À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
04 | 2017/05 | 06
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情けねぇ@マリンスタジアム(9/27)

今、試合の途中でこれを書いています。
見ていて怒りが込みあがりました。
これだけいい展開で点が入り続けているにも関わらず、です。


西岡の犠飛の直後、BS12の画面に一瞬「偽善者…」という横断幕を見ました。

万が一、それが昨日西岡の行った行為に対する「因果応報」的なものであれば、あの連中が応援拒否をする中、満員のスタジアムのお客さん達が声を枯らして西岡剛を応援したという「答え」に対する「因果応報」もあって然るべきではないかと思います。

あれでは応援行為を人質にした、ただの圧力団体ではないですか。
見ていて情けないです。

…で、あの異様な雰囲気の中、西岡のあの打席のシーンを視聴して思った事があります。
もうここまできたら、日本野球の応援に新しい風を送ってもいいんではないか、と。

「応援団の存在しない、昭和50年代以降の現代日本プロ野球初の球団」

案外、マリンスタジアムのライトスタンドのごく一部において、内部との癒着や外部への圧力を掛ける団体と応援している連中とその周辺が化しているのなら、その道を敢えてここで選択するのもありなのではないか、そう思うわけです。

それと同時に良くも悪くも1995年のボビー・マジックから始まり、その革命的な動きに対する反動政治と暗黒時代、そして2005年を頂点とする第二次ボビー政権に至る「ひとつの時代」に纏わるもの全てを腐敗臭が漂う前に歴史として封印するのもありかもしれません。

球団カラーを全く無視した最近のユニフォームしかり。
前述した何だかよく判らない団体しかり。
そしてその団体の跳梁を結果として黙認してしまった球団しかり。
そして結局球団に尽くしてくれた有能な選手コーチ監督を喧嘩別れや意見の相違で次々と放出してきたロッテ球団のフロントしかり。

残るのはペンペン草?

いいじゃないですか。
そもそも流しソーメンの時代から何もなかったんですから、この球団は。
もう一度一から組み立てなおす。
それこそ「リストラクチャリング」、即ち再構築という言葉の本来の意味なのですから。
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。