À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
06 | 2017/07 | 08
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・プレーオフ考

年が明けて、野球の討論(とも言い切れない)番組やある野球解説者の公式ブログを拝見していて少しだけ考えた事があったので、ワークシート的な備忘録として書き記そうかと。
私はかつて、週刊ベースボールでの豊田泰光氏による歯に衣着せぬ連載の愛読者だったが、その豊田泰光氏の公式ブログがあるのを皆さんご存知だろうか?
私も偶然知ったのだが、開設以来更新が2ヶ月近く無いのでこりゃブラフか(失礼!)と思っていたのだが、久々に覗いて見ると、プレーオフについての考察がされていた。
豊田氏の姿勢は、「昨年から導入されたパ・リーグのプレーオフ制度。結果的には悪法といわざるを得ない。連載の最初にこれだけは言いたいと思い、まずはプレーオフを考えてみたい。 」と本文にもあるように否定的な姿勢である。
私的には全面的にうなずける内容ではないが、「勝率5割に満たなかった西武(67勝69敗)にプレーオフに進む権利はあったのかとういう点」については私は同意である。
先日深夜に江夏氏が語っていたように、勝率5割未満のチームがPOに出るということは、裏を返せば「そこら辺で勝率を保って、戦力の消耗を避けて終盤一気に…」と言う姿勢でいればペナント奪取は可能である、と言う事ではないか。
それがエカ時代のマリーンズの姿勢そのもの、とは口が裂けても言えない訳だが
…いやもう言ってるっての。

こちらから言わせて貰えば「そんなチームに2つ負けるわけには行かない」というプレッシャーがあったわけで、今季のマリーンズはそのプレッシャーを上手くエンジョイしてくれたお陰で次のPO2ndステージにうまく進めた訳であるが。
そのPO2ndステージについて、やはり日程的なハンディを豊田氏は指摘をされている。
私の意見はあくまでも「諸処のハンディに対してアドヴァンテージを付けた時点で既にPOをやる意味が無い」という視点なので、今読む限り豊田氏とはやや見解を異にする訳だが、かといってこのご時世で安易にリーグのエクスパンションを主張する程オポチュニストではない。
そこの所を豊田氏がどう思っているのか、と書こうと思ったが、連載が途中で切れており、現時点でまだ何も言えない。

早期の次回掲載が待たれるが、「ロッテはあっという間に強くなった。野球選手にとって若さとは成長の早さのことだ。」という一節が私的にはちょっと嬉しかった。
取り敢えず次回の更新を待ってこの続きを書きたいと思う。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。