À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
03 | 2017/04 | 05
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて、河井継之助。

何度か以前に取り上げた事があるけれども、今日たまたまNHKで取り上げられていたので、久々に河井継之助の話でも。

※彼自身のエピについては、以下を御一読くだされたく。

・wikiペディア「河井継之助」の項目
・司馬遼太郎「峠 (上巻) (新潮文庫)」←※尼に飛びます


改めて思うのだけれども、彼が譜代の小藩の出身でなければ、北信越戦役の際、北陸口の攻め手に大西郷がいれば・・・と思うことしきりでありますな。

長州にいれば・・・なんて考えてみたけれども、執政級の位置にいれば第一次長州征伐の際に詰め腹を切らされただろうし、下級武士の出であればそもそも彼を形作った山田方谷との出会いもなかった訳だし。
ただ歴史マニア的には村田蔵六さんと肩を並べて進軍する河井継之助の姿を想像せずにはいられない訳でありまして、人の運と言うのは如何ともし難いですな。

藩主を主体とした武装中立公国と位置づけ、元幕閣であった譜代の立場と、親藩である會津、引いては奥羽列藩同盟との兼ね合いを何故小千谷談判の際に土佐の若造が意を汲まずに握りつぶしたのか。悔やまれてならない痛恨事ですな。
(山県有朋は後に不快感を表し、それが引いては官軍側の予想外な苦戦と言う結果になる訳だが)

彼が自らをこしぬけと嘲り越えていった八十里越えは点線国道・国道289号で車で超える事はまだ出来ない(工事中)訳ですが、これを見て改めて戊辰戦争の足跡を走破してみたくなった事よ。
ただ国道ならぬ「酷道」サイトの八十里越えの様子を見る限り、生半可な覚悟では走破出来なさそうな予感がしますな。なんたって元は主要街道であったとは言え、今は廃れた正真正銘の登山道、補給施設皆無ですからねぇ。

そういえば北越戦争の際、私がもう一人好きな人物・元桑名藩・立見鑑三郎も闘っていたのでしたな。
この人は鳥羽・伏見から宇都宮・長岡・會津・庄内と散々官軍を悩ませた勇将ですな。
どうしても土方歳三の方へ眼が行きがちですが、こういう人物も旧幕府側にいたのだという事も忘れてはなりますまい。

中村彰彦さんの取り上げる素材は結構面白いです。
こちらも図書館辺りでお探しの上、是非一読を。

闘将伝―小説 立見鑑三郎
中村 彰彦
角川書店 (1998/01)
売り上げランキング: 254227

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。