À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉マリーンズ対東北楽天イーグルス@マリンスタジアム

鷲 0 0 0 0 0 0 0 0 0 | 0
鴎 0 4 0 0 0 0 3 0 X | 7

勝 小野晋吾 7勝7敗
敗 有銘兼久 2勝5敗

しかし昨日といい今日といい、冷たい雨の中観戦された方々には頭が下がります。風邪など召さぬよう、体には御自愛下さい。

さて2回からですが、久々にリアルタイムにこれを書いています。
怒りに終始するか、光明が差し込んでくるのか、請う御期待。
①やればできるんです。

2回裏、先頭の里崎がインコースやや高目の直球をバットを折られながらも右前に運び、ベニーもインコースを上手く腕をたたんで左前へ。

ここで青野が0-3からサインなのか、ボール球真ん中高目の直球をただ当てただけの一邪飛でワンダウン。

部屋の灰皿が吹っ飛びました。

しかし楽天さんは哀れな我々鴎ファンに心温まるには余りあるほどの温情を掛けてくださいました。
もう仙台へ足を向けて眠れません。

パスクチには絶対にここしか手が出ないというアウトハイの甘い直球を弾いて右中間へ適時打、1点先制で1死1・3塁。
更にサブローが何も考える事無く前進守備の三塁真正面へのゴロ。これを楽天・西谷が温情にほだされて二度ファンブル。
三塁走者里崎がホームインして2点目が入り1死1・2塁。
渡辺正人が狭い三遊間を抜きこれで満塁とすると、大塚がアウトローの直球をお手本のように右へ流す。しかし角度が足りず二直で二死満塁。
堀の打席は2-2からアウトコース真ん中の直球を右中間へ。
中堅・鉄平が突っ込まず打球はワンバウンド、走者二人が更に帰り4-0と着実に加点。

昨年までの「このクラスの投手なら波状攻撃で確実に加点しKOさせていた」というシーンを彷彿させる得点シーンでしたな。
何だ神田言って俺達は敗者だ、というふいんき(何故か変換できない)に自分達で勝手に浸っていただけなんですよ奥さん。
一人一人の力では鷹さんや猫さんに叶わなくても、みんなで束になって掛かっていけば12球団一強いんです。
それを勝手に自分の可能性を狭めているようでは成長などありません。

そう、蟻(蝶ではない)のように舞い、蜂のように刺す。
これは集団攻撃のセオリーだったんですね。

食いしん坊バンザイ川浜高校のラクビー部の監督は言いました。
今は復職して女の子と刑事やってるみたいですが。

One for all, All for one.

大木大助だって矢木純平だってあのイソップだって、出来たじゃないか。プロである鴎の戦士達に出来ない筈がありませんよ。

②有銘KO、しかしこれで満足するな。

2回投了で有銘が降板し、小山が登板します。
しかし縦のカーブと直球のコンビネーションに早くも苦戦します。いつもの「ただ振っているだけ」のマリーンズに戻ってきました。
3回裏、里崎・ベニーが連続三ゴに倒れると、青野が二度続いたカーブ(しかも甘いコース)に上手くタイミングを合わせて左前ヒット。
パスクチの打席、1-2から青野がスチール、投球はアウトハイに緩く曲がるお誂え向けのカーブでしたがパスクチは悠然と見逃し、青野は二塁で余裕で憤死。

戴けませんな。

③小野晋吾、ここまで無難な投球。

流石に見殺し続きとは言え、今年中盤以降の小野晋吾は先発ローテの中で一番いい投球をしています。
走者を背負いながらも1回・3回・4回と2度の併殺で切り抜け、2回は2奪三振の投球。
インコースへの2シームが今日も生きていますね。
これが中盤以降も続くか、なるだけ中継ぎを使わずにスコ薔薇様こと小林マサ・スコンシス英まで2失点以内で投了できるかが鍵になりそうです。

④4得点で満足するな!これは打撃練習と思え!

4回裏、先頭のパスクチが甘い球を悠然と見逃しつつ、クソ難しい球を左へフラフラと飛ばしてあっさり1死を取られると、サブローがフルカウントから四球。
渡辺正人がエンドランのサインでちょこんと当てて2ゴで二死二塁。ここで先の打席でいい打球を放っていた大塚明ですが、左肘に死球を受け2死1・2塁。
しかし堀が苦し紛れに打ち上げた打球はファウルグラウンド深い所へ一邪飛。
また残塁の数が増えていきます。

5回裏、今度は小山に代わり山村が登板します。
これは的を絞らせないように一人1イニングで繋いでいくつもりなのでしょうか。
先頭の福浦が上手く左前に流して無死1塁。
0-1からエンドランをファール、更にバントエンドランを外され福浦二塁憤死で1死無走者に逆戻り。
直後に左前に鮮やかに安打を放っただけに、中身が余りにも雑すぎますよね。
もし里崎に与えられたサインがバントなのであれば、欲をかいてセーフティーにする必要など最初から無いわけで、西岡や今江ほどの細かい器用さを持ち合わせていない里崎にこの指示をボビーが出したのであれば愚策中の愚策ですな。
浦和戦でも田中雅彦によくエンドランを失敗直後に再度させたりしていますが、とにかく見え見え過ぎて破られる事がおおいです。そこまでのリスクを犯してまでやる作戦とも思えないのですが。

…しかしベニーの中前に抜けようかと言う当たりは遊撃・草野が好捕し6-4-3の併殺に終わり攻撃終了。
これは「これが今季の我々だ」とファンにアピールしたいのですかね。無死1・2塁の状況であればあの打球も無下に併殺にはならなかったであろう事を考えると、相手が作戦大好きなノムさんであることも鑑みて、指揮官たるボビー、ヘッドたる西村さんにしろもう少し考えて欲しかったですね。

⑤ここまで好投を重ねる小野晋吾。

5回表もあっさりと見振・遊ゴ・遊ゴと片付けここまで1安打ピッチの小野晋吾。
先頭の草野の中堅へ抜けようかと言う当たりを、堀が難しい体勢から送球しワンダウンを取ります。
これだけリズム感のある投球が出来るのは小野晋吾だけですし、野手陣も時間を掛ける事も無く早々にベンチに帰れるわいい事尽くめです。
何も三振を無理に取りに行く事だけが野球じゃないんです。
ここで西谷が呆然と立ち尽くす三塁・青野の横を抜き、何故かファウルゾーンにスピンしていく謎の当たりで1死二塁。
続く関川はインハイ直球を詰まらせ三邪飛に討ち取り、高須は初球をあっさり遊ゴでチェンジ。
久々に「二塁に走者がいるのに全然怖くない」展開を見ることが出来ましたね。これがローテの柱というものです。

⑥どうも満足して今日は店じまいのようですが、何か?

6回裏は本西さんが異様なまでに絶賛する「負けん気の塊」青野がいい打球を放ちながらも三ゴ。今までの中で一番良い打球でしたが残念。
パスクチはバットを粉砕され三ゴ。
結局あのドアスィングではインコース打ちは無理なんですかねぇ。つーか選球眼がそもそも可笑しすぎるのですが。
サブローも引っ掛けて遊ゴロで3939チェンジ。
あの2回裏は何だったのでしょうかね?

⑦晋吾には、分かっていた。

7回表も高速三凡で抑えた小野晋吾には確かに4得点はセーフティーゾーンですが、ここは着実に加点して週末のハム戦に繋げたい鴎打線。
そういえばここまで

右翼に打球が1回しか行っていません。
(1回表の鉄平の右安のみ)

小野晋吾は分かっています。

そこに打球が行けば確実に自滅する事を。


⑧今季不振の一端が、改めて浮き彫りになってきた件。

7回裏、投手交替:徳元。
先頭の渡辺正人が鮮やかに左前に運ぶと、大塚が犠打失敗の後、ややバントシフト気味の二塁脇を抜く中前安打。
やっぱり細かい打撃は無理ですかそうですか。
続く堀の打席、犠打がボール、次をヒッティング、次を犠打見逃しで2-1から浅い中飛で1死1・2塁。
細かい事をやろうとして結局策に溺れている感が拭えません。
これが変幻自在ではなく余りにもワンパターンである事から、ボビーの策を簡単に見破られたり、相手に研究され対策が為されている所に、今季のパリーグ公式戦(交流戦ではない)における不振の一端があるように思われます。

ここで投手交替:吉田豊彦。
打席には福浦。
福浦は初球をあっさり浅い左飛。
う~む、流しの意識は分かるのですが…。

策を弄しながら、結局無意味に自動ツーダウンな鴎打線。
続く里崎は右寄りのシフトの左を抜く打球を放ち、打球は転々とレフトフェンスへ。その間に二者生還、やっと点が入りました。
再び2死2塁の場面となり打席はベニー。
ベニーは相変わらず体の開きが早く、バットが遠回りしています。
あれでは緩い変化球の右中間方向しか対応できないぞ、と思ったらおあつらえ向きのチェンジアップが来てしまい、見事中前へ。
里崎生還で更に1点追加に成功。
楽天のキャッチャー、藤井も藤井です。あれだけ直球で押して最後にこれでは…よく分かりません。

続く青野の打席、またしてもカウントは2-3。
どうもフルカウントからのボビーの繰り出すサインに対応できていない青野君ですが、結局遊飛で攻撃終了。
細かい打撃を余り考えていないようですが、やはりこの状況下においてくさい球をカットしてあわよくば四球でも出塁できる打撃を考えないと、打率を稼げませんよ。

⑨7回82球・2安打2四球3奪三振の小野晋吾、どこまで行くか?

降りしきる雨のためにグラウンド整備で試合が8分中断。
もうえぇやん、と言う感じもしますが試合続行です。
この回から二塁に塀内が入ります。
8回表、先頭の憲史を浅蜊風味に一ゴ、藤井にやや甘いアウトコースのスライダーを上手く合わされ中前安打を浴びますが、草野を落ちる球で遊ゴに仕留め、西谷を投直に浅蜊風味。
ピリリと赤唐辛子の効いた様な2シームとスライダーの組み合わせが効果的で、

おいしいペパロンチーノができそう

な小野晋吾、9回もこの調子ならいけそうですね。

⑩元・鴎の守護神対鴎打線

こういう言い方をするのは何ですが、こんな対戦はもうラストチャンスなのでしょうか。鴎で半ば使い物にならなくなって移籍してからもう何年経つのでしょう。殆ど投球スタイルが変わることも無く未だに一軍で登板するとは、ある意味感慨深い面がありますな。

8回裏、先頭のパスクチの何でもない浅い左飛を遊撃・草野が深追い、左翼・憲史とのお見合いでパスクチは2塁へ。
ここで鴎打線も、相手の温情溢れるプレゼントに応えないではいられますまい。
続くサブローの打席、どう考えても捕邪飛な飛球をこの回から失笑と共に迎えられたカツノリが落球すると、続く投球を捕逸してしまい走者は3塁へ。

河本カワイソ( ´・ω・)ス

しかしフルカウントからサブローは大振りで空振り三振。

相手に微笑み返しやってどうすんねん?

続く渡辺正人も132km/hのインハイボール球を大振り三振。
河本の往年の勢い、というよりどうみても打者のボーンヘッドなんですが…( ´・ω・)
大塚はどん詰まりの遊ゴで残塁、攻撃終了。

相手ははっきりと格下、しかも向こうからミスってくれているのにこの様です。こんな事でハムさんに勝てるんですかね。

⑪2001年以来の完封に向けて、晋吾が立つ最終回のマウンド。

しかしこのぬかるんだマウンド状況の中、晋吾は平然と投げています。今季も「マウンドがどうこう」と敗戦の弁を述べている投手がいましたがそんなの関係ないでしょ?
やる人はやる、やれない人はやれない。
やれない人は結局…分かってますよね。
それがプロの世界なんじゃないんですかね?

先頭の関川をあっさり中飛、高須の当たりは普通の右翼手なら右飛な当たり。これを緩慢にワンバウンド捕球して1死1塁。

パスクチとっとと下げろよ。

ついでに浦和まで下げr。


出来れば国外追h

しかし直後鉄平をあっさりニゴ併殺に取り久々の完封劇。
打撃が相変わらず酷すぎますが、まぁ仕切りなおしの1勝という事で、今度のハム戦に繋げて欲しい所ですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。