À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
03 | 2017/04 | 05
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(42/8)。しなはいなのめとりと

タリラーン、真っ赤なごーりーん。(唄:嘉門達郎辺りで脳内補完願います)

終っちまいましたな。
水泳とソフト位しか盛り上がる事も無く。
メディア(笑)が無理矢理ストーリ仕立てにしたり無理矢理話を作ろうとするから余計、その展開をスカした時のつまらなさ加減がkskする訳で、正直んhk以外放映すんな、五輪。
そのんhkもそういった風潮に最近毒され加減ですがね。
もうそうなったら、テレビは終了のお知らせですよ奥さん。
んhkはラジオ第一のラジオ深夜便しか良心が無くなってしまいそうで怖いです。

で。

あちこちで星野批判から何から渦巻いているようですね。

正直「選考する監督以下首脳陣」も悪いし、「こんなトップに選ばれて召集させられた選手達が可哀想」だし、「正直短期決戦というものが本質的に理解してない選手・監督・コーチだらけの野球大会」だった、というのが私の感想です。
G・G佐藤にいきなり左翼やらせるなんて、浦和で定坊に左翼守らせるのとは訳が違うんですよ。何故かあの瞬間喜多の顔が脳裏に浮かびましたが、最近「和歌山みかん100%」なるみかんジュースをみていつもおいやんを思い出す程度の知能なのでまぁ、どうでもいいことですねすみません。

・・・でもね。

例の「みすたあ」が病に倒れなければ、「Nジャパン(笑)」だった訳でしょ、このチーム。
546+455なあの人も「みすたあ」の志を継ぐ、みたいな感じで出てきて、現に五輪直前に別に出てこなくてもいいのに出てきたでしょ、あの人。
アテネ五輪のコーチ以下のあの体たらく、覚えてますか。
要はその「546+455ジャパン(笑)」はこの「Nジャパン(笑)」の夢の続き、平たく言えば「亡霊、もしくは幻影」に付き纏われたチームな訳ですよ。
そりゃ勝てないっての。

まぁそこら辺の首脳陣を選ぶにはスポンサー・広告代理店・メディア等々の政治的意向も多々あったでしょう、何せそもそもが「Nジャパン(笑)」な訳ですから。
野球はショーであり、ここ一番の視聴率を稼ぎ出すコンテンツ、という意識からついに抜け出せなかったあの「みすたあ」様のチームなのですからねぇ。

WBC日本代表監督にボビーさんが何やらアピールしているとかいないとかいう話を聞きましたが、それこそ3ヶ月ほど所属チームから隔離して、選手全員が「駒」になることに徹する事が出来るならそれはそれでありでしょう。
ただし、今回のような代表選考でボビーがチームを纏め上げる事はまず不可能でしょう。

・・・じゃぁ、誰がやればいいんでしょう?
前回のWBCは、求道者的な王さんやイチさんに宮本のリーダーシップと、控え層の涙ぐましいバックアップあってこそ(それもチームが危機に陥るまで発動しなかった訳ですが)の成功と前のエントリでも触れた、「ネズミ園でスプラッシュ」したメヒコの存在が全てだった訳ですが、今回は、

・「短期決戦」という意味を理解している
・野球について戦略・戦術を持っている
・二言めに精神論・気合を持ち出さない

私は思い切って広岡達朗氏と森祇晶氏を推薦します、それも10年前の。

・・・じゃぁ意味無いじゃんorz

ノムさんがもう10歳若ければ、という感もありますが、案外ヤクルトの高田さんや元監督の若松さんなら予想GUYな活躍を演出してくれるかもしれませんよ。

野球でも何でもスポーツで最近良くありがちな話なのですが、監督なんてのはそもそも「裏から大局的な戦略と局地的な戦術を駆使して選手と試合を作る指揮者」であって、監督の名前が冠につくような「能力の絶対値に関係なく監督の名前だけで全てを物語ろうとする」事しか出来ないチームにロクなチームはないのですよ奥さん?


…やまもと~マリ~ンズ!
(ダンダンダダダン)
やまもと~マリ~ンズ!
(ダンダンダダダン)
こんどぉ~マリ~ンズ!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。