À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

惜別球人・(多分)最終回:初芝清選手

今回は日本人選手の「惜別球人」最終回として、某鴎実況&鴎ブロガーにとっての唯一にして絶対ネ申にありおりはべり、いますかり…な初芝清選手についてやりますかの。
まだ富山に居た頃から既に「ロッテ」とは絶対なるネタであった。ワースタ最強の称号(?)を欲しいままにしていた私は、「ハンデ」として当時最弱の名を欲しいままにしていたロッテと似た「オリエンツ」を選択したものでありますよ。
また、東京で一人暮らしを始めてようやく「ファミコン」なるものを購入し、サークルの仲間や先輩達と夜通し「ファミスタ」大会を連夜に渡り開催し、「きたべっぷ」でもホムランを打てる裏技(?)とか教えてもらいましたな。

そういやその頃から既にゲーム上でも現実でも初様は「.250 15本」というのがデフォでしたな。

実際球場で見出したのもこの頃からになりますが、やはり正直主砲張るには力不足、というか、当時マックス・ホール・ミューレンといった外人勢の後を打つ6・7番タイプ、といった所でしたな。
更に当時はどちらかと言うと堀幸ちゃんや西村や愛甲や南淵派(どういう派閥やねん)であった私は、正直あんまり初様には興味が…無かった。|||○TZ

ボビー第一次政権下の95年に、思いっきり投高打低な状況の中、打点王を「80」という低レベルながら獲得。
インカビリアが、応援団が応援を黙祷に替える位の大不振を囲い、「コンパックCMの呪い」の風疹禍で4月に思いっきり出遅れるなか、現在デフォとなりつつある「8・9月は帳尻の季節」を始めて演出し、今や伝説の彼方にある「神戸M1阻止3タテ事件」の主役としても見事な役者っぷりを見せたところから、私もやっと「次世代のミスターマリーンズ」として初様を見るようになった。

しかし。

広岡達朗による、96年の「エジリンでも優勝できる筈だったのに途中休養しちゃった」事件に端を発し、「近藤っちによる集団粛清」事件、「来る外人皆こけた」事件、そしてもう一つの伝説となる「悪夢の18連敗」事件…といった過程で、良くも悪くもチームの顔だった愛甲が抜け、南淵が抜け、五十嵐が抜け、西村が抜け、伊良部・ヒルマン@肩に小錦等々が離脱し、否応にも「チームの看板打者」として、独り初様は全体的に限りなく貧打であるチーム状況のなか、結果を出し続けた訳です。

その頃の初様が無ければ、私もここまで今思い入れが無かったかもしれない。せいぜい山下や大村のイワさん位の愛着しかなかったかもしれない。

山本エカ政権となって、近年稀に見る「ボーリック神&Dメイ効果」によって得点力が飛躍的に上昇したにもかかわらず、初様にはもう既に斜陽の域に差し掛かっていた。
しかし、サブロー(現:よしこ)や澤井、大村に佐藤幸彦、大塚や立川が軒並み「殻を突き破れない」中、初様は堀と共に孤軍奮闘されておりました。

いつしか、初様の応援歌も、「ロッテの夢は 観客動員百万人」から「ロッテの夢は 初芝 胴上げ 男泣き」と移り行く中、次第に外見上の年齢的衰えは隠しきれず、2000年を境に出場機会は減っていく。

「このまま優勝しないまま初様と幸ちゃんを引退させたらイカン」、と当時の「関東黒鴎組」のコラム(恥)では叫んでいたものである。

しかし、初様は、これで終わらなかった。
そう、帳尻の季節に合わせて、彼は「神」に昇華したのである。
2003年には代打での出場で「代打7打席連続安打日本タイ」を記録。一気に野球マニアックスの間に「幕張のファンタジスタ」の名を知らしめた事は記憶に新しい。
昔から鈍足の部類に入ってはいたが、その鈍足から繰り出す追い出しのスピードの遅れ、そしてマリンの風、全てを野球の神様が演出してくれた数々の「取れないサードファールフライ落球事件」、そして殆ど奇跡に近い数々の横っ飛びやジャンピングキャッチ。
更に「チャンスで併殺」「チャンスでテンプラファールフライ」で天を仰ぐ様は、我々の心に「怒りを通り越した癒しと笑い」を提供してくれた。

そんな初芝神も2005年には「ベンチに居ながら神」となり、出場機会が無くとも攻守チェンジの際や数々の要所の場面において先頭に立って選手をお出迎えし、鼓舞し、慰めてくれていた。この神による無私の奉仕こそが、今季優勝の原動力の一つであった事は、動かしようのない事実であろう。

そして、我々初様を神と尊崇していたマニアックスの夢が叶う日と、神がグラウンドに別れを告げる日が時を置かずしてやって来た。

最終打席のつもりで入った筈の打席で、店長こと鷹の三瀬投手に足へ死球を喰らい、さほど痛くもないのにチョコマカ小走りして一塁へ進む様は、我々に野球の神ではなく、「笑いの神」をマリンに降臨させてしまった。さすが神である。

しかし、初様はもう一つの「神」をも降臨させた。
そう、「勝利の女神」である。

スコの伝説的敗戦で鷹さんに追いつかれたプレーオフ・第2ステージ最終戦。
試合も7回裏を終了して鴎1-2鷹、杉内・吉武の前に攻略の糸口が見つからず、7回裏に早坂の横っ飛びで何とか窮地を出した8回の表、我々は新たな初芝神伝説の証人となった。

投手は初様引退試合と同じ三瀬。
鴎実況板の誰もが「せめて、初様らしく。」と死球を望んでいたものであった。
しかし初様のバットは無残にもボールを引っ掛け遊撃方向へ。

我々凡人はその瞬間、初様が初芝神に覚醒した事を見落としていたのだ。

そして起こったサード・バティスタの「謎の深追い」、遊撃・ムネリンとの激突…

この時点で初芝神は「現人神」へと昇華したのである。
この一打を基点に、マリーンズ打線は逆転、見事パリーグ・チャンピオンシップを鷹さんから奪取したのである。

現人神に昇華し、能力を全て使い切った初芝神は日本シリーズでの活躍は無かったものの、まさかまさかの日本一まで経験し、その現役生活を終えたのである。

良くも悪くも初様は私の青春だった。
改めてここで心から感謝を、初様に献じたい。
そしていつか、監督として、野球の神様と勝利の女神を引き連れて戻ってくれる事を願うばかりである。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。