À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻花咲く前に育成選手の花が咲きそうです@浦和

080317FT-MatUrawa.gif

5年前の自分と10年前の自分と15年前の自分をそれぞれ召還した、とします。
この3人に今日の浦和で起こった風景を見て貰ったらどう回答するでしょうか?

5年前の自分「ようやくマリーンズもチーム育成に目処がたってきたんだね!」
10年前の自分「何このドラ1だらけのチームは?で、何で3桁?背番号足りないの?」
15年前の自分「レギュラー選手が何で3桁の背番号つけてるの?」

かなり大袈裟に書いてしまいましたが、どのみち三人が三人眼の前に拡がる風景を信じてくれない事はまず請け合いでしょう。
そんなこんなでドラフト組+育成選手祭りの模様をダイジェストで。
cIMG_4885.jpg

マリーンズ先発は小野晋吾。いきなり反則です。
が、何故か先頭打者の初球をいきなり安打されるなどイマイチな内容。
しかしながら、初回は左安→牽制刺殺→四球→牽制刺殺→三ゴという滅多にお目にかかれない内容でした。流石に一軍選手、子供の手を捻るようなものでしたが、ちとリードが大きかったかな?
3回まで毎回先頭打者を出しながらしっかり抑える辺り、調整登板としては充分すぎる内容です罠。

cIMG_4944.jpg

2番手に登場したのは調整遅れで二軍スタートが確定した川崎君。
やはりまだ細かいコントロールが出来ていないのか、フューチャーズ相手に苦戦していました。
降板後もブルペンでみっちりフォームチェックをしていましたが、直ぐに上、はどうなんでしょうね。

cIMG_4969.jpg

3番手は柳田君。
課題の変化球を中心に投げているように思われたのですが、球を置きに行っているようにみえると言えばいいのか、指をうまく切れていないというか・・・。
チェンジアップともカーブとも付かないその変化球を2球投げて軽く追い込みながら2-1から先頭打者に左安、投ゴロの処理を焦って一塁へ悪送球で野選、続く打者が甘い前述の緩い変化球をこすってくれて遊飛、な時点で替えられてしまいました。
正直、こういう非公式戦、いわば格下相手にしっかり投げてこそ・・・という感がしないでもないですが、もっともっと奮起して欲しい所ですね。

さぁ、ここから新人投手たちの奪三振ショーがはじまります。

cIMG_4979.jpg

柳田君の降板を受けて登場したのは、おじちゃんが先日べた褒めした阿部君。
ランナー1・2塁の状況下でいきなり先頭打者を3球で見逃し三振。
しかもアウトロー真っ直ぐ。痺れますね。
続く打者も軽く投ゴロで投了。
いやはや、末恐ろしい。つーか、二軍主力級、それ以上を相手に投げている所を見て見たいですな。

cIMG_5041.jpg

次のイニングからは植松君が登場しました。
先日見たかずさマジック戦の時以上に安定した投球。そして球が速い。
今までいろんな「左の本格派」という評判のルーキーを耳にしてきましたが、正真正銘評判に偽りなしの高速左腕ですね。
籾山君に浴びたレフトフェンス手前への大飛球はヒヤリとしましたが、これはご愛嬌ですか?

cIMG_5053.jpg

次のイニングは育成選手の池田君の登板です。
おじちゃん、一目で惚れました。
一番判りやすいイメージは元・巨人の水野雄仁投手ですね。
テンポ良い投球間隔でドシドシ重くて走る速球を投げ込むその様は痛快です。
それでいてコントロールがいい。
数年前のマリーンズ社会人ドラフトの上位投手以上ですよ、まだ入ったばっかりなのに。
一軍の中継ぎで痛快な投球でマリンスタジアムのライトスタンドを痺れさせてやってください。

cIMG_5067.jpg

更に剛球投手が続きます。
小林憲君も先日とは違いきっちりストライク先行の火の玉ピッチで、同じ育成選手や支配下選手相手に手も足も出させない投球をみせます。

正直この子達がきっちり体を仕上げて課題をクリアしたら、あっという間に支配下選手どころか一軍出場登録選手まで軽く行ってしまうのではないでしょうか?
ドラフト組の高評価は以前から騒がれていた事とは言え、正直これだけ高レベルの育成選手達を支配下に置けないのは歯痒過ぎます。
何とかならないか、と思いつつ、まだこの上に先発6本柱に外国人に大社ルーキーにコミさん高木さんに荻野君・・・。

これはなんと言う投手王国ですか?

cIMG_5097.jpg

更に先日炎上したとかいう話の江口君が登板です。
ちゃんと決まる時は昨年と比較にならない切れと重さのある球を投げるのですが、そうで無いすっぽ抜けの球との落差がはっきりとしているのが課題、というかまだ新しい投法が身についてないのかな?と言う気がしないでもない訳ですが、そこんとこどうなんでしょう?

cIMG_5119.jpg

締めは田村君。
追い込んだ後の暴投が振り逃げとなり、更に二塁打を浴びますが、なんとか抑え切りました。
田村君の場合はきっちり打たせて取る投球が身上のようですね。
今日の先発・小野投手の投球が彼の眼にどう映ったのか、気になるところです。

打者で特筆すべきは角中君と白川君でしょう。

cIMG_5001.jpg

角中君は今日3打点。流石四国ILのパイオニア、後輩たちの前で先輩としての格を見せ付けました。
ちなみに、彼の後ろで見守っているのはこの日フューチャーズ担当だった古賀ヘッドと平井前コーチでした。試合前練習のフューチャーズ選手相手のノックを見ていて思ったのですが、古賀さんは本当に育てる、と言うか教えるのが好きなのですね。

cIMG_4828.jpg

白川君は猛打賞&2盗塁と気を吐きました。
守備がややもたついているように見えなくもなかったのですが、まぁ好守共に両軍の育成選手のレベルを軽く超えているような印象を受けましたな。
とにかく今日出場した面子を、ある程度一軍当落選級の戦力と当たるところを是非見たいですね。
改めて、マリーンズ・スカウティングスタッフの眼力と努力に頭が下がる思いですね。

ちょっと長くなったので、次回のエントリに相手チームとか、ついにベールを脱いだ育成選手たちや浦和の大砲・ワンダー定坊辺りのお話を分けさせていただきます。
よろしくどうぞ。
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。