À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンタル移籍制度が野球にも…って?

何を今更。遅いわ!

小久保でも小坂でも今年の楽天イーグルスぶっちぎりの最下位でも、その制度が適用されていればファンにとってこの上ない「悲劇」は絶対避けられたものを。
機構側も本当に改革していこう、発展していこうという気があるのだろうか。下の記事と併せて、この機構側の役人体質には反吐が出る。

レンタル移籍 今季から導入へ
2006年1月17日(火) 6時3分 スポーツニッポン

 実行委員会の小委員会、選手関係委員会、国際関係委員会合同会議が16日、東京・内幸町のコミッショナー事務局で開かれ、野球界では史上初となるレンタル(期限付き)移籍制度を今季から導入する方向となった。25日の実行委員会で提案され、今季開幕までの制度化を目指す。またポスティング・システム(入札制度)に加え、日米間トレードの制度化が提案された。

 国内のレンタル移籍について、巨人・清武球団代表は「開幕まで2~3カ月で実現する」と見通しを示した。阪神・野崎連盟担当は「次回で成立するかもしれない」と、25日に開く実行委員会での制度化も示唆した。

 Jリーグなどサッカー界で定着しているが野球界では初の試みとなる。選手を一定期間、他球団に移籍させる制度だ。

 楽天の井上オーナー代行によれば「2球団を除く10球団が原則賛成」。消極派と伝わるソフトバンクの角田球団代表も「拒否はしない」、中日の伊藤球団代表も「内容次第」と前向きだった。

 楽天は昨年12月19日の実行委員会で提案するなど率先してきた。叩き台原案をつくり、米田球団代表が各球団に根回し行脚を行った。一昨年オフの新規参入当初からエクスパンションドラフトを提案するなど、戦力均衡、選手供与の必要性を訴えていた。昨季の惨敗で実感がこもり、井上代行は「移籍の垣根を低くすれば、ニュースタートのチームもみっともないことはなくなる」と球界全体の利益を強調した。

 「戦力補強か、1軍半の活用か」(米田代表)で原案28人の移籍除外のプロテクト枠人数で調整が必要。また移籍・復帰による球団機密漏えい、移籍中の年俸査定や支払い、故障に対する補償問題など、詰めるべき問題は残る。井上代行は「原案をバージョンアップさせ、今季導入を目指す」と修正案を示し、問題点の解消を図る。

 阪神・野崎連盟担当は「とりあえず導入し、駄目なら考える」と話すなど、今季の試験的、暫定的導入で大筋方向性は見えた。野球協約改正は伴わず、付帯文書で対応。労組・選手会も提案した経緯もあり賛成で、制度発効への障害は消えつつあった。

 ≪ 外国人選手の国内移籍制限の必要なし≫オリックスが提案していた外国人選手の国内移籍制限は、協約改正などの必要性はないとの意見で一致した。制限しなければ引き留めのために年俸が高騰するとオリックスは主張したが、それぞれの球団が対応する問題であると確認。日本ハム・小嶋オーナー代行は「制限するなら統一契約書を変えないといけないが、そうした提案はなかった。(所属球団が外国人選手を)フリーにしない態勢をつくっておけばいいこと」と説明した。
[ 1月17日 6時3分 更新 ]

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。