À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鴎対自滅寸前の猫さん@マリンスタジアム

猫9-6鴎

勝 山岸 1勝
敗 名は実を現す(綴りは違うが) 3勝5敗

本塁打
パスクチ13号(ソロ140m=長田)
平下1号(ソロ120m=長田)
青野6号(ソロ125m=岡本)
中村9号(ソロ120m=バーン)

確かに小野晋吾の4失点に至るまでの過程が最悪すぎました。
だからと言って打撃陣に責は無い、と果たして言い切れるのか?そんな試合でした。
①満塁にした時点で敗戦は覚悟していた。

小野晋吾の立ち上がりはまずまず、といった所だったのですが、2回表、先頭のカブレラの当たりそこないのニ内安打から何かがおかしくなりました。
続く和田・リーファーに2ストライクまで簡単に追い込んでおきながら落ちる球が悉くはっきりホールゾーンから落ちて連続四球、そして中村剛也にあっさり死球で1点献上。
更に福地に右前2点適時打、片岡左適時2塁打で一気に4点。
ここで本来、試合は終わってました。

余りにもつまらない事で先発投手がアーリーイニングで崩れすぎますね。二昔前の藪田→後藤→礒の黄金ローテを思い出すような悪夢な展開でした。

②結局福浦とベニーしか頼れない打線。

パスクチにせよ平下にせよ、一発を打った事で逆に打撃がおかしくなる典型的な「二軍選手の打撃」ですよ。
それを打つなら、2回裏、5回裏、この絶好機にあっさり凡退しない事です。
点の打撃じゃないんです。
投手陣を安心させるには線の打撃で波状攻撃、これしかないのは充分わかっているはず。
西岡も序盤意識がありましたが9回の打席では完全に気が抜けてしまっていたし、青野にしても3回裏の無死1・3塁の場面、9回裏無死の打撃、全く何も考えてませんよね。

本塁打打っても結構。
ただしそこから後ろに繋げられますか?
そこで投手も切り替えられるんですよ、気持ちを。
相手投手を精神的に追い込めない限り、鴎打線に明日は絶対やってきませんよ。

③藪田撃沈。

カブレラに投げた球は一番飛ばしてはいけない右中間へ。
案の定右翼の「牛食い野郎」がチンタラしている間に二者生還、打ったカブレラも3塁へ。
今の藪田からコントロールを取ったら「暗黒時代の藪田」でしかないんですよ。
中継でも実況・解説の人が何回も口にしてましたが、中継ぎが試合を作れなければ何にもならんのですよ。
勿論先発も然り。
話になりまへんがな。

④金澤君、昇格オメデトウ。

プロ入り初昇格ですね。
そろそろ「二軍のリードで精一杯」のレベルから「自分の能力で一軍レベルと比較して何が足りないか」を知るレベルに昇格する時期に来ていただけに、結果云々より、一軍の選手がどういう闘い方をしているのか、しっかり眼に焼き付けて頑張って欲しい所です。

⑤今一軍に残留しているのは消極的な消去法の結果にしか過ぎない。

もう来季以降を見据えた昇格が始まっています。
辻君にしろ、塀内君にしろ、平下にしろ、渡辺正人にしろ、青野君や大松君辺りまで何故一軍戦力として残っているのかよく考えて貰いたい。

君達が実力でレギュラーを掴んでいる訳では無いのは御承知の通りだと思います。
大松君は故障明け、と言う面もあるので一寸違う気もしますが、一軍レベルの打撃、チーム打撃、そして率をクリアできない限り、あなた方は「補充要員」の枠を全く抜けていないのですよ。

私はこの点が情けなく思ってます。
何の為に小坂を涙を呑んで放出したのか、何故引きとめようと思えば引き止められたイスンヨを放出するに任せたのか?

あなた方が着実に成長し、今季戦力としてひとり立ちできると踏んだ、これが全てではないにしろ、それが理由なんじゃないんですか?
そろそろ戦犯探しや今季の反省会や夜話がどこかで始まる事と思いますが、私が考える最大の戦犯は他でもない、あなた方です。

自分の可能性を自ら閉じた者に、二度と明日は来ない。

私はそう思ってます。
一度で良いからカッコつけずに泥臭く野球をやってみろよ。
今ここでやれなければ、未来永劫チャンスはやって来ないし、仮にあったとしても機会は時を追うとに減っていく訳です。


野球を「楽しむ?」

そんなもの、レギュラー取って、毎年コンスタントに3割打って、タイトル取ってから幾らでも言えっての。

プロは結果が全てであり、どこでどんな愚痴を垂れて分かってください、と言った所で結果が出ていなければボロクソに言われる世界ですよ。
言いたくても公にいえない選手だって幾らでも球界にいるのに、ここの選手たちは甘すぎますよ。


鴎の戦士達よ、眼を覚ましてください。


昨年の優勝を


「マグレ」


で一蹴されるのだけは


勘弁いただきたい。



もう9月なんだし、せめてここからお得意の上位イジメを展開して意地くらい見せようよ。
でも明日は松坂か…いやいや分からんぞ。
(と自分に言い聞かせる)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。