À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとめのないはなし。(11/22)

※ちと体調不良かまして更新が遅れてしまいもした。後付けで少し記事が追加されたりされなかったりするかもしれませんが、いつものように生暖かくコッソリ('A`)ニヤニヤの精神で宜しくお願い申し上げますってばよ、卍解!(声:杉田智和)

010506k.jpg

これは2001年5月6日、まだ北海道ではないファイターズ対まだマリーンズレボリューション21(覚えてる人がどれだけ居るのだろうか)の余韻が醒めぬマリーンズの、鎌ケ谷球場で行われた二軍試合のスタメンを図式化してみたものであります。
この試合、先発した清水直行が失策絡みで初回6失点も、○小林渥→戸部→S小林宏の豪華無失点リレーと驚異的な打線の粘り(?)でかろうじて7対6で逃げ切った試合でございます。
更に向こうさんのメンバーも、サード:森本稀哲とか遊撃:飯山とかニ塁:小田とか、外野の左翼:西浦に中堅は大沢親分がその昔、伊良部クラゲに対抗して「シジミ」とネーミングされたのにその地味さゆえに愛称が定着しなかった俊足好守の大貝がいて、右翼には島田(信敏)、捕手は高橋信二とツッコミ所満載でございまして、出来るならあの日に帰って生でもう一度見てぇ、と心から思う訳ですがそれは叶う事能わず、でやんすよ奥さん。

それと同じ事な「最早見る事も能わざる」事態が我等がかもめーずにも起きてしまった訳で。
bIMG_4310.jpg
07/09/24 戸田球場にて


小林雅英という投手に二軍でお目にかかる事自体が非常に貴重なエクスペリエンスだったわけなのだけれども、今度はクリーブランドの空の下、あの度胸満点、燃料満載な投球をするのかと思うと、2005年にあの「コバスコナイト」の前に怒り狂い、ヘルズゲートの手前まで魂を吹っ飛ばされた我々には早くも「向こうでENJYOの普及・促進に努めるのか」という想いが胸をよぎる訳ですが、どうやらクリーブランドの空の下では彼の上を行く師匠格のクローザーがいらっしゃるそうで。
彼ならメリケン国の客のあしらい方をよく判っているだろうし、これなら精神面も安定でありますな。

bIMG_5730_20071122171914.jpg
07/10/05 マリンスタジアムにて。


なぁに、困ったらタトゥーを入れて髪をモヒカン狩りにし、髑髏の銀細工が付いた眼鏡を掛けて鋲の入ったパンクな革のジャケットを羽織ってズカズカと名曲「ワイルド・シング」の調べに乗せてブルペンからマウンドまで歩いていけば万事解決です。
確かあのチームには眠れない山猫でプラトーンな弱肩の捕手とか、父親がウェストウイングで地獄の黙示録な米国大統領だったり兄がマイティダックスだったりするパンクな投手や、ウイリー・メイズ張りのバンパイア・ハンターで36年間氷漬けにされていた俊足の中堅手24時間の間にやたらと何度も事件が起こる時代の米国大統領なブードゥーだけれどもイエス様だとカーブが打てない右翼手とか、時代を先どるニューパワーなトーキョー・ジャイアンツでラッコラッコだった外野手とかそれはもう今改めて見直すとそれはもう豪華なメンバーが彼をバックアップしてくれる事でしょう…って何年前の話やねん?

メジャーリーグ2
メジャーリーグ2
posted with amazlet on 07.11.22
ワーナー・ホーム・ビデオ (2007/04/06)
売り上げランキング: 47397


…さぁ久しぶりなもんで派手に脱線してみたよ奥さん!今が狙い時だ!(最早意味不明)

…まぁ、さて、このかもめーずなティームは「常時戦力の補充と入れ替えをしながらコストパフォーマンス等収益に最適化された状態で常時戦い抜く」チームに変貌を果たしたのはもう皆さん御存知なとおりな事と思われます。
結局小林雅英であっても、薮田安彦であっても、藤田宗一であっても、黒木知宏であっても、何一つ「例外」は存在しない訳です。
私も2005年当時はもう荒れ狂ったものですが、慣れが怖いのか何だかよく判りませんがある程度、戦力の出入りに関しては冷静にものを見られるようになってきたと思います。

方や育成を半ば放棄してFA移籍中心の補強でチーム強化を果たす。
方や育成を主目的にFA移籍で抜ける穴を常時自軍内で埋められるチーム強化を行う。

海外移籍、ある程度の成績を残して現に通用するクラスのFA市場がここまで活性化している以上、そこに中途半端な10年選手の市場も活性化することがあるならば、どうしても今までのような家族的なチーム編成は出来ない訳で、おのずと上記のような二つの系統に分かれてしまう訳です。
そういう意味では大変言いたくない言葉ですが、渡辺恒雄氏はいち早くその意味を理解していた、としか言い様がありません。…実にはあまり繋がっていないようですけれども。

我等がマリーンズにおいても「YFK崩壊」とマスコミが書きたててる所もあるみたいですが、どんな形であれこの2年以内にそういう方程式が確実に崩壊する事は眼に見えていた事、更に今季の成績を見る限り、後に続く若手投手が確実にもう2・3人続いていれば確実に「禅譲」が今シーズンの間に行われていたであろう、と言う事、そして今度のドラフトにおける即戦力とみなされる投手の大量獲得。
これを見る限り「半強制的な若手への禅譲の準備は出来ている」と言わんばかりの勢いに見えてくるかもしれません。
情を取れば世代交代もままならない、実を取れば非情と取られる。
しかしながら、2004年のドラフトから「コイツは来季○○の成績を残すであろう」という一歩間違うと取らぬ狸の皮算用どころではない大社ドラフトをマリーンズは重ねて半ば失敗している訳でございまして、2008シーズンには総決算として「浦和における在庫勢力の一軍への一掃」と「即戦力な人には文字通り即戦力としてつぎ込んでいく」為の熾烈な争いが浦和でもあるのでしょう。
この期に及んで意識の変えられない、自分の置かれている立場が未だに理解できていない選手は確実に来年の11月頭にはこのチームには存在していないであろうし、悲しいかなトライアウトでお会いする事になる事でありましょう。
野手を今回殆ど解雇しなかった、そこに育成ドラフトでハングリーな選手を獲得した。
特に野手陣の皆さんで入団後3年を経過している選手はこの事実をよくよく考えてみて欲しいものです。

与えられたチャンスはこの1年。
生かすも殺すも自分次第ですよ奥さん。

今の浦和を「ぬるま湯」と評する人をたまに見かけますが、間違えて欲しくないことですけれども今の浦和は以前のような半ば放置された「ぬるま湯」ではなく、「自主性」という意味をまるで理解していない選手が醸し出す「セルフぬるま湯」だと言う事を理解して欲しいと思います。

「自主性」という言葉の怖さ。

全ての責任が良いようにも悪いようにも選手個人に帰結するチームの方針は、一時期もてはやされた管理されたチームの対極にあります。
広岡さんはGMとしてこの理屈をついに理解できなかったし、我々素人も思考を切り替えて理解する所までもって行くのに苦労しました。
この「あなたがいなくても、かわりはいるもの。」的な思考をいち早く理解し、自分を高められる選手だけが生き残れる、そんなサバイバル丸出しな浦和マリーンズに、今から興味が尽きません。
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。