À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空を見ろ 光に飢えたそのドームで どこまでもぬこぬこな成瀬よ立ち上がれ@水道橋

得てしてこういう大勝モードの時に限って他出していて試合の詳細がよく判らない訳で。
しかしながら改めて当日のニッカン式スコアを見ていると、「昨日見てくれた人ゴメンナサイ」テイスト満載ですな。
まぁそれを見ながらさくっと愚痴っていきますか。試合勝ってるのに。
檻先発・近藤を無四球にも拘らず5回までに90球以上投げさせて披露させたところで虐殺ショーですか。
晩に見たスポーツニュースでは橋本がインローの直球をドンピシャでスタンドインさせてましたな。
この前後の配球が判らないので何とも言えませんが、普段絶対打たないコースをドンピシャって何か指示が出ていたのでしょうか、その前後のオーティズの打撃といい何かドンピシャ過ぎて気味が悪いのですが。

今日も根元君が好調、早川君も打撃では出来ませんでしたが守備では華麗なスライディングキャッチをしたとか。連日の濱中君のスライディングキャッチで得点機を逸していただけにいい塩梅の「お返し」をするあたり、やはり早川君は侮れませんな。
大松君も敵さんが( ・д・) オオマチュ…と嘆くほどの好調ぶりと聞けばおとうさん涙が出てきます。
後は竹原君・・・なのですが、もう口酸っぱく書いているけれども、引っ張りの意識と「ヒットはホムーランの当たりそこない」的な思考を貫く限り、大村巌レベルにすら辿り着けない不安があります。
更に厳しく言うなら「ラストイヤーのおいやん」クラスにもなれないような気がします。
大松がここ最近長打やホムランを打てるのも、研究をされてそれなりに厳しく責められてもなお打率をそれなりに稼いでいるからで、そこに「長打を打たれると怖いな」という向こうの怯みとこちらの自信があるからこそ今に至っている訳です。
そういう潜在的な怖さと、打席ごとの「ここにさえ放らなければ火傷はしないだろう」的な怖さの違いが大松君と竹原君の差になっているような、そんな気がしますな。

あと今日の成瀬君は与四球数と奪三振数の割りに投球数が多すぎます。
立ち上がりがそれなりに良くなかった結果だとは思うのですが、無理に三振を取りに行かんでも、的な「オトナの投球」ができるようになると、押しも押されもしないパの大エースになれるんですがねぇ。

・・・勝ってるのになにこの愚痴のオンパレード?
・・・べ、別にっ、嬉しくない訳じゃ、ないんだからねっ!
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。