À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
09 | 2017/10 | 11
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WBC:メキシコ代表対日本代表戦

日本6-1墨西哥

日 0 0 0 4 1 0 0 0 1 | 6
墨 0 0 0 0 0 0 0 1 0 | 1

本塁打:里崎1号 オヘダ1号

Jスポの中継で、右打者が打席に入る時に、カメラが必ず背後の観客席にいるクール(?)な3人組を抜いて面白かった…って関係ないですね。おさらいしますか。

1回裏からの観戦となりました。
※詳細はyahoo実況を御覧下さい。

さて、日本先発の松坂は、スライダーのキレが悪く、縦スラがスラーブよりカーブっぽいドロンとした変化球になってましたな。
但し、直球の出来が非常に力があり且つコントロールされているので、それ自体が勝負球となりメヒコの選手がそちらに気を取られた為か、大火傷する事はありませんでした。

一方の打線は、2回表、松中の四球、岩村の中前安打で無死1・2塁とするも、多村のバントは当たり損ないもファールと思ったか、その間に「フェア」のジャッジで2-5-3と併殺、小笠原の当たりも1塁・ゴンザレスの好守に阻まれチェンジ。

この試合、非常にメキシコの再三に渡る好守備が光りました。
こりゃ韓国が苦戦するわけだわ。
(何故最初アメリカが負けたと書いたのだろう…負けたらとっくに準決勝進出だっての)

2回裏、1死1塁の場面、1塁走者が盗塁を試みようとして一二塁間に挟まれた際に、西岡が一塁悪送球で二塁進塁と言うミスを犯すが、松坂は動揺する事無く後続を断つ。
今日の小僧は、何かが違う。
それをいつも(ry。

3回表も里崎・川崎の連続安打にイチローの犠打で1死2・3塁。
ここで西岡が投ゴ、3塁走者・里崎が三本間に挟まれるも、里崎が3塁に余りにも近く、あわや2塁走者も…。
西岡も2塁に進めず、福留ニゴでチェンジと

お前らかもめーずか

といわんばかりの拙攻クオリティ。

3回裏は松坂が直球で力押しに押して三者凡退に取ると、ようやく日本打線に火がついた。

4回表、先頭の松中の左前安打に岩村の四球で再び無死1・2塁とすると、多村のバントは今度はきちっと決まり1死1・3塁。
ここで小笠原の右前2点適時打、2点先制。
更に里崎が何と、

右越2点本塁打 日4-0墨

よっしゃ、このまま無失点で行って韓国戦に勝てば!
日本は、更に5回、福留の走塁死をカバーするに余りある多村の中前適時打で更に1点追加!

 日5-0墨

日本は6回から和田(鷹)、8回から薮田神(鴎)とスイッチするが、薮田神は先頭のオヘダに0-2からのファーストストライクのストレートが真ん中に入り、

右越ソロ本塁打 日5-1墨

う~む。

後続をキチンと抑えただけに、マウンドを降りる薮田神も悔しさを満面ににじませていました。

日本は更に9回、里崎の右前安打、川崎の犠打で1死2塁とすると、ここででました、イチさんの

右前安打&右失策 日6-1墨

9回裏は大塚(レ)が登板し、走者を出したものの、最後は併殺で仕留めゲームセット。

スコで見慣れたから正直怖くな(ry。

解説の大塚(光)が再三言ってましたが、メヒコの三塁手、カスティーリャの好守が光りましたね。
カスティーリャと言えば、コロラド・ロッキーズ草創期のガララーガ・カスティーリャ・ビシェットと、標高差を生かした大艦巨砲主義のど真ん中にいた人なのですが、守備でもやはり往年のプレイヤーとは言え凄いですね。
昔のメジャーリーガーに対する「海の向こうから2年に一度だけやってくる、雲の上の人」の感覚が一瞬、甦ってきましたよ。
一塁手のゴンザレスも小笠原の一塁線を抜ける当たりを横っ飛びで止めて一ゴにするなど、守り勝つチーム好きとしてはハァハァなチームでしたね、チーム・メヒコ。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。