À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛翔いたら戻らないと言って 目指したのは 一つ 白い 勝ち星@福岡

cIMG_9377.jpg
08/04/16 横須賀スタジアムにて。


約1週間前、二軍戦とはいえ予行演習をきっちり見させていただいていたので、今までの高卒ルーキー以上の初登板の時以上のことはしてのけるとは思ってました。(声:佐藤藍子)
しかしおとうさん、試合の始まる12時間前から旨のキドキドが抑えられませんでしたよ。
お前は保護者か、みたいな。そのうちワシが育てたなんて・・・言い出さないんだからっ!

・・・あと、外野席の唐川君のシルエットな大段幕、もう少し(自粛)。
いきなり川崎をボールゾーンに逃げるスライダーで空振り三振。
仲澤を外高目の釣り球で空振り三振。
柴原に上手く左へ流され完全試合を逃したものの、松中をインローボールゾーンのスライダーで空振り三振。
いきなり浅間君の初登板を超えました。しかも無失点どころかアウト全部空振り三振。
浅間君の場合はチーム事情による消去法的なものがありましたからね・・・浅間君早く帰って来い!

で、1回裏を見ておとうさんが正直思ったのはこの一点。

「こ れ が ロ ッ テ の 野 球 か ?」

今のローテ6人の中で頭2つ以上抜けた存在ですがな。
お試しクオリティなんて一瞬でも考えたおとうさんが悪かった。
自分の目を信じろ、と思わずにいられない快刀乱麻なピッチング。
決め球のスライダーにカウントを軽く取れる縦のカーブにタイミングを外すチェンジアップ。
どれも高卒ペーペーのそれではありません。

・・・その中で、やはりロッテ野球は全開でありました。
援護なしでいきなりプロ初登板を投げ抜けと言う野手協定が早くも発動。
唐川君の実力なら大丈夫でしょ?、みたいな。
何と投手に優しくない野手どもでしょうか。
若いうちの苦労は買ってでもしろとは言いますが、余りにも酷い仕打ちです。
まぁ裏返して言うなら「もはや君がエースだ」と暗に認めた、と言う現れですか。
それにしても酷いですな。

打線はネタ抜きに言うと、前回の登板同様大場の投げる球に照準を合わせられない状態が続いています。初回の福浦の打席が露骨でしたな。
特にズレ子氏に春が未だに訪れません。
二軍降格前とマァ変わらぬまま今まで推移して来ましたが、今日に至っても何ら変化がありません。
まぁ昇格の話を聞いた時点で{?」でしたし、昨日のエントリで弾き出した数字も凡庸でしたし。
外の変化球を降らされていらだって高目のボールゾーンを無茶振り。
重症とか言うレベルではありません。
なら横浜が獲る前にP様を呼び返すべきです。少なくとも笑いは取れます。

そんな中、野手協定発動中のかもめーずも流石に罪悪感を感じたのか、4回の橋本のスライダーを見事に打ち返す右越適時二塁打と5回の大場の暴投で何とか2点を唐川君にプレゼント。

さて5回も統領し内・手嶌・大嶺越えすら果たしてしまった唐川君。
6回に入ると流石に鷹さんも仕掛けてきますね。
川崎の技ありの中安にクィックが弱点気味の唐川君の隙を突いて二盗成功で二死二塁。
しかしあっさり仲澤が打ち上げて事もなくこのイニングを終らせてしまいます。
ここまで唐川君は80球を投げて3安打6奪三振、しかも無四球で無失点です。
これがプロ初登板とは思えない訳ですが。

ただでさえ失点の割にホークスの守備時間が長いというのにこれでは
7回、西岡の一塁線突破の二塁打に続いて早川君の遊ゴロが内野安打に。
ここで大場が降板します。
しかし大場君、間合いの外し方が悪過ぎますね。
4安打8奪三振(4四球)の投球内容と全然かみ合っていないというか、常に無死満塁のような精神状態だったのでしょうか、余りこういう投手をみた事がありませんね。
あれじゃ守る方も辛いし、鷹打線が状態最悪な中攻守のリズムまで乱されれば野手陣もやってられません罠。

ここで登板するのは小椋。
福浦はここで左前にポテム安打で満塁とします。
ここで追加点を挙げてやらないと、正直プロの先輩として恥ずかしいですがな。

しかし、ここで打席には3打席3三振なズレ子さんの姿が。
ここと言うときに一番状態の悪い選手に打順が廻る、という最悪な展開であります。
近めに来ればボール球だろうと何だろうと振りまくってる・・・と思ったら、2-1から小椋のフォークボールが足に当たって押し出し死球で3点目。

小椋は何を考えているのでしょうか?(声:広岡達朗)

若菜さんのもはや投げやりに近い解説が乱舞する中、続く大松の当たりは一ゴロ・・・と思いきや小久保の手前でハイバウンド。ハンドパワーの力に導かれるように打球は一塁線を転々とし更に2点追加。

ここでしびれを切らした王さんは投手交替→藤岡。
一応私も鴎ファンながら、この二日の鷹さんの内容の酷さは敵ながら見ていて辛いものがありますな。
多村のアクシデントに故障離脱者と病み上がりだらけの主力に今日の大場のような筆舌に尽くしがたい酷い投球に後手後手の投手采配。
それにお付き合いしてなかなか点を取らないマリーンズもマリーンズですが。
昔どこか千葉市美浜区美浜近辺で過去数年来散々見て来たような気がしますが、都合の悪い事は忘れる主義なのでまぁいいか。

オーティズは何球もホームランボールを引っ掛けたり引っ張りすぎてファゥルにしたりしながらフルカウントとしながらも結局ボール球を空振り三振→大松ニ盗失敗で攻撃終了。

とてもじゃないが5-0で勝っている様には見えませんし、唐川君がここまで好投しなければ多分チャンネル変えてしまうようなgdgdな展開には呆れかえるばかりですな。

あやまれ!からかわくんにあやまれ!【AA略】

さて、ここまで来ると唯一の視聴目的が「唐川君が完封するか否か」、この一点にかかってくるわけでありますよ奥さん。

7回に入り流石にボールが抜け始めてきました。
先頭の柴原にボールが抜けまくり、フルカウントまで行きながらも四球で無死一塁。
松中には初球甘く入りましたが、何故か当たりは詰まって中飛で一死。
小久保の当たりも軌道がヤバス、でありましたが打球が上がらずに左飛で二死。
松田も二球で追い込んで3球で二ゴロ、チェンジ。
これだけ淡々と投げられると、見ているほうまで「恐縮です!」と梨本さん状態ですな。

8回表、橋本の何だかよく分からない空振り三振の後、今江がこれも何だかよく分からないレフトビッチの守備を抜く二塁打で出塁し、大塚が普段どおり・空気を読まない大振りの中フルカウントまで粘りつつも貫禄の遊ゴロ、西岡が初球を打ち上げてチェンジ。
点が入らない割りに延々と続く攻撃。これは唐川君への新たな野手協定発動でしょうか。
こういうのってネクストステージとか卍解とかスーパーサイヤ人とか・・・ってジャンプシステムか、この球団?

さて、流石に無理は避けたか、8回からはシコシコシコシコルスキーさんが登板であります。
唐川君は7回92球、3安打1四球5奪三振無失点。完璧でありますな。

しかしこの試合、唐川君以外の要素において試合のテンポが悪過ぎる訳ですが、ここに来てシコやんが空気を読み始めました。
先頭のレストビッチを見逃し三振、長谷川が一ゴ、山崎の代打・何故か何故かベニーに顔立ちが似ている小斎が三球三振と危なげない投球。
颯爽と小走りにベンチへ帰る姿が愛しくもありますな。

9回表、先頭の早川君が右前に出塁し、2桁安打体制に突入したかもめーず。
しかし福浦が浅い左飛に倒れ、ここで絶不調のズレ子さん。
ここでズレ子さん、ロッテ戦士の証を見せてしまいます。
しょーもない森福の暴投の後にあわやレフトスタンドイン、な適時二塁打。
まさしく帳尻、終りよければ全てよし。
これで試合は6-0。前述しましたがこれは鷹ファンが可愛そうです。
大松はバットを飛ばして空振り三振。
何でしょう、このかみ合わせの悪さは。勝ってるのにイライラする試合もなかなかありません。
この時点で試合開始から3時間が経過したわけですが、気分は拙攻続きの延長12回表を見ているような気分でありますよ。
遠征組の皆さんも中洲で取り置きしてもらっている鉄鍋餃子が冷めちゃいますし、とんこつラーメンが伸びちゃいますし、ビールだって気が抜けてしまいますから気が気ではありますまい。
orz様が凡打に倒れ、ようやくラストイニングですか。

9回裏は根本君が登板。
川崎君が安打にタッチアップ二塁親塁と孤軍奮闘しますが、それがやっと松中を奮起させたか、鷹さんは27イニングで無得点がストップしてしまいました。
地球と敵さんに優しいかもめーず、もう環境破壊打線とは言わせない、といったところでしょうか。
まぁ9回裏は結局1失点でフィニッシュですた。
唐川君がベンチで「何してるんだろう?」みたいな眼をしてましたが、これがかもめーずの真の姿ですよ唐川君、いい勉強になりましたなorz


・・・ようやくgdgdな試合が終りましたので気分を改めて。
唐川君プロ初先発初勝利、本当におめでとう!
こんな投手に優しくないチームだけど、一つでも多くの白星を自分の手で掴み取って、球史に残る大投手になっちゃってください。
そして同期のコ達もどんどん続いて行ってください。
真の「マリーンズ・レボリューション21」はあなたたちの手で、開かれるべきものだから。
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。