À mon sujet

BlackMarines

Écrit par : BlackMarines

毎度おなじみ、流浪のBlog、関東黒鴎組通信でございます。
こんな所を御覧戴いた奇特な紳士淑女な皆様には厚く御礼申し上げる次第でありますよ奥さん。

 (´エカ` )<HBK101
= Darker than BlackMarines

BlackMarines on twitter.
Calendrier
06 | 2017/07 | 08
Di Lu Ma Me Je Ve Sa
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Archives récentes
Catégorie
Directives
当サイトを御利用されるに当たってのおやくそく。 【ダイジェスト版】

【掲載記事について】

※当サイトはクリエイティブ・コモンズに準拠しておりません。
※過去現在を問わず全ての記事に関する著作権は全て当サイト管理人に帰属します。 (他サイトからの引用記事並びに当サイト内に設置したブログパーツ、外部サイト提供による引用スクリプトを除く)
※部分引用目的以外の記事の改変・転載等の行為を禁止します。
※当サイトのコンテンツを自サイトに取り込む形で表示する行為を禁止します。
※Tumblrお断り。
※各種掲示板等へ当サイト内の記事の引用やリンクを投稿する行為は御遠慮下さい。

【掲載画像について】

※過去現在を問わず全ての掲載画像に関して全ての著作権は当サイト管理人にあります。
※個人/組織・商用/非商用の目的・理由の如何に関わらず当サイト掲載画像のあらゆる複次使用・改変・加工・転載行為を禁止します。
※当サイト掲載画像の他サイトへの直接表示・直接リンクを理由・目的如何に関係なく禁止します。
※各種掲示板等へ当サイトに掲載した画像のリンクアドレスを貼る事を禁止します。

【コメント・トラックバックについて】

※以下の当サイトへの送信行為は御遠慮下さい。

【トラックバック・コメント共通】
・本文と関係の無い内容
・宣伝目的と思われる内容
・悪意のある誹謗中傷を意図した内容
・内容が不適当であると管理人が判断したもの

【トラックバック】
・当サイト内の該当記事への言及リンクが無い記事からの送信
・本文の意図する趣旨とは異なる記事からの送信
・リンク集やニュースサイト、纏めサイト等からの送信
・トラックバックスパムの送信

なお、所謂「トラックバック返し」は行いません。御理解ください。
Search
Archives mensuelles
RSS feed
Bloglinesで閲読登録
Add to Google
はてなRSSに追加
My Yahoo!に追加

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋季練習@ロッテ浦和球場【その2・ブルペン編】

かなりオモロイ投球練習だったのでブルペン編を独立させてみました。
まずは、御覧あれ。


①内竜也投手

ストレート中心の投げ込みであるが、大分球威が戻ってきている様子。
ただストレートの回転がいい時と悪い時のバラツキが見られる。
もう少し下半身を強化すればもっと球威が増しそうなんだけどなぁ。
この子が桐蔭とか横浜高とかにいたらマリーンズには絶対(ry。

②手嶌智投手

荘コーチがつきっきりでフォーム全体の手直しをしていた。
やはり前々から言われていた見えやすいリリースポイントの件なのだろうか。
しかしストレートの指の掛かり、体重の乗ったストレートは今日見た中で一番素晴らしかった。「迷スカウト」にもあったが、ストレートの美しさコンテストをやるならぶっちぎりで優勝するであろう、それくらい見ていてホレボレする。
言葉で言い表すと難しいが、一度浦和のブルペンで手嶌君の投球を見て欲しい。言っている意味が必ずお分かりいただけると思う。

③戸部浩投手

今季最終登板以来初のブルペン入りだったらしいが、投球フォームの重心がうまく下に沈み、安定したサイドハンドになってましたな。
スライダーのコントロールがおかしかったのはご愛嬌だが、例のポカさえなければ貴重な先発・セットアップ候補であると思うので、同期の清水直行を越える活躍を来期やって欲しいと思う。

③山北茂利投手
いつも思うのだが、あの体の回転だけで投げるフォームであの球威を出せるのなら、なぜもっとしっかり踏み込まないんだろう?と思ってしまう。
勿体無いなぁ。うらやましい位のガタイしてるのになぁ…。

【閑話休題】
ダッシュの合間にブルペンを覗いている投手達。
丁度覗いていたヤマケンさんが、吉鶴さんに「まぶしいよ!」を連発され「うるさいわ!」と掛け合い漫才を開始。
しまいには次の項で紹介する杉原君の投球練習に吉鶴さんと二人でチャチャとツッコミ連発で周囲のお客さんを笑かしてました。

④杉原洋投手
今日のメインイベント。爆笑演芸会。

彼の場合も下半身の使い方、一度上げた左足の降ろし方、フィニッシュ時の足のキックバック、うねりの反動を生み出す為の腰のタメ、いずれも体に染み付いていないせいか、吉鶴さんが一球一球殆どチャチャに近い突っ込みを入れながら矯正しておりましたよ。
左足を体の正面に上げ、そのまま木興君のように真下に降ろす上体主導のフォームを、吉鶴さんが「もう少し後ろに上げてみぃや」と指摘すると、兎の上原と虎の久保田と野茂を足して3で割ったようなフォームに変貌。

そうすると突然内君以上の球威になり、吉鶴さんも見ていた私たちも「オォ!」と唸るほどの剛球に。
しかし50球を過ぎた辺りから段々下半身の粘りが無くなってしまい、元のフォームに戻って行ってしまう。
吉鶴さんが必死にツッコミを入れながら教え込もうとするのだが、どんどん球威が落ち、途中に加わったヤマケンさんのツッコミも加わり、最後にはシドロモドロになりながら投球終了。

【閑話休題・その2】
最近の若い子を見ていて思うのだが、右投げでいうフィニッシュ時の「右足の蹴り上げ」がポーンと跳ね上がる投手が近頃めっきり少なくなった。
猫の松坂が台頭してきた辺りからだろうか、それともそういう投球理論が今メジャーなのだろうか、いつの間にか猫の西口くらいしかいなくなりましたな。
私がガキの頃は、西本聖や渡辺久信に始まり、香田勲のフィニッシュに憧れて右足が頭の上まで上がるように真似して投げてたんだけどなぁ。
杉原君に渡辺久信の全盛期のVTRを見せてあげたいなぁ。
あのフォーム覚えたら二軍じゃ無敵ですぜ?

⑤木興拓哉投手
こちらも杉原君同様、居残りで投げ込みを続けておりました。
こちらは田中雅君と丁々発止のやりとり。
球がシュート回転する癖を矯正している様子でした。
手嶌君の直球を見てしまったので、木興君にしろ、杉原君にしろ、内君にしろ、左足に体重が上手く乗っていない、というか球に上手く重さを伝えきれないと言えばいいのだろうか、そういうところが妙に目が付いた。
右足から左足への体重移動、腰→肩→肘→手首の旋回運動による捻りの力を活かせば、あの不完全なフォームであれだけの球威が生み出せるのだから、それは凄い事になりそうな感じがするのだが。
カネヤンじゃないが、投手は走ってナンボじゃ、という言葉は結構伊達ではないと言う事なんでしょうかね。
上体と下半身のバランスを来年春までに鍛えて取れるように、そして生かせるように精進して欲しいと思います。

秋季練習、マジで面白いです。
お時間余裕のある方、絶対損はないですよ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。