À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それは、帳尻のはじまり。@幕張

野球選手には次のパターンがあると、私は思います。

①記録に残る選手
②記憶に残る選手
③数々のプレーがネタや伝説として我々の心に生き続ける選手
④それ以外の平々凡々な以下略

私が好きな選手は勿論③以外の何者でもありません。
④には色々な人間ドラマがありますが、やはり陽の気を帯びたネタには勝てません。

私が思うに、バーナムJr.には今、④から②か③に向かおうとしているように見えます。
私の目には、彼の中に入っている人が日によってボーリック神とジャック・ドワティの日があるように見えてなりません。
ランビンの場合、外見から打撃フォームから何もかもがランディ・レディ(スパイク Ready Go!、とも言う)が乗り移ったような感じにしか見えないわけですが、今日バーナムJr.が打ったあの鮮やかな高速ライナー性の打球がライトスタンド上段まで飛んでいったホームランに、私はボーリックの「影」を見たように思います。

確かにあの回、田中将大が気合を入れすぎた部分があったと思います。

ロッテだろ 普通に投げて 大丈夫

彼は偉大なる赤靴下の先輩がブルガリアの先輩に遺した格言金言を噛み締めるべきでした。

あれ以降、西岡&井口&絶好調なおタケさんがこちらも気合十二分な勢いで繋いでくれたお陰で追加点も入り、お通夜のようだった一塁側ベンチが沸いた訳で、そういう意味では彼・バーナムJr.がボーリックになるか、このままジャック・ドワティのままで終わるかの分岐点になる試合ではなかったかと私は思うのです。
それに引き換え、里崎の絶望的なまでのアバウトすぎるフルスィングはまだ帳尻の息吹を感じませんね。
アレだけアップアップだった福盛に対して何故あんな格下な打撃をするのでしょうか。
しかもカウント1-3から。
彼にはこのTシャツを差し上げましょう。
think baseball

更に9回、こちらも気合が入りすぎた渡辺俊介が山崎を迎えた場面で、次の打席が外国人選手だったら、黒木に対するプリアム的なフラグが立った筈だったのですが、肝心の山崎が併殺に倒れてしまった事と打席に立ったのが宮出だったので助かりましたね。

ま、何だかよく判りませんが何故かここにきて「いい形」でマリーンズが勝ってしまいました。
何気にこの試合、今年のベスト・バウトでしょう。
しかもこの試合が今後の何かへの転機になりそうな予感がするわけですよ奥さん。

ところで今、一塁側のベンチは、ホームベース寄りの

「ヴァレンタイン公国」

と、ベンチ中央から外野寄りの

「ニシオカ共和国」

に分断されているように思えます。
その中の元老院議長、いつも表情をあまり表に出さないホリ・コーイチさんまでが満面の笑みでおタケさんとハイタッチしていた様子をBS12で見ていて、明日以降、9月終盤に至るまでの帳尻の息吹を感じてしまいました。

今ようやっと勢いを取り戻してきた「ニシオカ共和国」、このままクラゲの到来をもって、満を持して真の帳尻、2003年の借金17から、当時の「エカージ朝ヤマモト帝国(※)」の歴戦の武将・イノウエ・ジュンとホリ・コーイチの大攻勢と7打席連続代打安打を放ったハツシバ・キヨシ(神へと昇華する直前の初芝清、とも言う)の大活躍で借金1までいったあの勢いすら凌駕する、記憶に残るどころか歴史に残る、メイクドラマもびっくりな大逆転優勝を敢えてここから狙って欲しいのです。

幸いな事に今はプレーオフという最凶な凶器があります。

そして勝ち抜いて、日本一になって、勝利監督インタビューで我が功名のように語るヴァレンタイン公爵のマイクを奪い取って、共和国大統領ニシオカ・ツヨシの

「だ・か・ら・これは俺達が、掴んだ優勝です!」

と捨て台詞を残し、雄叫びをあげて感涙に咽ぶ鴎ファンの基へ走り去ってゆく。


…これって某女史をダシに優勝していく「メジャー・リーグ3」よりも劇的なドラマになりそうですな。

さて、ここからニシオカ共和国民が続々と帳尻覚醒発動へと至るか、真夏の世の夢で終わるのか。
ここからがロッテファンをやってて良かったと思う季節です。
あの帳尻の味を覚えたら、皆さん心の中で唱えてみてください、この一句を。

一生帳尻マリーンズします。

と。

(※)ヤマモト帝国には「前ピーコ朝ヤマモト帝国(1989~1993)」と「後ピーコ朝ヤマモト帝国(2001~2006)」と「エカージ朝ヤマモト帝国(1988~2003)」があって以下略。
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。