À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故セとパでルールを分けようとするのか

セ・リーグもプレーオフ開催に向けて協議がもたれたようだが、どうしてこう足並みが揃わないのだろうか?
パが向こうから併せてくるだろう、とでも考えてるのかねぇ?

セのプレーオフは「関ヶ原合戦」方式!? 07年シーズン実現へ3案
2006年1月17日(火) 8時1分 スポーツ報知

 セ・リーグのポストシーズンゲーム検討委員会(田中浩委員長=横浜球団常務)が16日、東京・銀座の連盟事務所で開かれ、〈1〉東西に分ける〈2〉パ・リーグ方式〈3〉前年順位による組分け―などの具体案をまとめた。また、東京・内幸町のコミッショナー事務局では選手関係委員会、国際関係委員会が合同で開かれ、巨人の清武英利球団代表(55)が日米間の国際トレードを提案した。

 ポストシーズンゲーム検討委員会は、4回目となるこの日の会議で「中締め」(田中委員長)とし、2007年シーズンの実施を目指す3つの具体案をまとめた。

 セ6球団の営業担当者、実務者が試合運営に携わる立場から試合案を検討。田中委員長は「検討委員会は理事会に答申するためのもので、結論を出す性格の会議じゃない」と議論の内容を公表しなかったが、「3つくらいには絞れた」と重い口を開いた。

 主な具体案は〈1〉東西に分ける〈2〉パ・リーグ方式〈3〉前年順位による組分け―の3つ。前後期制も検討されたが、現時点では実現性は低い。

 〈1〉はセ6球団を巨人、ヤクルト、横浜の東日本組と中日、阪神、広島の西日本組に分け、東軍と西軍の勝率上位2チームがリーグ優勝を競う、いわば「関ケ原の合戦」方式。

 〈2〉はパ・リーグが採用しているプレーオフを下敷きとした方式。3球団で優勝を争い、上位球団にアドバンテージを与える。

 〈3〉は前年の順位を参考に、例えば奇数順位(1位、3位、5位)球団と偶数順位(2位、4位、6位)で組分けし、勝ち上がった2チームが優勝を争う。

 前後期制は、パ・リーグで1973年から82年まで実施されたが、消化試合が増えるなど賛否両論あった。検討委員会では早くから議論してきたが、セ・リーグで導入の可能性は低い。

 今後は25日のセ理事会に具体案を報告し、各球団の代表が議論。3月をめどにセ・リーグとしての方向性をまとめる。展開次第ではパ・リーグを巻き込んだ拡大プレーオフの議論に発展する可能性もある。

◆選手会会長・宮本が早期改革を訴え

 28日に開かれるプロ野球構造改革協議会には、労組・日本プロ野球選手会会長の宮本(ヤクルト)も出席予定。この日は日本プロ野球組織(NPB)側と選手会側が事前の事務折衝を行った。ドラフト改善、FA権取得年数の短縮など、以前から選手会側がNPB側に提示している改革案件が山積しているため、宮本会長はこの日、神宮クラブハウスで「スピーディーにやらないと改革はできない。早く答えを出してほしい」と改革のスピードアップを訴えた。
[ 1月17日 12時50分 更新 ]


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。