À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
08 | 2017/09 | 10
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小坂トレードに関する各種コメント

続々と情報がupされてますな。
こちらの方も併せて御紹介します。
一言。

瀬戸山の旦那よぉ?その発言は本意か?

巨人が名手・小坂誠を獲得
  ゴールデングラブ賞4度受賞
 巨人は21日、ロッテの小坂誠内野手(32)を金銭トレードで獲得したと発表した。1年契約で年俸は2000万円増の1億1000万円、背番号は「2」。

 東京・大手町の巨人球団事務所で会見した小坂は、この日午後にトレード通告されたことを明かし「突然のことで戸惑っているが、役に立てるように精いっぱい精進したい」と語った。

 小坂は宮城・柴田高からJR東日本東北を経て1997年にロッテ入団。168センチと小柄ながら俊足と好守で同年の新人王に輝き、これまで盗塁王2度、ゴールデングラブ賞4度を獲得した。今季は118試合に出場し、打率2割8分3厘、26盗塁でチームの日本一に貢献したが、ロッテは今江敏晃、西岡剛両内野手の成長もあり、放出に踏み切った。(金額は推定)

 小坂誠内野手「ロッテでの思い出は日本一のメンバーになれたこと。正直、寂しい気持ちはあるが、そううまくはいかない世界。原さんと同じ場所で野球ができるのはすごく幸せ。足でアピールしたい」
 ロッテ・瀬戸山隆三球団代表「小坂君には、ことし3球団から譲ってほしいという話があった。ロッテは若手が伸びてきたこともあり、彼のためにもなると思う。現役の最後をロッテでという気持ちがあれば、いずれ戻ってこいとは伝えた」

 巨人・清武英利球団代表「1年以上、獲得を目指してきた逸材。原巨人は絶対的競争主義を掲げ、巨人軍を1度ぶっ壊すつもりで補強し、再生を目指している。その担い手の柱となってくれることを希望している」

 巨人・原辰徳監督「彼にとっては急だったかもしれないが、以前から一緒に戦いたいと思っていた。スピードがあり、今の巨人にはいないタイプ。内野の層が厚くなり、チームはもちろん、個々の選手のレベルアップを期待できる」

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。