À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺達のシコルスキさんが帰ってきた件

久しくネタ不足に陥っていたマリーンズファンの皆様に、最高のクリスマスプレゼントが届きましたよ。

新外国人 シコースキー選手と契約 チームニュース
2007/12/14 (金)

本日14日(金)、ブライアン・シコースキー選手の入団が決定いたしました。背番号は49。

シコースキー選手は2001~03年まで千葉ロッテに所属し、106試合に登板して9勝をマーク。日本球界では通算6年間で、登板267試合、22勝22敗9S、防御率3.40。千葉ロッテへは、5シーズンぶりの復帰となります。

◆シコースキー選手のコメント
「大好きな千葉ロッテマリーンズに戻ることが出来てとても興奮しています。チームメートと再会出来るのが今から待ちきれません。また、日本一のファンの前でもう一度投げることができるのは、私にとって名誉なことだと思います。千葉ロッテマリーンズの優勝に貢献したいですし、そのために一生懸命頑張りたいと思います。それでは千葉のマウンドで腕を振り回す日を楽しみにしています」
 
◆シコースキー選手のプロフィール
選手名:ブライアン・シコースキー (BRIAN・SIKORSKI) 米国デトロイト出身
ポジション:投手
年齢:1974年7月27日生まれ(33歳)
身長/体重:185cm/体重93kg
投/打 :右投げ/右打ち
球歴:ウエスタン・ミシガン大~アストロズ~レンジャーズ~千葉ロッテ~巨人~パドレス~インディアンス~東京ヤクルト

Sikorski2007.png

私は2003年の最終試合で球場全体に響き渡る「ホセ残せ」コールの中で「シコやんは?」と独りごちていたクチであります。

マリーンズ時代、やや物足りないものがありつつもそれなりにきっちり仕事をしていたシコやん。
そして堀内巨人時代に勝っていようが負けていようが展開に全く関係なく黙々と仕事をしていたシコやん。
マリーンズへ帰りたいと思いつつも楽天が持つ保有権の関係上復帰も叶わなかったシコやん。
ヤクルトへ移籍しても今まで以上の成績を残したシコやん。

あれだけの酷使をされながら全くと言っていい程使い減りする事無く、登板する度にブルペンから猛ダッシュし、ラインをちょこんと跨ぎ、マウンドで肩の毛細血管が切れてしまいそうな位グルグル腕を廻して気合の程を見せ続けてきたあのシコースキーが帰ってまいりました。

setupposition0107.png

来年の起用について考える前に、ここ数年のマリーンズのセットアップポジションを表にしてみました。
薮田的な起用になるのか、今年の小宮山のような状況次第でロングでもショートでも行くのか、それとも旧ヤマケンポジションに入るのか。
考えるだけでもこれは楽しみですが、スコ様の後釜をどうするんだろうという疑問は一向に氷解しませんなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。