À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服部投手が日本選手権で投げた件。

※夜中にこのページを見た嫁からクレームが来たので少し直してみますたorz

ところで、「忍者ハットリ君」と聞いて思い出すのが「すごいよ!マサルさん」における要注意登場人物・メソによる「キテレツ大百科と見せかけた忍者ハットリ」なフレーズな私は一体何世代なんでしょうかね?

セクシーコマンド外伝 すごいよ!!マサルさん(3)
バンダイビジュアル (2001/01/25)
売り上げランキング: 4659


…いやいやそういう話ではなくて、今日行われた「第34回社会人野球日本選手権大会」の準決勝に我等がマリーンズドラフト一位指名の服部投手が登板したので、そこら辺を見た感想なんかを書いてみようかと。
まずパッと見で思った事は、

・直球とスライダーしかない
・直球とスライダーの投げ方が全然違う
・スライダーは低めにコントロールできる
・反面直球が全て高目にしか行かない上にコントロールに欠ける
・速度は140km/hをやや切る程度
・トータルしてプラマイ加減しても一応良く纏まっている投手なのではないか

こんな感じでしょうか。

左打者アウトローへやや落ちながら曲がる変化量のやや多いスライダーに、序盤1回だけ見ることが出来た(それとも失投?)チェンジアップっぽい縦系への緩い変化とストレートのコンビネーションが彼の投球の全てなようですな。
しかしながらスライダーであれば投げきるまで体重が指先にまで乗るような感じで投げるのに対してストレートになると西口(猫)のような体重が前に乗り切らずにフィニッシュが横に流れるフォームになる、という所が非常に目に付きましたな。

投球に関しては、毎回先頭打者をあっさり安打で出すなど自分で難しい投球をしていましたが、コントロールが乱れての四球を基点としたセルフ自滅な投球は少なくとも無かったのは流石と言うところでしょう。
ただ実際の所、李承から空振りを楽勝で取れたとしても川崎君やモー村さんにスライダーを流して狙われたらどうなるんだろーな、とか、松中ならある程度不調でもあのストレートのコントロールなら狙い撃ちで押し込んでスタンドインできるよなー、とかそんな感じでイメージしながら彼の投球を見てみると、かなり危ない、または怪しいゾーンへの投球が多いのが眼につきました。
実際8回裏の投球はストレートを捨てスライダーの見極めを徹底された事でかなり討ち取るのに苦労していましたね。
かなり大きな当たりを外野飛球を2発喰らいながらも、そのうちの一本が犠飛になった事での1失点には一応抑えていましたが、プロの一軍レベルなら…的に見るとどうなってた事か、ちょっと見当もつきませんな。
9回の投球もいきなり二塁打を喰らいながらもスライダーの連投で何とか大飛球&小飛球連発で交わしはしたものの、彼の課題点が露骨に浮き彫りになったのではないかと思います。

ただし、前述したように「トータルしてプラマイ加減しても一応良く纏まっている投手」である事には変わりが無いので、そこはキャンプ中にでも微調整を掛けていくのでしょうな。
まぁ投手で一番大事なのは球速云々よりコントロールと投球を組立てられるコンビネーションと「試合における投球安定性」ですから、そういう意味ではやはりドラ1にふさわしいものを彼は持っているのではないか、と感心してしまった事でありますよ。
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。