À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出すのは、巴里の空の下。

最近アニマックスでやっている「シュヴァリエ~Le Chevalier D'Eon~」が面白くてたまらない。


シュヴァリエ Vol.12
シュヴァリエ Vol.12
posted with amazlet on 07.12.15
メディアファクトリー (2007/10/25)
売り上げランキング: 12044


フランス革命前夜、実在の人物、シャルル・ジュヌヴィエーヴ・ルイ・オーギュスト・アンドレ・ティモテ・エオン・ド・ボーモン (Charles-Geneviéve-Louis-Auguste-André-Thimothée d'Éon de Beaumont)を主人公として、虚実織り交えたドラマを展開しているのだが、非常に地味ながら非常に凝った作りが、最近意味不明な萌え属性や糞脚本の粗製濫造に飽き飽きしている私には存在自体がありがたくて仕方ない今日この頃であります。
しかも前後の時間帯に攻殻機動隊S.A.CからフルバからカレカノからJAGからNCISと見たい番組が目白押し。暇な時間に見るものに苦労しないのはいい事ですな。
またこのアニメ、音楽の大島ミチル、OPタイトルを唄う奥田美和子、EDを唄う亜矢それぞれの個性が、オカルティックかつ耽美的なストーリーに華を添えているのも小憎らしいところ。

「シュヴァリエ~絆と報復~」オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ 奥田美和子 亜矢
BMG JAPAN (2006/11/22)
売り上げランキング: 2491


元々世界史で中国史の次にフランス革命史が大好きな自分にはもうこれはたまらない素材であり、存在自体が非常に特異なシュヴァリエ・デオンまで出てくればもうウハウハな訳ですよ奥さん。

で、思い出すのは以前行ったパリの風景であります。

paros002.jpg
2001/03 パリ・コンコルド広場にて。


当時期間限定で設置されていた観覧車に乗って思わず撮った一枚ですな。
あの時は観光客気分のまま、フリープランでオペラ座の前の分不相応なル・グランなんかに止まったりなんかしちゃったりしたりとか、本当に見たい所を駆け足でザクザクと見て行ったもので、心残りがたっぷりとある訳ですよ。

paros001.jpg

その中で何故か印象に残ったのがこのマドレーヌ寺院。
他の観光地化した寺院と較べるとこじんまりしていましたが、中に入った時のあの神々しさは今も眼に焼きついています。

paros003.jpg

・・・で、そういう話でも書こうかと当時撮影したものをアルバムから漁ってみたりした訳なのだけれども、構図が酷かったり露出がおかしかったりテメェ等写真に入れすぎ、と使い物にならないものばかりだった事に今更愕然とした訳であります。

あ~、またパリに行きたいなぁ。
今度行くなら完全に撮影旅行で行くぞ。
モンマルトルでスリのアタックを交わしたらサクレクールから大通りまで付きまとわれたり、オルセーを出た辺りから妙な連中が付いてきたり、セーヌを渡ったら渡ったで眼が明らかにイった男が中身の入ったボトルを逆さまにして手に握り締めながら立っていたり、バトームーショの夜のクルーズの後に人っ子いないオペラ通りを腰が抜けそうになりながら早歩きしてみたりとまぁ色んなことがありましたが、それを抜きにしてももう一度行きたいものですな。
スポンサーサイト

テーマ:ある日の風景や景色
ジャンル:写真

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。