À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれでは長谷部が可哀想だ@Kスタ宮城

楽天、というか野村さんは長谷部を何とかしてやりたいんでしょうなぁ。
途中、ベンチで喝を入れる嶋の様子も見られたり、勝ち越し前も何とか踏ん張ってもらいたいと井口相手でも投手を代えませんでしたし。

…結局ロッテが打って、ランナー貯めるだけ溜めて、2得点、みたいな中途半端な攻撃で行き当たりばったりのバットぶん回しヨロヨロな相手に自信を付けさせるどころか結果として余り彼のためにならない野球をしてしまいました。

早いイニングでフルボッコしていればノムさんは激怒したでしょう。
昨日の井口の中飛、な感じであの回も抑え切れたら、今日の小野晋吾の出来が余りにも悪かっただけに、それこそ自信の一つや二つ付けられる展開になったかもしれませんね。

ロッテは「相手に優しい」野球が身上です。
それが牙を向くのは「相手がマジック1」な時か「ノーノー完成5分前」な時だけです。
それすら出来ずに長谷部を中途半端な経験すら付けてあげられなかった、要は胸を貸しているようで実は中途半端な打撃練習みたいな形で胸を貸してもらっていた(ケースバッティングの練習にすらなっていない点ではマリーンズにも責任があるわけですが)のが今日の試合に延々流れ続けていたgdgd感だったのでしょう。

それにしても長谷部君、見るからに優しい顔つきですね。
途中アウトローに徹底して投げ込み始めて上手く決まっていたのですが、4点目を取られる直前で球がすっぽ抜け始めたのが致命傷に繋がってしまったようです。
投げ方としては昨年の松本君のような、行った行ったで変則的なフォームだけどタイミングは合わせやすい、といった典型的な「ドラフトマニアの評価は高いけど一軍では単調すぎて云々」な投手のように思いました。
二軍戦を見る機会が最近多かったので、意外とこういう「勿体無い投手」というのはどうもワタクシ好きでございまして、敵ながら妙に気になる存在であります。
同じくノムさんが匙を投げた一場はノーコンなだけで、後の投手としての要素が揃っている訳ですが、長谷部君はどうも矯正点がはっきりしているのに、結果自分の心のありようが原因のために治しようがないように思えます。
こういう投手が五年後位に浦和の三塁側ブルペンでお会いできそうな予感で満ち満ちているのは私だけなんでしょうか。

何だか相手サンの話ばっかりになってしまいましたな。
まぁ竹原猛打賞は、やはり長谷部が「二軍にはゴロゴロいそうな典型的な行った行ったの投手」だったからでしょうか。
それにしては和田を何故打てるのか、についての説明に全然ならないわけですが。

とにかくシーズン前の「拒否反応」を思いっきり振り払うような井口の活躍でかろうじてロッテはどこかの星さんのような事にかろうじてならずに済んでいます、といっても星取表的にはどっこいどっこいだったりするわけですが。
今年は早めにお家騒動をやってしまったので、9月までは落ち着いて野球が出来そうです。
順位が確定した辺り、若しくは低迷を続けて8月後半を迎えた場合、直近の混乱以上のゴシップにスクープにゴタゴタが我等がマリーンズを襲う事でしょう。

我々ロッテファン、そして選手たちに今回の騒動で根本的に欠けていたのはただ一つ、

平常心

でございますな。
紳士なら裸でネクタイで正座、それこそがロッテファンの平常心です。
しかし、くれぐれも東京ミッドタウンの裏の芝生でやってはいけません。
「全裸で何が悪い!」と叫ぶのはせいぜい御家庭で風呂上り、な範囲内までですかねぇ。
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。