À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
03 | 2017/04 | 05
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コールドケース on AXN

米CBS「COLD CASE」公式

先程、CSIシリーズなどでおなじみのジェリー・ブラッカイマー製作の新シリーズ「コールドケース」を視聴し終わって、今「ぽてまよ」を見ながらこれを書いている。ぐちゅ子かわいいよぐちゅ子。


作品についての説明はwikiがまぁ上手く纏まっているので引用してみる。

特別なエピソード以外は一話完結タイプであり、作品は主に以下の順序で進む。
事件前の被害者とその周辺の様子。
事件が発生。被害者の死体と、解決されないまま箱に詰められた捜査資料が、未解決事件の棚へと移される。
現在。とあるきっかけで事件が動き出し、再捜査が開始。(⇒オープニングクレジット)
事件の再捜査。主に関係者の聞き込みで進む。関係者の証言(回想)を通じて当時の様子がヒット曲と共に描かれる。
事件が解決(クロージングシーン)。当時の音楽をバックに、事件の当時者たちのその後が数分間のシーンに描かれる。(⇒エンドクレジット)

関係者との対面時、現在の関係者の姿から当時の関係者の姿へとフラッシュバックするシーンが挿入される。クロージングシーンでも同じくフラッシュバックが登場する。解決後は現代の登場人物(大抵はリリー)が不意に現れる事件の被害者と視線を合わせているように見える一種幻想的なシーンで番組は終了する。

事件が起こった当時の懐メロを数多く使用してノスタルジックな雰囲気を醸し出す演出は高い評判を呼んでおり、番組のアイコンともなっている。第2シーズンの「ボス」と「ナイフ」はそれぞれジョニー・キャッシュとジョン・メレンキャンプの楽曲が全編に渡り使用されて話題となった。但しあらゆるヒット曲を贅沢に使っているために、著作権の問題でDVD化が難しくなっていると言われており、シーズンを重ねているにも関わらず未だにDVD発売は無い状態である。

劇中BGMの他にビジュアルにも定評があり、回想シーンでは現在のシーンとの差別化を図るため、意図的に画面の色調などを変え、当時の雰囲気を出すため、美術セットや衣装・メイク・ヘアなどにも気が配られるなど、回想シーンは現在のシーンよりも格段に凝った映像となっている。エピソードや描かれる時代によってもそれぞれ演出は変わり、白黒やセピア調、中にはホームビデオで撮られた様な粗い画質に加工されているエピソードもある。その上で更に当時の流行歌をバックに流すことによってその雰囲気をより一層高めている。

各エピソードは古い事件とその背景を描く故に、当時の社会情勢がテーマとなることがある。人種・同性愛などの差別問題、エイズ、赤狩りなどがテーマとなった回や、アメリカで起こった実際の未解決事件を模した話などもある。また、当時の流行もふんだんに取り入れ、第1シーズンの「ダンス・パートナー」は『サタデー・ナイト・フィーバー』、第2シーズンの「リング」は『ロッキー』がモチーフとなっている。第2シーズンの「制服」では『ロッキー・ホラー・ショー』を背景にし、観客参加型映画が上映される館内の様子を再現、映画の本編映像や劇中で歌われたミュージカル楽曲を、エピソードの全編に渡って使用した。

あくまで未解決事件を描く作品であるため、近年の事件が対象となる場合もある。第2シーズンの第1話「バッドランズ」は主人公のリリーが未解決事件担当になる前の最後の事件(第1回の冒頭に登場)が、1年前の未解決事件として再捜査される。

事件以外にも主要登場人物のバックグラウンドも描かれている。


嫁はこの独特なコロコロフラッシュバックする演出にやや付いて行けなかった模様なのだが、ここら辺は好き嫌いがはっきり分かれるかもしれんね。

で、この「コールドケース」、以前WOWOWでチラ見して興味を持っていたのだが、今年の正月にAXNでやった字幕版一挙放送に何故か知らんがどうにもなじめず、今日から始まる吹き替え版に一縷の期待を掛けて視聴の運びとなった訳だが、このパイロット版(日本的にいう所の第一話)を見る限り、とにかく田中敦子さん好きな自分的には視聴継続、ですかの。
すっかり黒薔薇の小太刀草薙素子田中敦子さんの芝居になってますな。

実際に演じている主役・リリー・ラッシュ役のキャスリン・モリスさんは声がもっと低くてかつラブリーと言うなかなか得難いキャラな訳なのだが、これを田中さんはものの見事に自分が作り上げたキャラに作り変えてしまっているのは流石と言うべきか。
これは冬のソナタを爆発的な韓流オバ(自粛)人気ドラマにまで押し上げた田中美里さんと感覚が似ているのだが、言葉では上手く表現できてないな。

・・・でもこれ、パイロット版だからキャラ設定も変わるだろうし、実際のシーズン内のエピはどうなるんだろうな。
スポンサーサイト

テーマ:★海外ドラマ★
ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。