À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
06 | 2017/07 | 08
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとめのないはなし。(1/21)

井口選手がロッテに入団するそうですな。

正直ズレータやロバート・ローズや石井浩郎、果てはマイク仲田やギャオス内藤や津野浩や彼を熱心に応援していたどうみても(自粛)なおっさんが、怒りの余り激高しながら試合終了後東京ドームのレフトスタンドから飛び降りてひと悶着の末警備員さんに取り押さえられたところを目の当たりにしてしまったうーやんこと宇野勝や高橋のヨシヒコさん(現役時代)辺りと同じ匂いがしますが、その昔、彼らが加入する事で「これで冗談抜きにマリーンズが優勝できるところまで来た!」と真剣に思っていた時期もあったわけで、今考えれば本当にオメデタい時期が私にもありましたねぇ。
これらの事象によって、悲しいかな耐性の付いた私は、少なくとも「幸せなマリーンズ(以下自粛)」にはもうなれそうにはありません、本当にありがとうございました。

以下、長い事暇なんだけど微妙に暇でないどころか思考停止寸前まで忙しいけど休みもない今日この頃書き溜めたものをかき集めたものです。
文面に脈絡がないのは、勘弁な。
まぁ考えてみれば彼らに共通して言える事は「数年前の自分に『彼らがロッテに入ったよ!』と伝えたら、確実についにヤキが回った、と一笑に付される」ということでしょうか。
まぁ、2005年の出来事を1996年か1998年の自分に伝えるようなもんですかね。
平たく言えば、「数年前だったら絶対ありえない事が数年後起こった」ということです。

まぁ瀬戸山さんがロッテに来てから確実に故・根本氏以後のダイエーホークス的な流れがロッテに流れ込んでいるわけですが、まさか井口とは。
それならバナザードとかケビン・ミッチェル辺りを臨時打撃コーチにするべきです。

凄かったですね、ケビンミッチェル。
あの開幕戦の衝撃(とその後の別の意味での衝撃)だけは一生忘れられません。

もうこうなったら来季以降のロッテ一軍外野守備走塁コーチは佐々木誠、内野守備コーチは湯上谷、打撃コーチは藤本でバッテリーコーチは香川で投手コーチはゴセージかタネル、日本人なら山内和か加藤伸か井上祐…って井上さんは既にいらっしゃるがな。

話が逸れました。

で、井口さんがロッテに入るそうで。
背番号が6だだそうで。

せ、背番号「6」だとぉぉぉ、許せぬ!

…とは書きません、つーか正直どうでもいいですわ。

まぁ、いつまでも私の心の中で背番号「1(愛甲&南淵&小坂)」と「6(神)」と「7(南淵&ボーリック神)」と「54(ジョミー・マーキス・シンじゃない方の魂のエース)」と「86(脳内終身名誉監督)」は永久欠番ですので正直どうでもよいです。
できればとっとと青野君に付けて欲しかったのですが、現状ではまだ難しいでしょう。

ところで彼は二塁と遊撃がメインでしたっけ。
これは塀内君と根元君と青野君と定岡君と細谷君の二塁守備は「成れてもサブ止まり」と名言したようなもんですわな。
幸一さんの場合は95年から腰痛抱えて状態が悪いはずなのにまだここまで出来ている事に驚嘆するしかないので除外するとして、これは2006年までのドラフト戦略が「失敗したと編成が考えた、またはその現場がその育成を放棄するに至った」とでも考えれば宜しいのでしょうか?
それ以前に浦和の育成が果たして機能したのか、ぬるま湯な雰囲気だけしか結局変わらなかったのか、という話はまた後日お話しするとして、それにしても昨今の高卒ドラフトの早期大量解雇に一軍半の四捨五入で三十路の選手の微妙な温存、とロッテ球団は再び迷走を始めているような気がしてなりません。
仮に井口が日本復帰でバリバリ働いたとしても年齢的に2・3年といったところでしょう。
案外幸一さん級に衰え知らずに幸一さんのように不惑を突破していくのかもしれませんが、2000年代前半から危惧され続けていた「堀(・南淵・五十嵐)以後のセカンド」の「生え抜きの後釜」が育たないのは遺憾であります。
そのためのオーティズであり、ロバート・ロ(以下略)であり、セカンド・サブロ(以下自粛)だったりセカンド・東の澤井だったりしたのでしょうが、それにしてもこの慢性的に極度の一流選手不足にあえぐこのロッテ球団で、5年以上にわたって「未だに幸一さんすら若手が凌げない」のはどうか、と思うわけですよ。

そして井口さんな訳です。

正直何と言う究極な継ぎ接ぎ、と思わんでも無い訳ですが、塀内君が昨年世界のヘイポーとしてココリコ・田中に真夜中の山中で「もう一緒に居るのは嫌だ」と言わしめ…じゃなかった、左の二塁手固定として定着できなかったり、根元君が塀内君同様オーティズのおかげで今ひとつ上で定着できなかったのも原因っちゃぁ原因な訳ですわな。
で、青野君はこれから、と言うときに故障、定坊はむしろ強肩を生かしての左翼起用に適性を見い出し、細谷君は長打を狙いすぎ…となんとも言えない状態な訳で、自分がセゲヲ・ナガスーマか脳内マリーンズ終身名誉監督な彼であれば迷わずFAで石井琢朗を取りに行った事でしょう。

そこで井口さんな訳です。

まぁヘイポーさんは昨年肝心なところで三振が多かったわけですが、井口さんもひと皮剥けるまでは非常に三振の多い打者だったように記憶しています。本塁打は出るが三振も多い、みたいな。
海の向こうでどう変わって帰ってくるのか、こればっかりは公式戦になってからでないとわからないわけで、そう考えると金銭的リスクの高い投資、平たく言うと大博打な気がしないでもないですな。

で。

新外国人を格安で二人獲得したようで。
確か1996年辺りに同じようなことがあってなんか凄いトラウマになっているような気がしますが恐らく気のせいでしょう。
6月までに二人居たはずの外国人が浦和にすら居なくなって、信仰心厚い方とオグリビーっぽい風貌のそこそこ打つ方に変わったような記憶が…ってまぁその辺りの話はマリーンズ人な諸兄に語りつくされているはずなので割愛しまっか。

で。

一人はチェイス・ランビン。
応援歌は安室奈美恵にチャンス・チェイスなんとか、とかいう歌があったのでそれでいいです。


(それだけかよ!)

外国人選手なんて、正直わかんないです。
ジャスティンみたいにある意味神になるのか、ボーリックの如き神へと昇華するのか、イタリアン・バズーカのように夏の夜空に野球の神どころか笑いの神を勧請させるのか、

それは、誰も、知らない。(声:左右田一平)
♪あ~火鉢~ お~れ~の火鉢~



 。・゚・(ノ∀`)・゚・。でんざう~

…一昨年夏から秋にかけての時代劇専門チャンネルとその実況を熱心に見た人しか分からんネタ書いてどないすんねん。

で。

もう一人は、かの「ゲーリー・レイシッチ症候群(単に下r〈自粛〉、とも言う)」の由来にも何ともなっていない、かの中日ドラゴンズの主砲・ゲーリー・レイシッチのあの応援歌にできないものですかね。
昔のロッテクオリティが今の応援団にまだ残ってるなら、是非とも採用して欲しいところですね。

その昔オリックス戦で当時大人気でマリンのライトスタンドの応援団直下にまでオリックスジャージを着たギャルが座って観戦していたあのイチローに対抗して、我らが期待の若武者・大村三郎の打席でイチローの応援歌をまるまる転調させただけの応援歌を演奏した、空気を別の意味で読み過ぎるあの応援団なら、やってくれる筈じゃないかと密かに期待しておりますです。

…長々とどうでもいいことを書いてしまいましたが、とりあえず浦和で会える、ということでおkですk。

もしかしたら今日取り上げた三人が揃って浦和や追浜やよみうりランドや鎌ヶ谷辺りで溌剌プレーしてるかもしれないし、思いがけず春の大田スタジアムや平日の浦和球場でこさっちに期せずして会えるかもしれないし、戸部くんがああなったのは非常に残念ですが、まぁ今年も色々ファームも楽しめる、と言う事なのですかね、と大変他人事のような文章で纏め上げてどうする。

しかし重ねて問いたいが、基礎練習の反復や猛練習とレベルの高低関係なく実戦の試合に数多く出すのと、どちらが選手は育つんでしょうかね。
自分は前者のような気がするんですがねぇ?
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。