À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
06 | 2017/07 | 08
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉マリーンズ対福岡ホークス@マリンスタジアム

試合開始10分で実質試合終了。
一度ならずも二度試合を崩壊させた先発投手。
二日連続で大敗、追いつかない程度の反撃も…。

鷹8-4鴎

鷹 3 0 4 0 0 0 0 1 0 | 8
鴎 1 0 0 0 0 0 2 1 0 | 4

勝 和田毅
敗 清水直行

本塁打:小久保2号左越3ラン(清水)・松中1号右越ソロ(川崎)・ズレータ2号中越ソロ(藤岡)
①本当の終戦は1回裏、無死満塁のベニーの併殺打だった。

この日は珍しく、西岡が上手く右線に運んで2ベース、大塚が相性がいいのか自信があるのか、引っ張りぬいて左前安打、そしてズレータを四球でいきなり無死満塁とします。

もし福浦の具合が万全だったら満塁でズレータか、3対1となった1死1・2塁の場面でズレータだったでしょう。
…しかしいない人間をカウントしても仕方ありません。
人材不足ここに極まれり…でよりにもよって一番当たってない4・5番にぶつかってしまったのが今日の終戦が早まった最大の理由だと思います。
ベニーは2番辺りでおっつけて単打狙いが精一杯の状態のはずです。
名前と責任感の強さだけで4番打者を選ぶならそれは確かにベニー以外存在しません。
立ち上がり球威がまるで無い和田の攻めの前に振り遅れ、気負いが入った分小飛球となった打球は川崎が冷静にワンバウンド処理で一走ニ走を封殺させ、1失点ながら二死1塁に状況を盛り返させた所で、この試合、終わっていたと思います。
この後ベニーが何かを取り戻すかのようにニ盗を決めますが時既に遅しです。
更にリードや投手陣の崩壊で手一杯の里崎を5番に据えてどうするのでしょうか。もう見るからに一発しか考えていません。
そんなに一発がホイホイ和田から出るのなら誰も苦労しません。
自分自身が捕手であれば、それ位の見極めがつくはずなのに、キャプテンとしての気負いが彼の目を狂わせているとしか思えません。

まぁ、その後ズレのアグレッシブなスライディングやいつの間にかに4点差までにしていましたが既に勝負が付いたあとの「泥棒稼ぎ」みたいなものです。
今日、1回の裏の先頭から始まった折角の「いい流れ」を4・5番が潰したところで、何を打っても何を得点してもジ・エンドですよ。

②それより前回の心掛けはどうしたんだ清水直行。

開幕戦の前半の投球は近年稀に見るベストピッチでしたが、今日の清水直行は「いつもの球の高い」直行でした。
直球も138km/h近辺で、ギャオスが「置きに行っている」とか抜かしてましたけれども、どうみても「何か故障とかあったんじゃないの?」と心配する位のコントロールの無さでしたな。
小久保のフルカンからの里崎の要求は「四球になってもいいからボールゾーンに落ちるスライダー」でしたが、投じた球は見事に真ん中へ。
そりゃ打ちますって。完璧でしたよ小久保さん。
そして調子付いたヴァル・ブキャナンに「パスクチですらあんな器用に打てない」中前を打たれ、「また昨日と一緒かよ」と流石に覚悟を決めましたが、そこは何とか山崎を三振にとって3失点で切り抜けました。

…で、前述のような事実上の「終戦」でこれ以上の失点をすれば確実に試合は壊れる、と言う展開に自分を追い込んだ清水直行は、連打と渡辺正人のニヤけたエラーや城所の犠飛に川崎の止めとなる走者一掃の三塁打で完全に試合を終わらせました。
点数を取られた展開に差異はあれども、やらかした事は結局久保康友と一緒です。
ここで清水直行が仮に何かあって戦線を離脱しても、代替要員がいないのですよ。
年齢的な事もあって次第に「球の威力で抑えていく」投球が出来なくなってくるのは30を過ぎた速球派投手がぶち当たる最大の壁ですが、ここで黒木や小宮山のように方向転換を模索するのか、それともメジャーの投手や長谷川滋利のように「もっと筋力を強化して球威の劣化を補い、それ以上のものに」するのか、今年のオフに清水直行は考えていた筈です。
だからこそOP戦でカーブやスライダーのコンビネーションを試していたのではなかったのですか?
実質、宏之・俊介・成瀬の3人の活躍だけでは勝ち越せません。
例え援護が無くとも、悪いなりにゲームを作るからこそ「清水直行がローテの中心」として君臨している訳ではないですか。
その投手ローテの「中心」を背負っている以上、「あぁ、やっちゃった」的な顔をして被弾をやらかしては絶対にいけないし、甘えも許されません。

③キャプテン・里崎をどう扱うか。

ボビーが里崎を次世代のリーダーとして育てたいのか、それとも現状燻っている不平不満分子を単に押さえ込みたいのか。…恐らく両方あるとは思うのですが、もう一人里崎をサポートできる野手をもう一人置いておかないと潰れる可能性があります。
しかしながら今のマリーンズを見回して、カッコツケは多けれどポジティブに集団をサポートできる人材が見当たらないのが厳しいところです。
まぁもっともこういう場合でも不屈の闘志をもって里崎には克服して欲しい所なのですが、この状況で打撃もリードもチームのサポートも、というのは流石に里崎には酷過ぎます。
多分調子が盛り返せば手が付けられない位暴れてくれると信じていますが、キャプテンである以上は中畑清じゃないですがどんな時でも

ゼッコーチョー!

と馬鹿に徹してチームを引っ張って行った方が良いのではないでしょうか。
そういえば中畑も「キヨシ!」でしたな。
初芝神も晩年そこまでは行きませんでしたがそういう存在だったのはベンチで見ていて判りすぎるほど判り過ぎている筈です。
チーム全体が最悪の状態にありますが、ここは里崎に奮起して欲しい所です。
自分が決める、じゃなくて「俺も繋ぐからみんなも頼む!」位の事を実践していけば、必ずチームの打撃も底を打って上昇すると思いますよ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。