À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
05 | 2017/06 | 07
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらの花の咲くころに@戸田

cIMG_7529.jpg

久々のヤクルト戸田球場であります。
先日のジャイアンツ球場もそれはもう綺麗なもんでありましたが、こちらも負けず劣らず綺麗でありました。
一応スコアを付けながら観戦していた・・・筈ですが、抜けが多いので多くを割愛した形でお送り致します。


鴎 000000000|0
燕 00301202X|8

鴎 
●唐川侑己(4回3失点)-手嶌智(1回1失点)-江口(1回2失点)-田村(1回)-池田(1回2失点)

○川島亮(5回)-松岡(1回)-丸山(2回)-上原(1回)-西崎(1回)

本塁打 野口右越2ラン(8回)
盗塁 三輪2(1回・3回)
盗塁死 早坂(3回)
暴投 唐川(3回)

cIMG_7762.jpg

マリーンズ先発は、期待のドラ1ルーキー・唐川君。
徹底的に低めに球を集める投球は既にルーキーのそれではありません。
しかしながら2ストライクまで軽く追い込んでおきながら、三振を向きになって取りに行きたいのか、スライダーが低めに行き過ぎて球数を無駄に消費している感があります。
更に3回、2死2塁から遊撃が突っ込めばギリギリ仕留められる、足の速い三輪選手の当たりを深追いして内野安打にしたところからおかしくなります。
畠山にはボールボールストライクファール、と追い込みながら続く2球を低く投げすぎて四球とし満塁とすると、牧谷への2-1と追い込んだ後のスライダーを暴投、1失点。
更にその牧谷に軽く合わされて右前2点適時打で一挙3失点。
ちょっとメンタルがまだパンとしてないかな?と思ったのですが、続く4回は空振り三振に投直、鮮やかな見逃し三振と目の醒めるような投球。やはりタダモノではありませんね。
唐川君はこの回限り、約70球を投げて代打を出されてしまいました。
課題はやはり追い込んでからの投球術でしょうか。しかし『繰り返し言いますが、唐川君、タダモノではありませんよ。要注目です。

cIMG_7998.jpg

2番手は久々の手嶌君。
以前と較べて見違えるように良くなっているように見えるのですが、実際結果が付いてきていません。
中安 三飛 投犠 右ニ① 右安 一ゴ

特に畠山の右適時二塁打、それに牧谷の右前安打、いずれも軽く運ばれている訳です。
アウトを取った三飛は強風の吹く中フラフラとあがった小飛球を三塁・細谷君が後ろ向きでギリギリ捕ったもので、一ゴは一塁・青松君が横っ飛びで捕ったものです。
一応投げられるまでに戻ってきた、と考えれば納得も行くのですが、彼の持つポテンシャルを考えると「まだまだこんなもんじゃないっしょ?」と敢えて厳しめに。

cIMG_8036.jpg

三番手は江口君。
そもそも手嶌君をもう少し引っ張るつもりでいたように感じるのですが、流れを変える意味で投入したのでしょうか。

cIMG_8038.jpg

しかしながら、先頭の衣川の打席、5級投げた所で突然荘さんとトレーナーさんがマウンドへ。
何が起こったのでしょうか。
何だか判らないまま続投となりますが、結局衣川に左前安打を浴び、そこからストレートの四球を皮切りに犠飛に中前適時打を浴びて2失点。
何とか牽制誘い出しで流れを切りましたが、どうにも後味の悪い登板となりました。

cIMG_8098.jpg

4番手は田村君。
先頭の三輪の微妙なバウンドの二ゴロを「動かざる事山の如し」な二塁・定坊(途中出場)が突っ込みながらランニングスローで対応すればいい所を不動の体制から送球出来ずに内野安打とします。
しかしながら畠山をあっさり遊併殺、牧谷を三ゴで三者凡退。
本当に特徴らしい特徴が見当たらないのですが、気が付けば終っている、といった感じの晋吾的な投手なのかもしれませんね。

cIMG_8127.jpg

5番手は池田君。
活きのいい投球が持ち味ですが先頭の大塚(明ではない)を四球、衣川を一邪飛に仕留めながら野口に右へタイミングドンピタで被弾し2失点。
あんまり駆け引き云々よりも、前に行ったような「水野雄仁的な真っ向勝負」な投手になって欲しいのでまぁ仕方ないか・・・ってちょっと甘過ぎですかね。

打線に関しては・・・こちらは「厳冬カモメ打線」であります。
9安打5四球で無得点。重症です。

cIMG_7720.jpg

スワローズ先発の川島投手の出来が「これがあのガラスのエースか?」と言うくらいの不出来であったにも拘らず悉く繋げられない所で正直微妙です。
ベニー・大塚は昇格、神戸君も何故か居ない、ズレに福浦もきていない状態で今日の面子に厳しく注文をつけるのも酷な気がしないでもないですが・・・。
もう一々書くのも面倒なので、以下、画像のみでお楽しみくださいませ。


cIMG_7572.jpg

cIMG_7573.jpg

cIMG_7623.jpg

cIMG_7723.jpg

cIMG_7733.jpg

cIMG_7737.jpg

cIMG_7747.jpg

cIMG_7785.jpg

cIMG_7797.jpg

cIMG_7801.jpg

cIMG_7813.jpg

cIMG_7822.jpg

cIMG_7931.jpg

cIMG_7944.jpg

cIMG_8058.jpg

cIMG_8174.jpg
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。