À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
10 | 2017/11 | 12
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千葉ロッテマリーンズ対横浜ベイスターズ@マリンスタジアム

また吉見君ですか…、と書いておいて題名を間違えていた件について
orz
 
星 0 1 1 2 3 0 0 0 0 | 7
鴎 1 0 0 0 0 0 0 0 0 | 1

勝 吉見祐治
敗 小野晋吾 

情報はニッカン式スコアと公式携帯タソしかないので、今日も大雑把な感想を。

①先発した小野晋吾

内容を見ると、13安打されてはいるものの無四球の投球内容。
下で調子の悪い時は、四球連発で崩れるパターン(ここら辺康介と同じか)で撃沈される事が多いので、今日の登板は単純にコース取りが甘かった、と言う事なのでしょうかね。
13安打中、長打が6本と言う所(しかも打撃の粗い古木に3打数3二塁打って何?)からも伺えそうな気がするのですが…。
もう直ぐ開幕だと言うのにこの投球だと苦しい。
腰痛持ちでリリーフも出来ない訳で、何とか次回の登板で結果を残してくれないと…黒木の調整遅れがここにきて響き始めたか。

②今日は炎上しなかった中継陣と抑えに戻った雅

いつもそういう投球をして欲しいのですが、今回は大量ビハインドの中での投球なので、昨年であればコミさんがロングリリーフに廻る場面ですから余り参考にならない、と言えばいいんでしょうか。
しかしOP戦序盤の抑えは戸部か内か、というリレーはどこにいったのでしょうか。

③4番・サブローが機能していない件

クラゲが湧いて来る時期まで待て、と言う事ですか?

④渡辺正人と竹原君について

正人君は今日もムラのある打撃結果(5打席1安打1犠打3三振)ですね。
昨年もいかにもやる気のない感じであっさり三振するケースが見られました。そろそろ中堅とかスーパーサブとか言う世代では無くなってきている訳で、「サブローがダメなら俺が引っ張って行くぜ」位の闘志を見せて欲しい所です。
お顔立ちもクールですが、試合はホットにプレーして欲しい。
竹原君はほぼ一軍の切符を掴み掛けてます。
ただ、1回・3回の2打席とも、ランナーを帰さなければならない打席でやはり三ゴ、遊ゴと単純に引っ張って凡打、となっています。
先日の安針塚での試合でも、シーレの守備陣が絵に描いたような「左シフト」になっていたように、完全に「引っ張り専門」の打者として敵さんにも認識されているようですが、彼が昨年浦和でデビューした時は、右に豪快なライナー性の長打を放つ「器用な打撃」を見せていました。
私の場合、その残像が眩し過ぎて脳裏から離れないのでそういっているだけなのかもしれませんが、感じとしては竹原君に「長打力を600%(当社比)増したシーズン終盤の4番・よしこ」になって欲しいのですよ。

紅タソが現状では竹原の目指す打撃に一番近いのかもしれませんが、その紅タソだって、状況に応じセンター前、右方向、左中間と狙いを変えている訳です。闇雲に引っ張ってるわけじゃない。
中村紀洋のような人を魅了する豪快な引っ張り(でも彼も右の意識はある訳で)と長打を武器に持つ、稀有な天性を持つ右打者は山本前政権位までだったら喉から手が出るほど欲しかったし、今でも正直欲しくてたまらないハァハァ、なんですが、現状のチームの得点能力を考えるとそうも言ってられないわけで難しい所ですね。…と、神と呼ばれる前の背番号「0」の初芝清がいた時代なら、「この調子で堀・初芝・竹原のクリーンアップハァハァ」とか言うだろうなぁ、と昔丹波健二や島田茂や大村巌に熱い期待を掛けていた俺様の独り言でした。


今日出場した面子が大体開幕メンバーなのかな、と思いつつも、今年本当に開幕ダッシュが果たせるのか不安が尽きない今日この頃です。
本当に根っからのポジティブシンキングだなぁ…。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。