À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜別球人・第1回:天野勇剛(ユウゴー)選手

今回から個別に退団選手を取り上げていく訳だが、第1回は敢えてこの人にした。
その名は、天野勇剛選手(登録名:ユウゴー)。
ある意味、浦和の選手の中で最も期待していた一人である。
浦和三羽烏の一人としてこの2年位ネタにしかならなかった選手であるが、黒鴎的にはかなりの思い入れのある選手である。
静かに浦和を去る彼の足跡をたどってみよう。
甲子園では仙台育英高校の一員として金村暁(北海道日本ハム)、中浜裕之(近鉄→巨人・05戦力外)、志田宗大(ヤクルト)と共に闘った。ポジションは投手(関西戦)と遊撃(天理戦)。
この年(95年)ドラフト7位でマリーンズに入団。
同期には澤井(1位)・薮田(2位)・松本(5位・今江・西岡を釣り上げた名スカウト)がいる。
当初は投手としての入団であったが、潜在的な長打力を買われてあっさり野手転向を果たしている。

ユウゴーにとっての第一の転機は1999年。
この年、浦和で2割9分近い打率に13本のHRをかっ飛ばし、シーズン終盤に1軍にテスト昇格。9月29日の西武戦で3塁手として出場、初打席の相手は松坂だった。
翌日の30日には谷中(!)からプロ初打点を挙げ、更に10月2日の日本ハム戦ではオレラーノ(!!)から初ホームランを放ち、一躍山下徳人や大村巌、佐藤幸彦を飛び越えて「若手のホープ」になるのか、と期待は高まる一方であった。
しかし、翌期のOP戦で失速して以来、浦和でも泣かず飛ばずな状態が続く。

ユウゴーにとっての第二の転機は2000年。
打力を活かして吉鶴が外野へコンバートされると、何故かユウゴーは捕手へコンバート。
ひどい時は、(捕三一)ユウゴー、な試合展開もあった。
素人目から見て狂ってるんじゃないか?と思われた起用で引っ掻き回され、石井浩男や初芝清や堀幸一や信原拓人や松本尚樹や塀内久雄や渡辺正人やサブローや青野毅が入り乱れ、内野競争の激化した01年シーズンを境に打撃成績も急降下。
スイングがどのコース・球種に対して一定なドアスイング・プルヒッターとなり、今江&西岡世代や今季の大松&竹原世代に完全にポジションを奪われ、今季は出場機会すら激減。
04年オフに結婚、心気一転懸命に練習に励む姿に、浦和には辛口なジョニーこと黒木知宏に「今一番頑張っているのはユウゴー」、と言わしめた。
しかしとき既に遅く、今季末で戦力外の通告が。
98年にもっと早くブレイクさせていれば、01年に余計な起用法をしなければ…、とやたら「タラレバ」のつく選手だった。
優しげな顔立ちに女性のファンもそれなりにいただけに、せめてサブロー並みにブレイクしていれば…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。