À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

讀賣巨人軍対千葉マリーンズ@闘強憧夢

ドームのレフトは伏魔殿。
小坂の守備は玉手箱。
パスクチ君は、インカビリア属性?

鴎6-4兎

勝 藤田宗一 2勝1敗
S 小林雅英 4勝18S
敗 福田聡志 3勝2敗

何か文字で書くとよく伝えられんので非常にもどかしいのですが、ここ数年の生観戦の中でベストバウトと言い切ってもいいくらいの緊迫したいい試合でした。
いや、パスクチの打撃練習は圧巻でしたな。
看板直撃弾連発はモチロンの事、その上の照明直撃弾も出て、しまいにゃ低いライナーでセンター方向へスタンドイン。

あぁ、この人インカビリアだ。

私は思いました。
そして最後の方に放ったそのライナー性の打球が、後々この試合を救うとは夢にも考えてませんでしたな。

更にオオマチュ…君の打撃練習は圧巻でした。
パワプロでいう「打球3」の打球がライナーで失速せず、ドームの右中間スタンド中段へ飛び込んでいくんですよ奥さん。
こんな人が昨日4番を打ったのに今日は代打の代打で消えていくとは…このチームは凄いですね。

①小坂の守備はやはり違う。

言葉では表しづらいのですが、三遊間方面に打球が来て、

「あぁ、ここに打球が行くな」

と眼をそこにズームした瞬間、既に小坂が真正面に構えているわけですよ。
要は「あぁ、ここに打球が行くな」の「ぁ」と「こ」の間には既に小坂が打球の真正面に待ち構えているわけですよ奥さん。
例えば1回の裏、清水の打球が三遊間を抜け、左前にボテボテ行きましたが、小坂なら真正面に廻って何でもない遊ゴで終わらせていた、という事です。

改めて小坂ZONE、いやさ「ぞね」、恐るべし。

②ベニタソはどうしちまったのだろうか。

4回裏、先頭の鈴木が放った左線への打球を、紅タソは攻撃的に突っ込んで行ったのですが、見てる側としては、紅タソがスライディングに向けて膝を曲げた時点で既に後逸するのが眼に見えて分かっていた訳で、中堅のサブローが鳩が豆鉄砲喰らったような顔を見せていたのが印象的でしたね…。
更に9回の裏、先頭の代打:原俊介の左線へのフライを、西岡がやや深追いしたとは言えお見合いする形でポテンヒットにさせてましたな。
この場面では藤田が「最初から走者を殺すつもりだった」という神牽制でアウトに仕留め事無きを得ましたが、

二度も流れを巨人にくれてやった

という意味で、勝ったから良いものの非常に拙い守備でしたね。逆に小坂や鈴木や仁志のファインプレーで流れを一時的とは言え巨人に引き寄せたのと好対照を成していました。

③清水直行の唯一の失投はよりにもよって…。

李承へのスライダーは明らかに失投でした。
ただ、それならもう1球直球かカットでボール気味に要求した方が良かったはず。李承は明らかにインハイの変化球待ちだった訳で、ジャストミートもいい所の打球になっちまいましたな。
そこ以外は紅タソの特攻後逸や西岡の魔送球による2失点ですから責められる筋合いはない訳で、彼の投球にしてはいい内容ではなかったかと思います。
しかし被弾癖が直んないねぇ、直行さん。

④工藤から久保に投手交代した時点で負けた気がしなくなった。

元・兎ファンとしての自分も、狂った鴎ファンな自分も、このコールを聴いた時点でそう思いましたね。

⑤福田君にあの応援はキツかったか。

先頭の西岡君が四球で出塁して、お得意の「リーリーリー」「走れ、走れ、西岡!」コールが出て牽制ブーイングと、(その是非は別として)これは福田君に効き過ぎるほど効きましたね。
そこに根元君の絶妙なエンドランが決まり、福浦の決勝打に繋がった訳ですが、巨人戦、それに二転三転の展開に皆さんボルテージが凄かったですね。
この回に関しては選手・スタンド一体になって掴み取った逆転劇だと思ってしまいました。
私も内野観戦がどうのこうのと今まで書いてましたが、この日だけは「幕張の狂犬」の血がたぎってしまい、スコア付けを放棄してしまいましたよ。
いやはや久々に声がガラガラになってしまいました。

やっぱマリーンズの外野応援は世界最高ですね。

李承へのブーイング?
う~ん、一昔前なら多くの署名に目もくれず巨人入りした高橋由伸に向けられるシロモノだったのですがね…。
(それはもう、スニョプへのそれとは比較にならない程の恨みつらみが入った怒号に近いものでしたからね。)

そんな事知ってる世代が減ったんですかね。

別にスニョプに恨みは無いので(逆にチームにとって不確実な要素が減ったと思っているので)別にブーブーいう必要は無いと私は思ってますが、それはそれ、人はそれぞれの想いがあると思うので仕方ないかも…ですな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。