は気が張ってたのか、試合が終っても別に眼からカ○パー氏腺のようなものが出る…出るか!…もとい、眼からHB-101水溶液のようなものが出ることもなく努めて淡々とエントリを上げて、三国無双4の残りキャラを育成なんかしたりして時間を過ごしていたのですが、何故か今頃になって胸にポッカリ穴が開いたような物寂しい気持ちになりました。

なんだろう、この気持ち…もしかして、恋?

もぉえぇっちゅうねん。
一つの敗戦で突然シーズンが終了する、という経験を今までした事がマリーンズファンになって以来皆無だった訳で、何ともいえない消化不良感とか悔しさとかに包まれて今、悶々とこれを書いている訳です。

取り敢えず我々かもめーずの2007シーズンが終了したのは頬をつねっても状況に変化が無い為にどうやらこれは夢オチではなく現実らしい、という所までは理解しました。
よって、本日より来季への展望を私なりに考えていこうかと。

※以下、個人の戯言です。
※閲覧して体質に合わない場合は閲覧を中止願います。

今回は「序」と言うことで今季のマリーンズ現有戦力の総括をしてみたいと思います。
前のギミックの頃は個人個人で年度別成績表や画像を織り交ぜ色々書いてましたが、そこまで毎回やる気力がないので今年はそんな感じで行こうかと。

①投手陣
2005-2007pitchercompare.gif

単純に勝敗の貯金、という考えで2005年と今季の比較をしてみようかと思ったのですが、

(Θ щ Θ)<俺か?俺なのか?

表ではその他に計算されているエアロバイクのおっさんの3敗もそうですが、スコ様が7つも星を落とさなければ首位…と言う話になってしまいますな…そもそもそんな話をする為に作った訳じゃないんだけども。
つーか今季、あれだけボロボロとか言って置きながら、スコ様のそれがなければ2005年と遜色ない成績だったかもしれない、という考え付かなかった仮説が出て来てしまいましたな。
さぁおとうさん、はなしの落としどころが判らなくなってしまいました。

orz

…じゃぁ、先発投手の劣化と中継ぎ投手の負担との相関とかって今季無かったの?と思って作ってみたのが次の表になります。

2005-2007pitchercompare2.gif

何だかこれを見る限り、ボビー・バレンタインが頑として「お試し昇格」を考慮しなかった意味が理解できたような気がしてきました。
何だ神田といいつつも不在不在と言われ続けてきた「ヤマケンポジション」が小宮山と高木の両おじさまで事足りていた、と言うことも伺えます。しかも殆ど先発・中継ぎ双方に殆ど劣化が無いときたもんだ。
敢えて言うならやはりスコ様と清水直行のそれになるのですが、清水直行の場合最初の作表と併せて見てみても、「見た目ほどチームに迷惑を掛けている訳ではない」となってしまいますのでやはり、

(#Θ щ Θ)<はいどーも、宜しくどうぞ

と言う事になってしまいます。

見た目の記憶と印象と数字の乖離って凄いですな。

トータルで考えると本来旧ヤマケンポジションを補う筈の神田が殆ど大勢に影響が無かったりするのが非常に残念な訳ですが、来季頑張ってもらいましょう、としか言えませんな、これでは。

しかし一点、気になるのは荻野君の登板数と投球回ですな。
彼と川崎君がいてくれたこその今季、と言っても良い訳ですが、今季のオフは体のオーバーホールを念入りに、そして開幕までにしっかり体つくりをして備えて欲しいものです。
正直言うと、今季の浦和の面子がそう簡単に確変して大活躍、という図面はどう考えても現状引けそうにも無いし、薮田・藤田が今季より状況が改善されるかどうかは未知数、しかもFAの状況次第ではいない可能性もある訳ですから彼等二人の存在は来季は更に非常に重要になりますね。

あと怖いのは、このポストシーズンの期間中における「清水直行の使い方」でしょう。
昨日のセカンドステージの第5戦、2番手に使ったのは清水直行ではなく、3日前に足を痙攣させた小林宏之でしたし、第1戦でも起用されたのは大勢が決した後の4番手、ロングリリーフな場面でした。
これをどう取るか?
清水直行のプライドとして今後再びセットアップへ転向、を打診されてハイそうですか、とは絶対に言わないだろうし、先発での結果は上記表でありありと出てしまっているし。
新しい緩い球の研究云々の前に低めのコントロールの意識付けの徹底が出来ない限り完全復活は難しい、と正直私は思っているのですがさて、どうなることやら。

ただ、左投手の先発がもう一枚欲しいものですねぇ。
古谷君が現状筆頭候補の筈ですが、どこまで状態を戻せるか。
今のままだとどうにも「途中で投げるポイントを見失って突如崩壊する加藤康介」とダブッてみえてしまう訳で、ここは何とか徹底した投げ込みといいアドヴァイザーがいてくれれば…と願うばかりですな。

結局、数字だけでものを見ると、「思ったほどの劣化が今年の投手陣には存在しなかった」という結論になってしまうのですが、せめて小宮山と高木のおじさま達にはもう少し楽をさせてあげたい、というかこれだけ若いのがゴロゴロしてるのに40過ぎたオサーン達に負けてどうするのよ?という思いがあるわけで、そこを恐らく今季も大社ドラフトの補強ポイントにするのでしょうなぁ。

あと右左どちらか一枚分の「先発の予備」と抑えの予備一枚、といった所でしょうか。
FA市場の動向もあるので何ともいえないのですが、投手だけで少なくとも3・4人獲得に行くのでしょうかね?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。