À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
05 | 2017/06 | 07
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本シリーズ第3戦@阪神甲子園球場

7回裏の集中攻撃で3たび2ケタ得点。
無為無策の岡田阪神を尻目に迎えるは、
夢の目標へあと1勝、ただあるのみ。

鴎┃010┃200┃700┃10
虎┃010┃000┃000┃0

勝 小林宏之 1勝
敗 下柳剛  1敗

本塁打:福浦1号右越え満塁(7回)

またしてもお祭り騒ぎのシリーズ第2戦、おさらいしていきますが、岡田監督にもちょっと見ていて頭にくるのでそこら辺も含めて書いていきますよ。
とにかく第1戦以来、岡田監督の選手起用法には首を傾げざるを得ないと何度も書いて来たわけだが、この試合でも投手起用や代打起用、スタメン起用全面でおかしな起用が多すぎる。

星野監督であれば、流れを掴む為に早めの総力戦を仕掛けてくる筈なのだが、最後の最後までデンと構えて横綱相撲。
監督自体がなりふり構わず、という性格でないせいかベンチにも覇気が無いと言うか沈滞ムード。
試合後のコメントでも里崎の併殺崩れについてボヤいていたようだが、あれがあろうがなかろうが8点を他のイニングで取られているんですよ?敵ながら見ていてこの監督さんには腹が立つ。

鳥谷だって2安打した、と言っても何の影響力もない偶発ヒットだし、好不調の出来が甚だしい、と前に書いたシーツにこだわる必要性も今見出せない訳だし、それなら2番藤本・3番矢野・4番今岡・5番金本、と奮起させる起用をした方がいい訳だし、動かないものを座して待つ、には3戦目でも遅すぎると思うのだが?

とにかくこんな無様な負けを繰り返して意地とか悔しさとかそういうものを前面に誰も現さないこの首脳陣は一体何なんだ?としか言えませんよ。
投手起用だってJFKを7回から順繰りに1イニングずつ起用していけばこんな事にはならなかった訳だし、折角の藤川起用を2イニング目で全く無意味にさせてしまったのも采配に責任がある。なら6回能見でしょう?

逆に、阪神側がやりたかった選手起用や投手交代をきっちりマリーンズ側が間髪いれずにやり、それが功を奏した。
今更失うもののないのは実は阪神の筈なのに、マリーンズが逆に「失うものなんか何も無いから(by西岡)」ENJOYしながら闘っている訳で、阪神ファンならずともこの監督さんの采配能力には疑問符が付く、と言わざるを得まい。

これで日程がどうの、で負けました、では言い訳にしかなりませんよ。2戦目でも今日の3戦目でも勝てる機会は阪神側に序盤何度かきっちりありましたよ。

一応軽く試合を振り返りますよ。
1回表
西岡:一ゴ 堀:遊ゴ 福浦:投ゴ
タイガース先発:下柳はさすが老獪なパ出身だけあって、パの責め方を熟知している。
ドロップ気味の変化球を中心の組み立てでマリンガン?打線の的を絞らせないピッチング。
これは楽に勝たしてはもらえないぞ、と思ったのだが?

1回裏
赤星:中飛 鳥谷:左2 シーツ:空振
逆に、マリーンズ先発の小林宏之は直球のノビを欠き、カーブ系の球にキレが無い為にフォークに頼らざるを得ない投球。
球も全体に高めで、一目見て本調子でないのが分かった…のだが、どうも悪球打ちの癖が全員治ってないようなので助かっている、と言う感じ。

2回表
よしこ:右2 ベニー:左犠① 里崎:遊飛 今江:空振
この回先頭のみ下柳のコントロールが甘くなった。
サブロー二塁打の後暴投で3塁へ進塁させ、あっさりベニーに左へ運ばれ、すかさず速攻で先制に成功。しかしすぐに立ち直り後続を絶つ。

2回裏
今岡:左安 桧山:四球 矢野:二ゴ 関本:三ゴ① 下柳:空振
まず序盤で阪神が畳み掛ける最大のチャンスだった。
無死1・2塁からきっちりと矢野が進塁打を放ち1死2・3塁。ここで関本があっさり三ゴ。
マリーンズなら徹底的に右打ちですよ。
次が投手だから功を焦ったのか?でも下柳も打撃はいい方だったはず。

3回表
大塚:一ゴ 小林宏遊ゴ: 西岡:一ゴ
下柳の投球はこの回快調に三凡。

3回裏
赤星:遊ゴ 鳥谷:捕邪飛 シーツ:空振
とにかく上位3人が淡白すぎ。
セの打者はもっとねちっこいと思っていたのだが?

4回表
堀:右安 福浦:中安 よしこ:捕邪飛 ベニー:四球 里崎:遊ゴ① 今江:三安① 大塚:遊ゴ
問題の4回。
この2点に関しては下柳の不運、としか言いようが無い。
今江の内野安打は執念の差が出ているように思った。

4回裏
金本:二ゴ 今岡:一ゴ 桧山:一ゴ
金本・桧山は0-1、初球からあっさり風味。今岡も2-2と追い込まれてからの確率の低い打撃。打者の方も無為無策が目立つ。

5回表
小林宏:三振 西岡:遊ゴ 堀:中飛
ここらへんも下柳の術中にハマった感じ。
この状況ではまだどっちに転ぶのか分からなかった。

5回裏
矢野:三ゴ 関本:中飛 下柳:→代打・スペンサー:三振
下柳をここで2死無走者から何故諦める必要があったのか。
今日のタイガースの敗因はここにあると思う。
それで全く対応できないスペンサー。
何を基準に代打を出したのか、意味が掴みかねる。

6回表 
投手交替:藤川球児
福浦:空振 よしこ:一邪飛 ベニー:空振
この回の藤川は、文句なし、噂の「JFK」の一角だった。
あれじゃ手は出ない。
しかし何故6回?早すぎでしょ?

6回裏
赤星:三邪飛 鳥谷:空振 シーツ:遊安 金本:一ゴ
シーツの当りは完全に左前安打だった。
しかし1・2番が機能しなくては、勝負強い4・5番も機能しない。まさしくマリーンズ側の術中に堕ちてますな。

7回表 
西岡の打席で投手交替:桟原、ベニーの打席で投手交替:橋本
里崎:遊失 今江:右2 大塚→代打・フランコ:四球 小林宏→代打・橋本:中安② 西岡:中安① 堀:四球 福浦:右本④ よしこ:左安 ベニー:二飛 里崎:空振 今江:中飛

打者一巡ですよ、奥さん。
この回に入り、突然藤川が、五十嵐良太のようにストレートを過信し始め、直球で押せ押せの投球。

しかし待って欲しい。
パリーグはそんな投手こそ最も打ち込みやすい投手なんですよ。
スライダーやカットボール、ツーシームでインコースをネチネチ攻めて苦戦したのはPO2ndステージで分かっている筈なのに、あんな単調に直球ばかり投げ込んできては、ただでさえブン回すのが大好きなマリーンズの選手の餌食になるのは見えていた訳であって、当然の帰結である。
連打と四球で満塁とし、代打は橋本。
直球大好き、大振りチャンプな橋本にあの攻めは自滅である。
動揺していたのか、一球投じたフォークも落ちが6回とまるで違い見切られたらもう投げる球は無い。打たれて当然の帰結であった。

それ以上にひどかったのが2番手・桟原。
恐らく肩も出来ていなかったのではないだろうか?
イケイケな展開で福浦のあの初球、矢野も頭が真っ白だったのだろうか、抑えようとする配球ではなく、完全に浮き上がっていた。
3番手の橋本がやっとの事で抑えたが時既に遅し。

7回裏 
投手交替:小野晋吾
守備交替:二塁・堀→塀内、左翼:フランコ、中堅:よしこ 右翼:ベニー

今岡:投ゴ 桧山:中安 矢野:三安 関本:遊併
遅ればせながら点を返す最後のチャンスだった。
せっかく今岡、桧山がセンター狙い、矢野が執念で繋げたのに、関本は淡白に引っ掛けて併殺で攻撃終了。
岡田さんのお気に入りなのかなんか知らんが、それこそ満塁に強い藤本を代打に出してよかった展開ではなかったのか?

8回表
フランコ:一邪飛 小野→代打・井上純:空振 西岡:左安 塀内:遊ゴ
今日の橋本は前回の登板を上手く生かしている。
捕手がハム経験者の野口だったのもあるのだろうか?

8回裏
投手交替:藤田宗一
橋本→代打・濱中:投ゴ 赤星:空振 鳥谷:左安 シーツ:空振
しかし鳥谷の打撃は良く分からない。
無走者で軽く打つのなら繋ぎの2番ではない、と何度も言っているのだが?????

9回表
投手交替:能見
福浦:遊ゴ よしこ:右飛 ベニー→代打・李承:二飛
能見は6回でよかったのでは?

9回裏
投手交替:藤田→薮田安彦
守備交替・左翼:諸積
金本:空振 今岡:右飛 桧山:空振
無為無策、完全な受身のまま試合終了。

何か今日は虎ファンみたいな内容でお送りしたが、ちいたぁしっかりせぇや!

展開次第ではどっちにも転んだ試合を、機会を生かしてあっさり大勝したマリーンズ。

さぁ、あと1勝。とにかく勝つどー!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。