À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年度マリーンズ鴨川キャンプ参加選手に寸評を添えてみる。【投手編】

2008年度の春季キャンプ、今回からは鴨川組の面々を御紹介していこうかと思います。

鴨川・・・遠い・・・。
2008年度鴨川キャンプ参加選手一覧(※コーチ・監督・球団職員等は除く)

【 投 手 】

a070916456.jpg
#13 浅間敬太


故障後、サイドスローに転向してシーズン後半には左のセットアップとして定着した浅間君。
まだまだ不安定な部分がありますが、もう少し左打者の内を突ける投球が出来れば昇格もそう遅く無い時期にあると思うのですが。

bIMG_0184.jpg
#15 柳田将利


画像を見ても判るように腕の柔らかさといい潜在スペックはかなりいいものを持っているはずなのですが、相次ぐ故障と体重管理の失敗、そしてメンタル的な諸問題で完全に出遅れた状態が続いています。
大嶺君・唐川君・黒滝君・末永君とどんどん先を越されていますが、そろそろ大器の片鱗を見せて欲しい所です。

bIMG_1051.jpg
#21 内竜也


本来であれば小林雅が流出した時点で「クローザ?内がいるから別に?」と言うポジションにいなくてはいけないのですが、こちらも度重なる故障とプチ制球難で安定した成績を残せずにいます。
昨季はチーム自体が余りにも勝てなかったので真の登板機会に恵まれなかった、と言う面もありますが、今季はともかく一軍戦線に名を留めない事には。
入団以来次期クローザーは内、と思っているので是非とも頑張って欲しいですな。

bIMG_0879.jpg
#27 古谷拓哉


昨季は野球人生最悪の一年だった筈。
打ち込まれて完全に自分を見失った時期もありました。
しかしながら本来浦和投手陣の中で左腕筆頭は古谷君の筈です。
底があれば後は上がるだけの話ですから、是非とも成瀬を軽く脅かすくらいの存在まで再び這い上がってきて欲しいですね。

bIMG_2540.jpg
#35 三島輝史


ルーキーイヤーのあの球威が次第に戻りつつあるし、緩急も付けられるようになってきました。
しかしながら低めにコントロール出来ないのが目下改善しなければならない最優先課題です。
今年こそストライクが入らないからと直球を苦し紛れに多投せざるを得ない一本調子な投球から脱皮しなければ。

bIMG_0811.jpg
#36 黒滝将人


ルーキーながらシーズン後半には先発ローテをしっかり守り切った黒滝君。
特にこれと言った特徴が無いのに気が付けば抑えている、良く言えば絶対に大崩れしないのが黒滝君の素晴らしい所です。
流石にまだ6イニングス以降苦しくなるようですが、持ち前の制球力に駆け引きを覚えればサンデー晋吾時代の小野投手のような「絶対に自分で試合を壊さない」好投手になると思います。
二年目のジンクスに負けずに日々進化していって欲しい若手有望株です。

aIMG_0125.jpg
#37 林啓介


2006オフにはハワイ・ウィンターリーグに派遣され、期待の程が伺われましたが、特にこれといった登板機会のないまま2年が過ぎました。
今年こそ何らかの形で公式戦の中で実績を挙げて欲しいところ。
私が見た彼の登板機会はおしなべてはっきりと制球難な投球内容だったのですが、そこをどこまで克服できるか、と言うところなのでしょうかね。

aIMG_1183.jpg
#45 松本幸大


左のサイドハンドから活きのいいフォームでドシドシ投げてくるのは確かにジェフ・ウィリアムズぽくって痛快ですが、横系のスライダー以外の攻めが余り見られないことと全体的な制球難に苦しんでいた昨季。
更にシーズン中盤で骨折と言うアクシデントに見舞われてしまい、今季は出直しの年です。
小柄な体から溢れる闘志に、本家のジェフさんのような「右打者も手が出ない」投球術を加えれば、全盛期の河本どころの話じゃないんですがねぇ。
浅間君と松本君、どちらが先に昇格できるか、楽しみであります。

aIMG_2323.jpg
#47 手嶌智


序盤でポカ一発被弾→動揺→持ち直す→被弾→考え込む→被弾、なパターンが多かった昨季。
「弱気は最大の敵」。
広島の炎のストッパー、故・津田恒美投手の座右の銘を手嶌君は肝に銘じて力の限り投げ込んで欲しいのです。
いちいち打たれて登板中に考え込むのではなく、登板後によく考えて次回の登板には絶対に同じミスをしないこと。
前にも書きましたが背番号47は往年のオリオンズの名投手・小山投手の背負った番号です。この大名跡を今年自分のものにして、一軍戦線に殴りこんで下さい。

bIMG_0912.jpg
#53 相原勝幸


昨季後半はクローザーも担当するなど活躍の場を広げつつある相原君。
サイドスローに投げ方を統一して以来ようやく投球に安定感が出てきました。
元がオーバースローな投手なので、サイドスロー的緩急のつけ方とは違う発想で投げていますが、やはり押せ押せな投球以外でなにか交わしたりするものがあれば面白い事になりそうな気がするのですが。

bIMG_2468.jpg
#56 木興拓哉


変則的なフォームを矯正して以来少し調子を崩していましたが、中継ぎとして昨季は調子を戻してきました。
マウンド度胸もあるし、長短イニングをこなせますから面白い存在になるのではないか、そんな期待を今年実現させて欲しいものです。

bIMG_0167.jpg
#66 末永仁志


入団以来その剛球に惚れ込みまくりの自分的にマリーンズ一期待している投手であります。
しかしながら昨季、球速が落ちた上にコントロールの精度も低下してしまい非常に心配しておりました。
あの阪神とのファーム日本選手権で相手チームどころか観客まで度肝を抜かせたあの剛球を是非今季復活させて欲しいし、二軍のクローザー、そしてあわよくばマリーンズのクローザーまで上り詰めて欲しいと思います。
いや冗談抜きで。

aIMG_7750.jpg
#69 江口亮輔


体の柔らかさが特徴の小柄な左腕ですが、余り特徴のなかった昨季からどこまで存在をアピールできるかに期待です。
とりわけ中継ぎ左腕の座は川崎君と高木先生以外空いているに等しい状態なので、今季はチャンスどころの騒ぎでは無い事をよく肝に銘じて頑張って欲しいですね。

この振り分けを見る限り、昨季レギュラーに「一寸見てみたい」選手をプラスした暫定的な振り分けのように私は思います。
別に鴨川スタートであっても、公式戦に入ってしっかり結果を残せば幾らでも上げ下げはありますし、これが最終選考なわけでもありません。
昨季が野手にとっての最大のチャンスであるならば、今季は投手にとっての最大のチャンスです。
こんな得がたいチャンスなんてどこの球団を見回してもそうそうありません。
チャンスをモノにするもしないも自分次第、精進あるのみですよ。
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。