À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
06 | 2017/07 | 08
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜別球人 第二回 堀幸一選手、を書く前に。

01.jpg

その前にオオツカアキラ書いてないだろ、とツッコミ入りました~♪
そりゃそうですよ、こんなバラけて、しかも一時期は主砲であり主力の一翼を担った選手からアンタ馘首や、みたいなお達しがでるなんて誰が想像しますか。

今ひたすら幕張の方向に向かって 罵倒 咆哮したい衝動を抑えつつ、今までこういう企画を書いてきた中で非常に不本意なエントリを一本、後ほど謹んで書かせていただきます。

…が、その前に。
鴎の先発が吉見である、と判っていても黙っていられない位怒りのこみあがる敗戦濃厚な試合のさなか、
001_20100911210730.jpg
こういうのが突然現れまして、お父さん動揺したわけですよ。

これは何の誤報だ、と。
すると鴎公式でもこんなアナウンスが。

(ソース:鴎公式
堀幸一選手との来季契約について

堀幸一選手に本日9月11日(土)、ロッテ浦和球場にて来季戦力構想から外れている旨を通達しました。フロント入りを要請いたしましたが、本人は現役続行を希望しております。

堀幸一選手コメント
「これだけ長い間、ロッテにお世話になり、様々な良い思い出と経験をさせていただいたことに、今は感謝の気持ちしかありません。
球団からはフロントとしてロッテに残って欲しいというありがたいご提案を頂きましたが、自分の中では、まだ現役選手としてグラウンドに立ちたいという気持ちがあります。今後はトライアウトを受けるなどをして、現役続行の道を探していきたいと思います。
ロッテファンの皆様には23年間という長い間、スタンドから熱いご声援を頂き、心より感謝をしています。
来年も現役選手としてユニホームを着ることが出来るように、そして自分の中で悔いが残らないように精一杯頑張っていくつもりですので、今後も見守っていただければ幸いです」



02.jpg
2007/04/10 追浜にて。


またしても生え抜きの長老選手を結果追い出すような仕打ちかい、と。
しかも平日ではなく土曜日、木曜の限りなく終戦に近い敗戦から一日おいたビジターの試合、しかもその最中。
数日前によく判らない過程で年を越してから入ってきた今岡の今季残留を匂わす記事の後のコレです。
なにかあったか、と勘ぐられてもおかしくないでしょう。

前年のボビーの件もそうですが、この球団のトップや人事機構というか編成というか、まぁそういった連中に

「功労者に対して(形だけでも)礼を尽くす」

という概念がないのか、と聞くだけ無駄でも敢えてそれでも問いたいのですよ奥さん。

それは別にコストの問題であって、その処遇に付いては社内人事の一環であり、たかがファンがピーピー騒ぐなどそれこそ筋違いだろう、とかいう返答が帰ってきそうですが、他の皆様にはそれぞれの考えがあることでしょうが、それでも少なくとも私は、

伊良部に、小宮山に、小坂に、そして黒木やベニーに対して球団が(当初)やった事を絶対忘れていない

訳ですよ。厳密に言えば愛甲や南淵や五十嵐あたりも恨み節の中に入ってきますけど。

現役続行を希望して交渉が折り合いませんでした、当方としては社内に引退後のポストをご用意しておいていたのですが残念です、またいつか!…じゃなくて、結果どうであれ、23年間という長い間に堀幸一という「史上再安月給の4番打者」と川崎末期の時代に既に呼ばれていた男の「慰労」と「感謝」の気持ちを球団が(たとえ形だけであったとしても)見せてあげて欲しいのですよ。

大した成績も残してない、という馬鹿が時たまいるようですが、堀幸一であり初芝清であり「そういった人材が来なかったり育たなかったり外人が機能しなかったから、本位不本意に拘らず一生懸命チームを背負ってきた」選手だということをお忘れではないですか。

まぁ元々そんな気はあるのですが、対戦チームのM1に対して空気をまるで読まないかのように、ここの球団フロントは常日頃から古参のプレイヤーやファンの「想い」を読まないことこの上ありません。
このニュースだって出すタイミングってもんがあるでしょう。
明日トライアウトの参加期限、みたいな緊急性があるわけでなし、何故今、このタイミングなんだ、と。

まぁ皆さん、それぞれがその「お仕事」である以上、勤め人である以上は仕方が無いかもしれんのですが、今日の吉見の作ったgdgdな「点数以上の大敗」と併せて割り切れないものが残ります。

さて、愚痴も一通り書いたので、次はカラリと、惜別球人をあえて第二回から書いていきましょうか。
スポンサーサイト

テーマ:千葉ロッテマリーンズ
ジャンル:スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。