À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
06 | 2017/07 | 08
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歳末の江戸・五色不動巡り企画。

bIMG_9199.jpg

そういえば未完成な企画に「江戸五色不動巡り」があったよな、とふと思い付き、気がつけばこんな所に佇んでました。
目指す所と方向がまるで違う所へぶらり立ち寄った事が後々自分で勝手に苦労する遠因になったりするのですが、それはさておき全快記念無病息災祈願の歳末お不動巡り企画の模様をどうぞ。
一応ですね、三ノ輪の万吉・・・じゃなかった三ノ輪にある目黄不動尊→駒込にある目赤不動尊→目白にある文字通り目白不動尊→三軒茶屋にある目青不動尊(再訪)→目黒にある文字通り目黒不動尊(再訪)の順番を守りつつ、途中日暮里→御殿坂→三崎坂→団子坂→駒込、という例の「上野戦争搦手逆ルート」も徒歩で抑えておきたいな、という計画を立てて行動に移った訳ですよ奥さん。

bIMG_9193.jpg

さぁ、いきなり別方向へ寄り道してしまいました。
御存知、浅草寺の雷門ですな。
まぁこんな事でもなければまず足を向けないのでつい立ち寄ってしまった訳ですが、しかしここはアジア系の観光客やフランス語な方とかまぁカオスな具合になってまして、余りのカオスぶりに早々に退散して参りました。
なら行くなっての。

早々に上野経由で目指す三ノ輪へ到着。
出口から徒歩1分程で目指す目黄不動尊に到着しますた。

IbMG_9204.jpg

完全に閉ざされていますな。
どうも元々本所にあった最勝寺というお寺にあったものが大正年間に現在の江戸川区平井の地に移転した、という目黄不動尊もあるようですな。
ここは永久寺なる近代化された寺院の境内な訳ですが、場内に縁起っぽいものの説明板がまるでないのが気になります。
これは平井へ行かねばならないのだろうか、と思いつつも今から平井に行くのは酷過ぎるので今回は割愛。

・・・で、折角三ノ輪くんだりまで来たので、東京オリオンズが本拠地を置いた東京スタジアムの跡地を観に行こうと歩いていったら、上野戦争の戦死者を葬ったとされる円通寺に出くわしました。ちょうど「彰義隊異聞」を読んでいる所なので非常にタイムリーな場所であります。

bIMG_9215.jpg

後年上野から移築された「上野黒門」が境内に立っています。

bIMG_9216.jpg

京都の蛤御門もそうでしたが、弾痕が今も生々しく残っていますな。

境内奥には、前述の彰義隊戦死者の墓とか、幕末史をかじった方なら聞き覚えのある松平太郎の墓(墓石のみ・改葬)とか大鳥圭介や高松凌雲、永井尚志、それに新門辰五郎による追悼碑等々がある訳ですが、それを書き出すと長くなるので割愛。

そこからまた暫く歩くと、「荒川総合スポーツセンター」に辿り着きます。

bIMG_9222.jpg

当時のスタジアムの俯瞰写真から類推すると、どうもこのアングルはレフトスタンドの外壁があった辺りを写してしまったようです。
ホームは現在都営住宅が建っている辺りと推定される訳ですが、それを指し示す記念碑めいたものが見当たらない事(スポーツセンター内に申し訳程度に当時の写真が2点展示されてはいたけれども)が悲しい所です。
大映倒産後、国際興業がそのまま球場を使用させていたらロッテ球団はどう推移していたでしょうか。
地下鉄三ノ輪駅からそれなりに離れた場所にあって、球場も老朽化して行く訳ですから、結局はマリンスタジアムに移転したかもしれませんな。

そんなこんなで寄り道をしていたら時間を大幅にロスしてしまい、日も翳りだしてきた為に慌てて都電荒川線三ノ輪駅へ移動。

bIMG_9229.jpg

この駅からゆったりまったり都電に乗りながら目赤・目白へ行こうと考えていたのですが、取り敢えず町屋まで乗車し、京成電車で日暮里まで移動する事にしました。
一応町屋まで乗車した事で都電荒川線全線制覇を達成した事になりますが、先を急ぐ旅になった事で嬉しさも半減であります。

bIMG_9231.jpg

京成線町屋駅にて。ちょっとこの電車に乗ってみたい今日この頃。

日暮里駅で下車し、駒込へ向けて徒歩による行軍を開始。
駅前にある寛永寺の旧塔柱を横目に見ながら三崎坂へ。

bIMG_9346.jpg

往時は忍び様がありませんが、三崎坂上から見下ろした風景。

bIMG_9352.jpg

団子坂上から見下ろした風景。
坂下である現在の千代田線千駄木駅の谷間を経由し、前述の三崎坂へ向かって官軍が進軍していった訳ですな。

本郷通りを右折し暫く左側を歩くと、目指す目赤不動尊へ。

bIMG_9359.jpg

南谷寺の境内脇にこじんまりとしたお堂が建っておりまして、それが目赤不動尊であります。

さぁ、陽の陰りが半端なくなってまいりました。
日没前にせめて目白まで行かないと、今日動いた意味がありません。
陽の光り的には某所でぬことハァハァするにはよい頃合ですがそうも言っていられません。
本当なら予定では三崎坂下にある喫茶「乱歩」で看板猫の良介君にハァハァしながらかうひぃをすする筈だった訳で、もう踏んだり蹴ったりな訳ですが、最低限の計画はこなさねば…。

南北線の本駒込駅からJR駒込駅へ抜けて、大塚駅へ。

bIMG_9360.jpg

悠長な事をしている場合では無いといいつつも、つい撮ってしまうのが元・鉄の性ですな。
で、早稲田行きの電車に乗車して見れば、車内の空気が半端無い。
何故か人体から排出された尿素や、微量の塩素、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン酸などのイオン、クレアチニン、尿酸、アンモニア、ホルモンがないまぜになったものが醗酵したような匂い、平たく言うと誰かがおもらしした後と思われる強烈な匂いに包まれて、残存内部電源が激減するというハプニングに見舞われてしまいました。
もうどうにでもなれ、でもこの匂いがコートにつくのは絶対嫌、と言うのが私の偽らざるあの時の気持ちでしたね。

そんな事どうでもいいです。

何とか日暮れ前の「学習院下」停留所に辿り着き下車します。

bIMG_9363.jpg

なかなか絵になる風景ですな。
で、歩く事数分で目白不動尊に到着です。

bIMG_9364.jpg

画面右の階上にある建物が目指す場所ですな。

参拝を終えて一応は五色不動尊全制覇であります。
制覇した割には駆け足過ぎた為か、達成感より徒労感が強かった訳ですがまぁ仕方ないでしょう。

あと、ちなみに以前参拝した目黒、目青の両不動尊の画像も併せて載せておきます。

bIMG_6911.jpg

目青不動尊は東急世田谷線「三軒茶屋」駅の直ぐ脇にあります。

bIMG_8169_20071227212552.jpg

目黒不動尊は東急目黒線「不動前」駅から北西へ徒歩約15分。

・・・で、江戸五色不動って何?とお思いの方はwikiを基点に調べてみると面白いかもしれません。

まぁそんなこんなでお不動巡りなんて柄にも無い事をやってみた訳ですが、江戸情緒、とまでは行きませんが、現在の六本木や表参道界隈にはない「東京」を味わえて結構興味深かったですな。
次はどういう企画で行こうかしらねぇ?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。