À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NCIS・第3シーズン到来ですよ!(追加・リンク訂正)

もう地上波よりCSの海外ドラマか時代劇かスポーツ三昧な今日この頃、如何お過ごしでしょうか?
ところでこのたび、犯罪捜査+科学捜査+吉本新喜劇=シリアス&クール&大爆笑、なテレビシリーズがCS・FOXチャンネルに帰って参りましたので御紹介。

「NCIS-ネイビー犯罪捜査班」。
スーパードラマTV!で放映中の「JAG(犯罪捜査官ネイビーファイル)」からスピンオフした形の作品ですが、当初皆さん御存知の科学捜査ドラマの草分け・「CSI」シリーズを意識して作られた筈が、出演者のキャラクターと色付けが濃厚すぎて「犯罪捜査をしながら漫才を繰り広げる壮大なネタ番組」と変化して全米の人気を博し、本家アメリカでは第5シーズンまで今の所続いているという作品であります。
現在も0800時と2000時にシーズン2の再放送をやってますが、今回ご紹介のシーズン3の初回放送は3/27【木】2200時ですよ、って今日じゃん。

NCIS公式(米CBS)
Wikiペディア(英語)

いきなり第三シーズン?訳わかんねぇよ!、とお嘆きのアナタ、ご安心ください。
基本的に一話完結、どっからでも入れて2・3話見れば大体のキャストの色付けが判るのがアメドラの面白さでありますよ。
現在のところ日本版Wikiペディアの記述が無いので、ここは予備知識として第二シーズンまでのキャストをアンサイクロペディア風におさらいしておきますので、もうこちらを御覧になっている奇特な紳士淑女の皆様でも完璧視聴オッケーイ、ですよ。

その前にシーズン2後半のOPがあったので貼っておきます。
欽ちゃん走りのディノッソに注目です。

特別捜査官「リロイ・ジェスロ・ギブス(マーク・ハーモン

元・海兵隊軍曹。チームのリーダー。そして主役。シブくてアツい男前。
ダウンタウン・浜田雅級の叩きツッコミとくだらないボケには沈黙で応える徹底的な合理主義とゴリ押し捜査と乱暴この上ない運転が身上。プライベート、特に女性関係が謎過ぎ。
度重なる部下のコントやネタの暴走やすかしには沈黙と「クビにするぞ」で応酬する辺り、一見恐怖政治を強いているように見えなくもないが、その実、二癖も十癖もある部下を結構愛していたりする。

特別捜査官「アンソニー・”トニー”・ディノッゾ」(マイケル・ウェザリー

探偵レミントン・スティール時代のピアース・ブロスナンを彷彿させる色男に一見見えるが、おにゃのこ大好き、ナンパ大好き、シモネタ大好き、セクハラ大好き、後輩君イジリ大好き、自爆系ボケ大好き、そして何よりお馬鹿上等などこからどうみても三枚目な元・刑事。
この番組のお笑い担当。彼がいなければただの冷徹な刑事ドラマになるところだった、つーか、第5シーズンまで続く人気番組にはならなかっただろう。
シーズン2ではバイオテロなハートのシールが貼られた封筒を自分宛のラブレターと強硬に主張して開封、息を吹きかけた瞬間見事にNCISオフィスを細菌感染させ、自らも死ぬ寸前に陥ったという苦い過去を教訓とする為に、以後のOPクレジットではその時の模様が以下自粛。
ちょっとドジッ子属性。

特別捜査官「ケイトリン・”ケイト”・トッド」(サーシャ・アレクサンダー

ディノッソのセクハラ攻撃への応酬が既に漫才と化している元シークレット・サービスの女性捜査官。
事実上の紅一点(後述)であり、殆ど唯一の常識人。
シーズン2に入るともはやディノッソとの夫婦漫才の相方と化し、ギブスとのボケツッコミ・トライアングルの三国時代を形成するが、シーズン2最終回終了10秒前に突如テロリストの放つ銃弾に眉間を打ち抜かれ殉職。
余りにも予想外すぎて終了後しばらく声がでなかった位の衝撃だったが、新シーズン(今回)に新たなディノッソの犠牲者が提供される模様。

分析官「アビゲイル・”アビー”シュート」(ポーリー・ペレット)

CSIシリーズで言う「ラボ部門」を一手に引き受けるパンクでビュンビュンブッ飛び系なツインテール。
首の後ろに蜘蛛の巣が張られているが、これは刺青である。
独特なセンスを持ち、時には出演者はおろか視聴者までドン引きさせる協力な魔力を持つ。
片時も特大サイズのドリンクを放さず、ギブスにどうまわりくどく説明できるかを考えているが、大概ギブスの沈黙に阻止されているのが現状である。
ボケを超越したブッ飛び具合にディノッソすらいじれないのは全盛期の吉本新喜劇における吉田ヒロを彷彿とさせる。
それさえ除けば極めて有能かつ万能な化学分析官。パイロット版は黒歴史。

検視官「ドナルド・“ダッキー”・マラード」(デビッド・マッカラム)

『0011ナポレオン・ソロ』(The Man from U.N.C.L.E.)でのイリヤ・クリヤキン役の人、と言えばお分かりの方も多いのでは。
時々しょーも無い薀蓄とブラック・ユーモアを垂れてギブスを閉口させ、検死中の死体にブツブツ話しかけてアシスタントにドン引きされる変人・奇人・だから何?系なマッド・ドクター。

特別捜査官「ティモシー・”ティム”・マクギー」(Sean Murray

ややヲタ気味の新米捜査官。GPS解析とかハッキングとかコンピュータを使った捜査が得意。
何故かアビーとウマが合う。やっぱどっかおかしい。
とっぽいおぼっちゃん風なお顔立ちだが、事実少し抜けがあるので、そこをディノッソたちに突っ込まれ、いじられて今日に至る。
救いようのないボケ役のディノッソを補完する癒し系天然ボケキャラ。でも頭はいい。


とにかくFOXチャンネル見られるスカパー!&CATV派な皆様、今日はマリーンズ戦も無いので是非一度御視聴あるべし。
何?これだけじゃ判んない?・・・大丈夫、アメドラは理屈じゃないんです。

恐らくシーズン冒頭の2話くらいは、前述したケイトの殉職に伴い、鬼と化したギブスが描かれるのでしょうが、それがひと段落すれば新キャラとの掛け合い漫才が始まる事でしょう。
スポンサーサイト

テーマ:海外ドラマ(欧米)
ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。