À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
05 | 2017/06 | 07
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南海岸でブルーシールアイスを食す。

cIMG_4514.jpg

前々から通りかかる際に寄ってみたいと思ってはいたものの、この附近名物の大渋滞のお陰でなかなか立ち寄れなかったお店があります。
以前日記でも取り上げましたが、From沖縄のアイスクリーム「ブルーシールアイス」の直営店に先日行って参りましたので、さっくりと御紹介。
cIMG_4515.jpg

位置的には国道134号線を走行中、腰越漁協の看板が見えたら道路挟んで反対側に大きな看板(画像上)があるのでそこでありますな。

cIMG_4516.jpg

とにかく土休日鎌倉から134号線でこちらへ向かう際には、長谷から腰越まで抜け道が無いので覚悟が必要です。店を出た後も後でまた大変なわけですが。
時間的にオフピークで時期も時期だっただけに余裕で今回入れたわけですが、素直に江ノ電で腰越まで行って歩いていった方が楽かもしれません。

cIMG_4513.jpg

ラインアップはかなりのもの。
そこら辺の仕組みはハーゲンダッツの路面店とそう変わりありません。
あっしはなんでわざわざブルーシールまで来といて、とツッコミ覚悟でオレンジシャーベットをチョイス。
嫁は好物の黒糖をチョイス。正直ハーゲンの黒糖カップより数段美味い、との事。

オキナワンテイストを味わいたくともなかなか・・・という方は、直営店でなければ取り扱う店舗が他にあるようなのでチェックしてみてください。

ブルーシール アイスクリーム(公式)

どうせ夏になりゃ嫌でも混みますし、車で突っ込むのも面倒なので、行くなら今が狙い目っすよ。


○ M A P ○

〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越2-10-15

大きな地図で見る

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。