À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
07 | 2017/08 | 09
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリーンズの来季への施策:ファンクラブ刷新とシーズンシート

前のエントリーを書いてから球団オフィシャルのHPを見たのですが、何やら新しい施策が続々と出ているようですね…。

まず、公式HP「“TEAM26”結成のお知らせ」によると、来季から現行のファンクラブ制度が大幅に変わるようですね。
(引用ここから)
2006年度公式ファンクラブ名称を“TEAM26”とし、制度も全面的にリニューアルすることが決定しました。
現行の制度に加えて、会員種別の追加やサービスの充実などを実施していく予定です。

新生“TEAM26”とは・・・
(1)新ポイント制度の導入
・マリーンズ独自のポイント制度(Mポイント)は来場やチケット購入等でポイントがたまり、たまったポイントでチケット交換も可能です。
(2)無料会員制度の開始
・新しく無料会員制度を開始し、割引チケット購入、Mポイントや会員専用ページ等のご利用いただけます。
(3)上級会員制度も同時に開始
・Mポイント数の優遇、特設ゲートからの入場、フリーダイヤルなどのサービスをご提供いたします。
(4)割引チケットの前売り開始
・“TEAM26”会員割引チケットを窓口やインターネットで前売り販売いたします。
2006年1月に”TEAM 26”の全容を発表いたします。
2005年度ファンクラブ会員の皆様には、1月下旬に継続のお知らせをお送りいたします。
新規会員募集は、2月末から入会受付を開始する予定です。
(引用ここまで)
まぁ、再来月にならないと全貌がワカランのでここを読む限りの感想を。

まず流通・飲食業で流行のポイントカードシステムを導入、ですか。恐らく現行制度のファンクラブ会員というのは「無料会員」という事でしょうかね?
そんなに無料会員を濫発していいんでしょうか?
現に土休日のカモメの窓口は飽和を通り越した先の状態ですし、外野パスポート組や一部の自称応援サークルを名乗ったDQN集団による過剰席取り行為による弊害で、折角朝も早よから並んでも座る場所が非常に限られていたり、しまいに空席があるのにレフトスタンドへ…なんて事態もシーズン終盤には実際起こってます。
そんな所に濫発した無料会員の外野席への流入…ときたら一体どうなるんですかね?
そういう抜本的な対策を球場・警備側と協議・発表もせずにただプレミア性を強調したゴールドメンバー風の制度を打ち出しても、顧客が果たして満足するのかどうか、甚だ疑問です。

先ほど外野席に集う人々を暴論を用いて比喩してしまいましたが、外野席に集う人たちにもかなりの苦労があるのです。試合観戦を「一日仕事」にしてしまい、昔のように気軽に行ける球場では無くなった事に対して、ポイントがどうこう、よりも前述した抜本的対策でもって報いてやって欲しいと切に思います。
公式HPチケットインフォメーションでは、来季のシーズンシートについての情報を公開しています。
あくまでもシーズンシートの話なので、旧A・S・SS席の扱いがどうなるかはこの情報を見る限り判然としません。

まずシーズン・オーナーズシートですが、私は出来る限り不要にして欲しいと思う口です。
何か矢鱈と付いている、思いつくばかりのサービスはやって当たり前の事をやっとやり始めた、程度の認識しかありませんが。

更に、シーズンクラブシートなるものが出現しましたが、通常顧客が一席10~20万以上の金を出してこれを買うかどうか?、この1点に尽きます。

(引用ここから)
・2006年度よりご用意いたしました「シーズン・クラブ・シート」とは、千葉マリンスタジアムで開催されるパ・リーグ公式戦およびセパ交流戦の全試合を指定席で観戦できる、会員制のチケットです。
・4種類のシーズンシートエリアの中から、お申し込みいただいたエリア内のお席で確実にご観戦いただけます。
・会員様専用受付ダイヤルから、簡単に指定席を確保いたします。
※年間2試合の全席自由席となる試合にはご利用になれません。当該試合には「ご招待券」をお送りさせていただきます。
※指定席券へのお引き換えは、試合日の前日までにお電話いただくか、当日、チケット売り場窓口まで直接お越しください
(引用ここまで)

ある程度座席数が飽和する程度に収まるように販売席数は決まってると思いたいのですが、今年で言う、マリンの最終頂上決戦とか格好の好カードのようなアクセスの集中する試合できっちり顧客の需要(リクエストどおりにしっかり連番に対応するとか)を裁ききれるのか、それに予定席数に対するアクセスが過少であった場合にその空席をどう扱うのかが非常に気になりますね。
そんな事をする位なら価格を多少抑えた上で一般に試合単位で通常販売した方が良いと思うのですが…。
先のエントリーで「家族が気軽に来場できる」施策を、と書きましたがこれでは旧態依然じゃないですか。
現状の価格構成で家族連れ(仮に3・4人として)が内野のいい席で見ようとしたら席料だけで軽く万を突破するんですよ。
これでお土産とか子供のおねだりなんかや交通費や食費入れたら下手打つとトータル2万近くの出費になりかねないんですよ奥さん?
2万あればいい旅・夢気分を満喫できるこのご時世でこういう施策というのはちょっと首を傾げます。

内野全席自由席の企画で内野が埋まった事から彼らは何を学んだのでしょうか?…もう少し何とかならなかったのですかね。

兎にも角にも、内外野共にこの施策は果たして顧客に対して「善」なるものでしょうか?私には客単価向上の施策とは到底思えないし、特に後半は安易な囲い込み以外の何者でも無いようにしか見えませんが?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。