À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

櫻花咲く前に育成選手の花が咲きそうです@浦和・その2

cIMG_5126.jpg

さてこのエントリでは、対フューチャーズ戦で前回書ききれなかった部分をお届けいたします。
多分にマリーンズ選手中心のお話になる事を予め御了承ください。
①初めて見る大谷君。
cIMG_4954.jpg

まだまだ荒削りながらなかなかどうして。
この日は1安打1打点1三振1併殺。
イメージしていた大砲系な打撃、というよりコンパクト&シュアな打撃な印象を受けました。
まだまだ時間が掛かるかもしれませんが、活きのよさは太鼓判ですよ奥さん。
この1年で何処まで成長できるか楽しみですね。

②今日は主戦捕手、な宮本君。
cIMG_4759.jpg

入団していきなり小野晋吾を試合でリードできた、というのは彼にとって良い経験だったのではないでしょうか。
最終回に田村君の暴投を後ろに逸らしてしまい振り逃げにしてしまったのが残念ですが、かなり強気なリードに終始していたように思います。
但し、これからどんどん相手がレベルアップしていけば、自分の予想を上回る打撃をしてくる打者もわんさか出てくるわけで、強気リードの師匠である里崎君も同じチームにいますし、他チームの主戦捕手、それに一軍のテレビ中継の中でも得られるものは数数多あると思います。
打撃でも1安打1打点。四国ILでの経験と、これから次々と現れるライバルや大先輩に引けを取らない良い捕手へ育って欲しいものです。

③今日投げたフューチャーズの選手達。

cIMG_4818.jpg

フューチャーズ先発は日本ハムのダース。
先日の鎌ケ谷もそうでしたが、打者一巡を過ぎたところで踏ん張りが利かないようです。
ただ、潜在的素質の高さは見ているだけでも伝わってきます。
時間は掛かるかもしれませんが大切に育てていけば、ダルビッシュ級のエース格な投手になるのではないでしょうか。

cIMG_4945.jpg

2番手は巨人の鈴木誠投手。
変則左腕投手好きな巨人向けの投手ですな。
ただ失策から連続四球、失策から連続死球と精神的な動揺があったのでしょうか、やや不本意な結果に終わってしまったようです。
役割的には一軍投手陣の中で特に必要とされるポジションのはずですから、もっと強気に投げ込める事が出来れば面白い存在になるのではないでしょうか。

3番手はホークスから巨人の育成選手として獲得された川口投手。
すみません、何故か撮影するのを失念していました。
正直何故ホークスが僅か2年で彼をリリースしたのか良く判りません。
内容も良いですし、今日の浦和の面子相手に1失点とは言え無安打ピッチング。
二軍でなら現状普通にやっていける投手だと思いますが・・・?

cIMG_5071.jpg

4番手は湘南の橋本投手。
選手名鑑でも被安打の多さを指摘されているようですが、この日の登板もどうやらその通りだったようです。安打→ボークで二塁進塁→見逃し三振→左安→遊併と不安定でした。

cIMG_5099.jpg

締めは西武の田中靖洋投手。
御存知、田中良平君の弟君であります。
お兄ちゃん譲り?の速球を武器にグイグイ投げてくるのが身上ですが、この日はボールが先行して自分で自分の投球を苦しめてしまう結果になってしまいました。
入団当初の良平君に似ているっちゃぁ、似ていますね。

④今日の定坊。
今日は三塁守備で先発出場した定坊。
cIMG_4702.jpg

三塁守備はちょっと緩慢な動きながら、それを強肩でカバーする形で均衡を保っている感じです。
グラブで弾いても慌てず的確に一塁へ送球してアウトも取りましたし、まぁもう少し(怪我をしない程度に)アグレッシブな守備が出来るようになれば、青野君が昇格しても三塁のポジションも射程圏内なのでは?
守備がうまくいくとグラブをパン・パンと自信たっぷりに叩く辺り、やはり彼はラブリーエンジェルです。

cIMG_4893.jpg

一方、打撃では散々だった定坊。
第一打席では御覧のようにダースにバットをへし折られた上に打球がフェアゾーンに転がってしまい三ゴロ、2打席は先に追い込まれるも四球で出塁しますが、続く第三打席、二死満塁の場面でいい当たりのライナーを右中間に飛ばしますが、跳びすぎて右直に終り、打点の機会を逃します。
第四打席は走者二塁の場面から見逃し三振。読み違いでしょうか。
以前のようなつい手を出す打撃をしなくなったのは成長の証。
相手バッテリーとの駆け引きにもっと情熱を燃やせば、おいやん越えはもう直ぐですよ。

⑤今日のベニーさん。

cIMG_4991.jpg

犠飛による1打点と、ボッテボテのゴロを全力疾走の末に悪送球を誘った出塁が1。
最低限の仕事をしているように見えますが、見るからに太め残りで「もうひとたたきひつようですね」とふひさわ調教師辺りからコメントが出そうな何このダビスタ?な状態なベニーさん。
もっと暑くなって体が絞れば普通に打ちまくると思ってるのでまぁ心配ないのでは?

⑥ゴウゴウ オオツカアキラ

cIMG_4824.jpg

私と言う身がありながら大塚明ラブな私の嫁が、この写真を見て一言。

「腰痛いのにこのポーズして大丈夫なの?」

・・・大丈夫なんでしょう、1番中堅で先発出場してますからね。
2打席のみの出場でしたが、表面的に見る限り復帰に向けて支障は無さそうです。

⑥がんばれ新里君。

cIMG_4721.jpg

いつも見ていて不思議に思うのですが、新里君はいつも何かに達観しているように見えるのです。
慣れないセカンド守備もそつなくこなすし、表情にも意思を感じるのに何故か達観しているように見える。
自分の可能性をもっと信じてもっともっとアグレッシブに行けば、田中雅彦君が今トライしているポジションへ、新里君は軽くステージアップできると私は思っているのですが。

「Be aggressive, Be a winner, Believe!」ですよ新里君。

ボビーが1995年に残したチームスローガンですけどね。
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。