À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大嶺君、ほろ苦いプロ初登板。

大嶺君がついに登板ですってよ奥さん。
一軍相手にどれだけの投球が出来たのか、興味が尽きませんな。
ボークはいただけませんが、今のままなら二軍レベルでじっくり抑えながら勉強できるレベルにあると考えても充分差し支えて構わないんじゃないかな、と思う出来ですね。
この一年、どこまで自分が成長できるか、じっくり自分の足跡を踏みしめて球界のエースへの道を進んで欲しいものです。

大嶺君の投球内容(鴎・鷲各公式等々より)

1回表
陸将 右飛
高須 右安
鉄平 凡打
ウィット 四球
大廣 空三振

2回表
竜太郎 中飛
平石 中前安打(盗塁成功)盗塁
嶋 左越本塁打②
渡辺直 捕飛
陸将 中前安打
高須 左線三塁打①
(ボーク①)
鉄平 三振
2回 5安打2奪三振1四球 失点4


それに関する記事も出てきていますね。
優れた選手と言うのは己の不足しているところも限界も全て自分で理解できている上でしっかり修正を掛けられる選手だと私は思っています。この記事を見る限り、何の心配も入らないようですね。

貴重な経験糧に成長誓う 大嶺、苦い実戦デビュー

 現時点で持てる力をすべてぶつけたが、はね返された。ロッテの大嶺の実戦初登板は、2回4失点。18歳の右腕は「学ぶことがたくさんあった。悔しい気持ちはない」。苦いデビューにもすっきりした表情だった。
 最速145キロをマークした直球で空振り三振を奪ったが、痛打も浴びた。2回は、真ん中に入ったスライダーを嶋に2ラン本塁打された。「どんなに速くても真ん中寄りは打たれる。甘く入ると思い切り振られる」とプロのレベルを実感した。
 フォームを完全に盗まれて盗塁を許し、ボークで失点した。だが、それも実戦でしか得られない貴重な経験。沖縄に戻る予定を変更して教え子を見守った八重山商工高の伊志嶺監督は「こういう経験で初めて課題が見つかる。中身のある2イニングだった」と話した。
 バレンタイン監督は「残り少ないオープン戦で新人を使う余裕はない」と、2軍での育成を明言。大嶺は「課題は制球の甘さ。変化球を直せばいける」と成長を誓った。
(了)


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。